小説-受賞-直木賞

浅草の灯(第5回直木賞 候補)の書評

昭和12年上半期の第5回直木賞の候補作『浅草の灯』は、浜本浩先生の小説で、浅草に住む者たちが激動の時代でも必死に生きていく姿を描いた時代小説でもあり、恋愛小説でもあります。そのような小説は、どのような内容になっているのか、あまりネタをバラさな…

人生の阿呆(第4回直木賞 受賞)の書評

昭和11年下半期の第4回直木賞の受賞作『人生の阿呆』は、木々高太郎先生の小説で、裕福な家で生れ育った良吉がある事件に巻き込まれていく事によって、たくましく成長していく物語です。そこで、この小説を知らない方のために、あまりネタをバラさないように…

天正女合戦(第3回直木賞 受賞)の書評

昭和11年上半期の第3回直木賞を受賞した天正女合戦(著者:海音寺潮五郎)は、天正時代に豊臣秀吉の正室『北政所』と側室『お茶々』の間で行われた厳しくも美しい戦いに焦点を当てた歴史小説になります。そこで、この小説を読んだ事がない方のために、あまり…

吉野朝太平記(第2回直木賞 受賞)の書評

昭和10年下半期の第2回直木賞を受賞した吉野朝太平記(著者:鷲尾雨工)は、南北朝の時代に、南朝の武将『楠木正儀』が様々な策謀を巡らして、北朝を打倒しようとする歴史小説でです。そこで、この小説を読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないよ…

鶴八鶴次郎・風流深川唄・明治一代女(第1回直木賞 受賞)の書評

日本文学に多大な影響を与えた直木賞の設立と、記念すべき昭和10年上半期の第1回直木賞の受賞作「鶴八鶴次郎・風流深川唄・明治一代女」のついて紹介します。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/