読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説/推理

陰摩羅鬼の瑕(京極夏彦)の書評

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)では、鳥の館と言われる異様な物をいくつも展示してある所で、次々に不可解な事件によって花嫁たちが次々に亡くなっていきます。そして新たな花嫁の命を今度こそは守るために、探偵と付き添いの小説家が事件を解決してく推…

重力ピエロ(伊坂幸太郎)の書評

仙台市内で発生する落書きと放火事件の関係性を親子三人が推理していく、一風変わった小説「重力ピエロ(著者:伊坂幸太郎)」のストーリーや名言と、私が感じた感想を紹介します。

アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)の書評

この物語は、隣人から書店へ強盗する事を薦められる所から始まります。そして、この小説が読者を楽しませるのは、後になって起きる事を読者に想像をさせる所にあります。