小説/時代/歴史

歴史小説の書評を掲載。

吉野朝太平記 1(鷲尾雨工)の書評

南朝の忠臣『楠木正成』の息子たちが、足利を討伐しようとしますが、息子たちの間では足利を倒すやり方で考えが分かれてしまいます。そのような状況の中で、遂に楠木正行と高師直の戦いの火蓋が落とされました。

杉原千畝(大石直紀)の書評

この本は、日本政府に逆らってでも、ユダヤ難民を救ったと言われる杉原千畝について書かれていました。あまりにも有名な話なので、多くのストーリーを紹介するのでネタバレとなる所もあるので、読まれる方はその辺りをご理解下さい。