読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クライマーズ・ハイ(横山秀夫)の書評

小説/時代/現代

日航機が墜落した山の画像

クライマーズ・ハイは、新聞記者が日航機墜落事故に奮闘する物語で、大勢の男達が繰り広げる熱いドラマの小説です。

日航機の墜落が全ての始まり!

大空を飛んでいく航空機

1985年(昭和60年)8月12日、つまり31年前の今日この日に羽田空港から伊丹空港に向かった日航機(日本航空123便)が、群馬県にある御巣鷹山に墜落しました。乗員乗客が524名もいましたが、生存者がわずか4名。つまり520名も亡くなる痛ましい大事故が起きたのです!

後輩の手柄を妬む先輩記者達

クライマーズ・ハイの主人公の新聞記者である「悠木和雅」が日航機事故の取材などの全権を任されます。悠木は、日航機をスクープしようとしますが、その前に立ちはだかるのが日航機のスクープを快く思わない先輩記者達だったのです。

後輩が手柄を立てようとした時、喜ぶような心の広い者は少なくて、多くの者は妬んで妨害しようとするものです。クライマーズ・ハイでは、悠木和雅が先輩記者と激しく火花を散らしながら、何とかスクープ記事を物にしようと奮戦していく事になります。

群馬の三大事件が新聞社の軋轢を呼ぶ!

新聞社で苦闘を続ける記者

悠木和雅の先輩記者達は、かつて日本中を激震させる事件を2つスクープした事がありました。それが「大久保事件」と「連合赤軍」でした。

卑劣な犯行「大久保事件」

悠木和雅の先輩記者がスクープした「大久保事件」とは、1971年3〜5月にかけて、大久保清という人物が、群馬県内で数多くの女性を次々に手にかけた大事件でした。

その手口は「絵のモデルになってくれませんか」と誘って、関係を拒絶したり嘘を見抜いりした女性達を8人も手をかけた痛ましい事件だったのです。被害者の1人が「絵のモデルを頼まれた」と言った後に出かけてから家に戻ってこなくなったので、警察が徹夜で捜索を始める事になりました。その結果ようやく大久保清を捕まえる事になったのですが、この人物は前科があって、刑務所から出所したばかりでした。

世界中から注目された連合赤軍

連合赤軍は、今の若い方達は知らないかもしれませんが、かつて世界中から注目された日本の組織で人々を恐れさせる事ばかりをしてきました。日本赤軍は、毛沢東主義を掲げて数多くのテロを行っていきました。そのなかでも特に有名なのが「あさま山荘事件」です。この事件は、山荘の宿泊施設を占領して、ある物を手に取り9日間も徹底抗戦しました。この事件は、普及したばかりのTVで中継されて多くの日本人を驚かせたのです。

先輩記者の思惑

悠木和雅の先輩記者は、この大久保事件や連合赤軍をスクープして、今まで後輩に自慢話をしてあぐらをかいていました。所が、部下がその手柄以上のスクープ記事を書くかもしれないと考えて、悠木和雅の仕事を妨害しようとするのです。

山が人を変える?

山に潜む魔物

悠木は、スクープを何度も邪魔されながら、何とかスクープを物にしようと戦っていきます。そして、悠木はスクープ記事にする情報をつかみますが、完全なウラ取りが出来ていないと判断をして断念するのです。

誤報を恐れる理由

悠木和雅は、スクープをキャッチしたのに、なぜ記事にしなかったのか?それは誤報を恐れたのです。誤報を記事にしたら、取り返しがつかない事であり、新聞を読んでいる方達の信頼を失墜させる事を意味します。

誤報が及ぼす影響力

かつて誤報によって、戦争が起きて、大勢の市民を苦しめる事になる記事がありました。それが「イラクの大量破壊兵器」です。米国が、イラク戦争に踏み切った理由は、イラクが大量破壊兵器を隠し持っているためでした。所が、戦争が終ってみるとイラクには大量破壊兵器がありませんでした。その後、一体何が起きたでしょうか?独裁者「フセイン」が亡くなって、イラク国民が幸せになれたでしょうか?答えはNOです!

イラクという国は、アラブ人のイスラム教のシーア派が60%・シーア派が20%、さらにクルド人が15%いる国なのです。そのような国が平和でいられたのはフセインという独裁者がいたためでした。もちろん、フセインは罪を犯した事もあり、それは非難されて当然かもしれません。しかし、フセインは独裁者ながらイラク国民をある程度まで生活出来るようにしていた指導者だったのです。フセインという独裁者が亡くなってから、イラクは混迷を極めた上にISISというテロ国家のような物まで誕生させるキッカケを作ってしまいました。このように誤報によって、取り返しがつかない事もあるのです。

悠木和雅の性格

誤報は書けないと思った悠木和雅は、仕事だけでなく家庭でも不器用な男でした。しかし、同じ新聞社の社員である「安西」に登山を進められてから少しずつ変わっていきます。悠木和雅は、仕事で山に墜落した事故を追いかけて、プライベートでは登山を楽しむ人生を送る事になるのです。アウトドアの山と、インドアの小説は相反するようですが、アウトドアで山へ出かける事が好きな方でもクライマーズ・ハイは楽しんで読める内容になっています。

保存

保存