読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説/時代/現代

デットエンド(よしもとばなな)の書評

人によって、幸せのカタチはそれぞれ違います。デットエンドの思い出では、5つの物語があって、それぞれ違うカタチの幸せについて物語が進んでいきます。この小説を知らない方のために、この『デットエンド(よしもとばなな)』のストーリーや見所を見所を紹…

4TEEN(石田衣良)の書評

第129回直木賞を受賞した「4TEEN(著者:石田衣良)」は中学2年生の14歳の少年4人の青春時代を描いた小説です。この小説のストーリー・名文・感想を紹介します。

クライマーズ・ハイ(横山秀夫)の書評

クライマーズ・ハイは、新聞記者が日航機墜落事故に奮闘する物語で、大勢の男達が繰り広げる熱いドラマの小説です。

博士の愛した数式(小川洋子)の書評

2004年本屋大賞に選ばれた「博士の愛した数式」は、80分の記憶しか持たない数学の博士と、家政婦の親子2人が家族のような関係になる暖かくもせつない物語です。

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白(稲葉圭昭)の書評

日本の警察にはびこる悪習がノルマ制度でした。このために引き起こされた事件をもとに、悪徳刑事「稲葉圭昭」が日本の警察のありかたを問う前代未聞の小説です。

京都ぎらい(井上章一)の書評

京都ぎらいの著者は京都市右京区の出身です。なぜ京都市民が京都ぎらいを書いたのか?それは京都には洛中の方が、洛外(嵯峨など)を差別する事があるからです。右京区出身の著者が京都のいやらしさを紹介している新書です。

天才(石原慎太郎)の書評

かつて天才といわれた政治家がいました。その男の名は田中角栄。その男の一生を反田中と言われていた石原慎太郎が書いた小説「天才」。果たして、どのような心境の変化なのか?そのあたりを踏まえて書評します。

ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)の書評

毎日営業の仕事で疲れていた青山が、山本という男と出会ってから、少しずつでも良いから人間として成長していこうと奮闘する物語です。