映画&TV番組-ミステリー&サスペンス-邦画

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』人喰い沼のパチンコ台に挑戦

カイジは地下帝国にいる仲間たちを助けるために、14日間という短い期間で2億円を稼ぐ必要がありました。実現不可能かと思われましたが、帝愛が管理している『人喰い沼』と呼ばれる恐ろしいパチンコ台を攻略したら2億円を軽く稼ぐ事が分かりました。所が、そ…

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』船へ乗り込むクズたちの命がけのゲーム

カイジ 人生逆転ゲームは、適当な毎日を送っていたカイジが、連帯保証人になった事で借金を背負う事になります。そんなカイジに対して、遠藤凛子は1日で借金をチャラにできるゲームを誘ってきました。しかし、やがてカイジは命をかけたゲームを行う事になる…

映画『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』不幸を呼ぶ呪いのレシピ

引用:https://eiga.com/movie/85316/gallery/ ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜は、シェフの山形たちが世界中の人たちを料理で幸せにしようと『大日本帝国食菜全席』のレシピを完成させます。所が、このレシピは恐ろしい物で、多くの人たちを不幸のどん底へ…

映画『ラプラスの魔女』悪魔に魂を売った者の復讐劇?

ラプラスの魔女では、硫化水素を含んで亡くなる事件が2件も連続で起きてしまいます。しかし、それは外で行われたので青江教授は事件性がないものと断定します。しかし中岡刑事は2件も連続で起きるのは不自然と思って捜査していくのです。そして、青江教授が…

映画『ミュージアム』カエル男が仕掛けた罠

ミュージアムは、カエルの仮面をかぶった人物が、紙切れに処刑の仕方を書いて、猟奇的な事件を起こしていきます。刑事である沢村久志は、犯人を捕まえようとしますが、意外な人物が新たな標的になるのです(ネタバレなし)

映画『雨にゆれる女』暗がりの中で危険な愛が芽生える?

雨にゆれる女では、できるだけ人と関わらないようにしている男性のもとへ、情緒不安定な女性が一晩の間だけ泊まり込む所から、禁断の時計の針が動こうとします。謎に満ちた二人によって、ある過去が暴かれていくのです(ネタバレなし)。

映画『脳男』感情を欠落した男が犯罪者に正義の鉄槌を下す!

脳男は、冷酷なテロリストとして警察に逮捕されますが、実は感情を欠落した人物で、犯罪者たちに正義の鉄槌を下す男だったのです。しかし脳男は、なぜ感情を欠落しているのに、犯罪者の命を奪う事ができるのでしょうか?(ネタバレなし)

映画『不能犯』見つめるだけで相手を始末する犯罪者?

映画『不能犯』は、宇相吹正が自ら手を下さないで、ことば巧みに相手を思い込ませる事によって命を奪っていきます。それは証拠を残さないので、法律で裁けない事から、刑事たちは逮捕できないで苦戦します。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、…

映画『怒り』身近にいる大事な人が犯人かもしれない?

映画『怒り』は、残酷な事件を起こした容疑者の顔が、自分の大事な人の顔に似ている事から疑心暗鬼に陥ってしまうミステリー映画です。そこで、この映画を見た事がない方のために、ネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所を紹介します。

映画『暗黒女子』のキャスト・主題歌・ストーリー・感想

暗黒女子は、聖母女子高等学院の文学サークルの会長『白石いつみ』が亡くなってしまう所から始まります。しかし、それは他人から手をかけられた疑いがあって、副会長は文学サークルのメンバーたちに自ら作ってもらった小説を朗読させる事によって、犯人の手…

映画『八日目の蝉』のキャスト・ストーリー・感想

映画『八日目の蝉』は、不倫をしていた女性が、愛する男と妻の間で生まれた赤ちゃんを連れ去ってしまう悲しくも心温まるヒューマンサスペンス映画です。連れ去れてしまった女性は誘拐犯を本物の優しい母親だと思っていますが、悲しい結末が待っていました。…

映画『予告犯』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

映画『予告犯』では、動画配信で、法律で裁けない悪人を制裁する事を宣言する予告犯罪が連続で起きてしまいます。 その予告犯は、次第に多くのネットユーザーに支持されるようになりましたが、警察は執拗に予告犯を捕まえようと動き出します。そこで、この映…

映画『追憶』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

『追憶』では、刑事『四方篤』が、少年時代に親友だった『川端悟』と25年ぶりに再会した後に、その親友が誰かの手によって命を落とす事になります。しかも、親友に手をかけた人物は、もう一人の親友だった疑いがありました。この三人は共に忘れたい暗い過去…

『22年目の告白-私が殺人犯です-』のキャスト・ストーリー・感想

22年目の告白では、東京で次々に罪もない人々がロープで絞められて犠牲になっていく事件から始まります。そして時効が成立してしまい、多くの人間が無念の涙を飲んだ時に、犯人が高らかに「自分こそ犯人だ」と名乗り上げて、告白本を出版したのです。そこで…