小説-時代

天公将軍張角(海音寺潮五郎)の書評

天公将軍張角(著者:海音寺潮五郎)は、中国の後漢末の時代に、黄巾の乱の首謀者だった張角の甘酸っぱい愛について書かれた歴史小説です。そこで、この小説をまだ読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないようにストーリーや見所などを紹介します。

吉野朝太平記 5(鷲尾雨工)の書評

吉野朝太平記 5では、いよいよ南北朝の争いが激しくなっていく中で、稀代の英雄である足利尊氏が重体に陥ってしまいます。そのような状況で、南朝の楠木正儀は、ある行動を起こそうとします。そこで、この小説を読んだ事がない方のために、この小説のストー…

吉野朝太平記 4(鷲尾雨工)の書評

吉野朝太平記 4では、楠木正儀が遂に京都を奪還します。しかし足利義詮が5万もの大軍で京都に迫ってきました。楠木正儀に動かせる兵はわずか3千だったので、ある秘策を実行に移そうとします。そこで、吉野朝太平記 4を読んだ事がない方のために、あまりネタ…

吉野朝太平記 3(鷲尾雨工)の書評

吉野朝太平記 3では、楠木正儀の離間の策によって、足利尊氏と直義兄弟が、骨肉の争いをしていきます。その間隙を縫って、いよいよ南朝が京都を奪還しようと動き出します。そこで、吉野朝太平記 3を読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないように…

吉野朝太平記 2(鷲尾雨工)の書評

吉野朝太平記 2では、高師直の専横が凄まじく、多くの武士や僧たちから反感を買うことになります。そして北朝が仲違いをして、激しい戦が行われていくので、あまりネタをバラさないように、詳しく紹介します。

吉野朝太平記 1(鷲尾雨工)の書評

南朝の忠臣『楠木正成』の息子たちが、足利を討伐しようとしますが、息子たちの間では足利を倒すやり方で考えが分かれてしまいます。そのような状況の中で、遂に楠木正行と高師直の戦いの火蓋が落とされました。

デットエンド(よしもとばなな)の書評

人によって、幸せのカタチはそれぞれ違います。デットエンドの思い出では、5つの物語があって、それぞれ違うカタチの幸せについて物語が進んでいきます。この小説を知らない方のために、この『デットエンド(よしもとばなな)』のストーリーや見所を見所を紹…

4TEEN(石田衣良)の書評

第129回直木賞を受賞した「4TEEN(著者:石田衣良)」は中学2年生の14歳の少年4人の青春時代を描いた小説です。この小説のストーリー・名文・感想を紹介します。

クライマーズ・ハイ(横山秀夫)の書評

クライマーズ・ハイは、新聞記者が日航機墜落事故に奮闘する物語で、大勢の男達が繰り広げる熱いドラマの小説です。

明治一代女(川口松太郎)の書評

役者である「仙枝」は、芸者「秀吉」の嫉妬深い性格に嫌気がさして、違う芸者を好きになっていきますが、その事から大きな悲劇を生んでいきます。

風流深川唄(川口松太郎)の書評

門前仲町の深川亭の料理長「長蔵」が、主の娘「おせつ」と身分違いの結婚をしようとするなか主は快く認めるのですが、深川亭に危機が訪れるのです。

鶴八鶴次郎(川口松太郎)の書評

昭和時代に活躍をした文豪「川口松太郎」の小説「鶴八鶴次郎」は、鶴八と鶴次郎の誤解から生まれた悲しい物語です。

博士の愛した数式(小川洋子)の書評

2004年本屋大賞に選ばれた「博士の愛した数式」は、80分の記憶しか持たない数学の博士と、家政婦の親子2人が家族のような関係になる暖かくもせつない物語です。

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白(稲葉圭昭)の書評

日本の警察にはびこる悪習がノルマ制度でした。このために引き起こされた事件をもとに、悪徳刑事「稲葉圭昭」が日本の警察のありかたを問う前代未聞の小説です。

杉原千畝(大石直紀)の書評

この本は、日本政府に逆らってでも、ユダヤ難民を救ったと言われる杉原千畝について書かれていました。あまりにも有名な話なので、多くのストーリーを紹介するのでネタバレとなる所もあるので、読まれる方はその辺りをご理解下さい。

京都ぎらい(井上章一)の書評

京都ぎらいの著者は京都市右京区の出身です。なぜ京都市民が京都ぎらいを書いたのか?それは京都には洛中の方が、洛外(嵯峨など)を差別する事があるからです。右京区出身の著者が京都のいやらしさを紹介している新書です。

天才(石原慎太郎)の書評

かつて天才といわれた政治家がいました。その男の名は田中角栄。その男の一生を反田中と言われていた石原慎太郎が書いた小説「天才」。果たして、どのような心境の変化なのか?そのあたりを踏まえて書評します。

ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)の書評

毎日営業の仕事で疲れていた青山が、山本という男と出会ってから、少しずつでも良いから人間として成長していこうと奮闘する物語です。