読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終戦のローレライ(福井晴敏)の書評

SF小説「終戦のローレライ」は、大日本帝国がナチスドイツの遺産「ローレライ」を利用して、少しでも有利な条件で終戦を迎えようとする物語です。この小説の上・下のストーリーと見所を紹介します。

終戦のローレライ 下(福井晴敏)の書評

「終戦のローレライ(下)」では、同じ日本人同士で誰が味方で、誰が敵か分からなくなっていきます。大日本帝国がどのような終戦を迎えるのか?そのストーリーや見所を紹介しましょう。

終戦のローレライ 上(福井晴敏)の書評

敗戦濃厚だった大日本帝国が、少しでも有利な条件で終戦を迎えられるように、かすかな期待を寄せていたのが秘密兵器「ローレライ」です。この話はSF小説であり現実にある話ではありませんが、多くの日本人に色々と考えさせる小説です。それでは、この「終戦…