読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白猫探偵の事件簿(花夜光)の書評

白猫が覗き込む画像

「白猫探偵の事件簿」は、刑事の「春馬晃」が小学生4人が失踪した事件を、従兄弟の「春馬龍一」や、龍一の飼い猫「アビス」と一緒に解決していきます。そして小学校へ突入した所で、恐ろしい心霊現象が起きていきます。

白猫探偵の事件簿(花夜光)のストーリー

白猫探偵簿という本で感傷にひたる女性

晃が解決しようとしているのは、ある小学校で女性教師が自ら生涯の幕を閉じた後に、生徒4人が行方不明になってしまった事件です。

失踪した4人の小学生達(序)

この小学校では30年前にも同じように1人亡くなってしまい、4人が行方不明になっていました。そこで刑事の晃は、霊の仕業じゃないか?・・・そう思って、霊感の強い龍一を頼る事にしたのです。こうして、晃・龍一・アビスの2人1匹で事件を解決するために小学校へ乗り込む事になったのです。

晃は事件を調べていくうちに、失踪した子供の1人である「大野将宗」の母親である「大野幸枝」を尋ねていた時に、ある不可解な事に気付きました。

それは、子供達が失踪する前に、女性教師が映っている写真がアルバムから1枚だけ無くなっていたのです。晃は「事件と何か関係があるのか?」少し気になりながら、龍一やアビスと一緒に小学校へ乗り込む事になりました。そして、小学校へ入ったら、一瞬だけ風景がグニャリと曲がったような気がしたのです。

小学校へ突入する2人と猫(破)

晃達は子供を探す手がかりを見つけるために小学校へ入って行ったら・・・何と失踪した小学生達と遭遇したのです!しかし、それは恐怖の始まりでした。なぜ、今まで子供達は発見されなかったのだろうか?理解に苦しむ晃達でしたが、とりあえず子供達と一緒に校門から出ようとしたら、学校から出られなくなっていたのです!それはまるで、結界をはられているかのように。

小学校で起きる不可解な出来事(急)

何もない空間なのに晃達はじき返されて、学校から帰られなくなっていました。訳が分からない晃達でしたが、なぜこのようになったのか、子供達から事の顛末(てんまつ)を教えてもらう事になったのです。子供達は亡くなった女性教師に会いたくて、深夜の時間帯に学校に忍び込んで子供達は降霊術を行って女性教師に会おうとしました。その結果、女性教師の代わりに恐ろしい悪霊が現れて学校から出られなくなったと言うのです。こうして晃達は悪霊と戦いながら、学校から脱出する方法を探して行くことになりました。

・・・はたして、どのような方法を行えば晃達は学校を脱出できるのか?

白猫探偵の事件簿(花夜光)の感想

白猫探偵簿はホラーが加わって怖さを感じる展開

私が、この「白猫探偵の事件簿」を購入したきっかけは、たまにはホラー小説を読んでみたいと思ったのと、猫が好きだったという事でした。そしてこの本を読んでみたらホラーだけでなく、推理も楽しめて満足する内容でした。そのため、推理小説に関係がなく都市伝説などに興味がある方が読んでも楽しめる小説となっています。

保存

保存