読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説/受賞/本屋大賞

4TEEN(2004年本屋大賞6位)の書評

2004年本屋大賞で6位に選ばれた「4TEEN」は、石田衣良先生の作品で、現代を生きる若者達が懸命に考えて生きていく物語です。この小説のストーリーや、物語に登場する援助交際や過食症について検証します。

重力ピエロ(2004年本屋大賞5位)の書評

2004年本屋大賞で5位に選ばれた「重力ピエロ」は、伊坂幸太郎先生の作品で、父親が違う兄弟によって落書きや放火事件を解決していく物語です。この小説のストーリーや、落書きが社会に与える影響を検証しましょう。

永遠の出口(2004年本屋大賞4位)の書評

2004年本屋大賞で4位に選ばれた「永遠の出口」は、森絵都先生の作品で、一人の少女が成長していく過程を紹介しながらストーリーが展開されます。そこで、この小説のストーリーや、少女が取った行動の意味を検証します。

アヒルと鴨のコインロッカー(2004年本屋大賞3位)の書評

2004年本屋大賞で3位に選ばれた「アヒルと鴨のコインロッカー」は、伊坂幸太郎先生の作品で、隣人から「書店へ強盗」するように誘われてストーリーが展開されます。この物語に登場するいくつかの名言や謎かけの言葉を紹介します。

クライマーズ・ハイ(2004年本屋大賞2位)の書評

2004年本屋大賞で2位に選ばれた「クライマーズ・ハイ」は、日航機の墜落事故をスクープしようと奮闘する新聞記者を描いた小説です。この小説の内容や、重要人物「悠木和雅」と「安西耿一郎」の2人の関係性を中心に書評します。

博士の愛した数式(2004年本屋大賞)の書評

2004年本屋大賞に選ばれた「小川洋子」先生の「博士の愛した数式」と「本屋大賞」が誕生した経緯を紹介します。