小説-受賞-芥川賞

暢気眼鏡(第5回芥川賞 受賞)の書評!妻のノンキさに心が温まる?

昭和12年上半期の第5回芥川賞の受賞作『暢気眼鏡(著者:尾崎一雄)』は、貧乏な男が、ノンキすぎる妻と生活していく所から始まります。しかし、妻のノンキさが、男には理解できない時もあり頭を悩ませていました。そこで、この夫婦がどのような生活をしてい…

普賢(第4回芥川賞 受賞)の書評!作家を悩ませる人間模様

昭和11年下半期の第4回芥川賞の受賞作『普賢』は、石川淳先生の小説で、小説を書こうとする者が、知人や一目惚れした女性のために苦悩していく所が描かれています。そこで、この小説を知らない方のために、あまりネタをバラさないようにストーリーや見所など…

コシャマイン記(第3回芥川賞 受賞)の書評!アイヌ民族との激闘

昭和11年上半期の第3回芥川賞の受賞作『コシャマイン記』は、鶴田知也先生の小説で、大和民族とアイヌ民族の激闘が書かれています。そこで、この小説を知らない方のために、あまりネタをバラさないようにストーリーや見所などを紹介するので、参考にしてみて…

瀬戸内海の子供ら(第2回芥川賞 候補)の書評

昭和10年下半期の第2回芥川賞の候補作『瀬戸内海の子供ら』は、小山祐士先生の小説で、美しい港町で1つの家族が揺れ動く物語が展開されていきます。この小説を知らない方のために、このストーリーや見所などを詳しく紹介します。ネタはバラさないので安心し…

蒼氓(第1回芥川賞 受賞)の書評

昭和10年上半期の第1回芥川賞を受賞した『蒼氓』は石川達三先生の小説で、昭和前期の頃に、日本の貧しい人達が楽園と言われているブラジルへ移り住もうと苦難の船出の旅に出かける物語です。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/