読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説/時代/近代

明治一代女(川口松太郎)の書評

役者である「仙枝」は、芸者「秀吉」の嫉妬深い性格に嫌気がさして、違う芸者を好きになっていきますが、その事から大きな悲劇を生んでいきます。

風流深川唄(川口松太郎)の書評

門前仲町の深川亭の料理長「長蔵」が、主の娘「おせつ」と身分違いの結婚をしようとするなか主は快く認めるのですが、深川亭に危機が訪れるのです。

鶴八鶴次郎(川口松太郎)の書評

昭和時代に活躍をした文豪「川口松太郎」の小説「鶴八鶴次郎」は、鶴八と鶴次郎の誤解から生まれた悲しい物語です。