博士の愛した数式(2004年本屋大賞)の書評

博士が問題となる時間

2004年本屋大賞に選ばれた「小川洋子」先生の「博士の愛した数式」と「本屋大賞」が誕生した経緯を紹介します。

2004年から始まった本屋大賞

www.shinchosha.co.jp

2004年に本屋大賞が始まった理由は、2003年に伝統ある「直木賞」で受賞作が決まらなかった為と言われています。直木賞で受賞作品がもし生まれていれば、書店の売上も伸びていたはずでした。しかし、受賞作品がなかったら書店の売上は伸びないままなので、書店が受けるダメージは大きいものです。本屋大賞は、今では多くの方に注目されており、どの本を読めば良いかなと悩んでしまう本好きの方にとってありがたい存在になっています。

そこで立ち上げられたのが書店の店員が本のランキングを、年間のトップ10で決めるという画期的な「本屋大賞」というものでした。そして、2004年に始まった本屋大賞の1位(大賞)に選ばれたのが、小川洋子先生の「博士の愛した数式」です。

初めての本屋大賞に選ばれた作品

www.akira-blog.com

「博士の愛した数式」の書評は上のリンクを見れば分かるので、参考にしてもらえれば嬉しく思います。私が、この作品を読む前にインターネットで数多くの方達の評価などを見た事がありました。そこで話題になっていたのが、この小説はどのようなジャンルの小説なのかという事です。ファンタジーなのか?SFなのか?それとも恋愛なのか?

この小説は、あえて言うなら現代小説というジャンルになるのではないでしょうか?ただし、小説にとって大事なのは、ジャンルではありません。しかし、この小説を読んで見て、この小説はどのようなジャンルに入るのか?それを考えてみる楽しさもあるでしょう。

この物語が、恋愛小説という意見があったのは、家政婦の親子が博士と家族のような関係になったからではないでしょうか?私がこの小説を読んで思ったのは、家族愛をテーマにした小説だと思ったので、恋愛とは少し違うと思いました。この小説で登場する家政婦が、博士のために色々と行っていた事が、博士の姉の怒りを買うのは少し理不尽だと思ってしまいます。しかし、最後まで読んでいくと心温まるストーリーになっています。