読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NANA2 Special EditionのDVD

NANAのバンドがデビュー

中島美嘉さんが主演を務めた映画「NANA」の続編である「NANA2」のSpecial EditionバージョンのDVDのストーリー・名言・感想を紹介します。

前作の「NANA」について知りたい方は、下のリンクをクリックしてみて下さい。NANAのストーリーについて詳しく書かれてあります。

www.akira-blog.com

「NANA2 Special Edition」のストーリー

NANAのバンドが東京でゲリラLIVE

大都会「東京」の夜景が映る所からNANA2が始まります。(ネタバレ注意)

ハチの苦悩(序)

「大 崎ナナ(NANA)演:中島美嘉」がボーカルを務めるロックバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ)」略してブラストが、東京でゲリラライブをする所を「小松奈々(ハチ)演:市川由衣」が、微笑みながら見守ります。 NANAからハチと呼ばれた「小松奈々」は、かつてNANA(大崎ナナ)を深く傷つけた事を後悔していました。

ハチは、かつて深く落ち込んでいる 時に、恋こがれていた相手「一ノ瀬巧(タクミ)演:玉山鉄二」に電話で呼ばれた事がありました。好きな人から呼ばれて、ハチは舞い上がるほど喜んだのです。ハチはそのまま、タクミに高級ホテルに連れ ていかれて、それから2人は深い関係になってしまったのです。ハチとNANAは同じ部屋に住んでいたのですが、タクミはハチに会う為に部屋まで足を運びま した。そしてハチとタクミが抱き合っている所をNANAは目撃してしまいます。NANAは恋人「本城蓮(レン)演:姜暢雄」をロックバンド 「TRAPNEST(トラップネスト)」略してトラネスに引き抜かれた事がありました。そして、今度は親友であるハチまでトラネスのタクミと付き合う事 で、次々に大事な人がトラネスに取られて行く気持ちになってしまったのです。一方でブラストの「寺島伸夫(ノブ)演:成宮寛貴」は、ハチを好きになってい たので、思わずハチにいつかタクミを越えてやると言ってしまいました。

ノブが味わう厳しい現実(破)

タクミを好きだったハチでしたが、女遊びが激しく冷たい性格のタクミよりも、純粋で優しいノブにひかれていきました。そして一方的にタクミに電話で別れを告げて、ヤスと付き合うよう になったのです。しかし、大きな問題がハチを襲ってきます。ハチが妊娠をしてしまったのです。タクミは避妊していなかったのですが、ノブは避妊をしていた ので、タクミの子である可能性が高かったのです。そして、ハチがつわりで苦しんでいる所で、タクミが部屋にやってきました。タクミはハチが妊娠している事 に気付き、電話でノブを部屋に呼び、ハチにどちらの男を子供の父親として認めるのか選ばせようとしました。

ノブは、ハチがタクミと別れたから付き合い始めたのに、タクミとハチの関係がまだ続いていたのかもしれないとショックを受けます。

ノブはハチから事情を聞こうとしますが、ハチは泣き続けるだけです。ノブが帰った後に、ハチはタクミの子供として生んで育てたいと、タクミに打ち 明けます。そんなハチを見たタクミは、結婚するかと告白するのです。ハチはその申し出を受け入れます。ハチはNANAの友達であるノブより、タクミのほうを選んだ事に負い目を感じて、NANAに別れの手紙を書いて部屋を出て行ったのです。

NANAの宣言(急)

NANAは部屋に戻って来て、別れの手紙を見て涙を流します。しかし、NANAの恋人レンは、この手紙は別れの手紙ではなく熱烈なラブレターだと励まします。ハチの手紙には、NANAがメジャーデビューをして歌う姿をいっぱい見せて下さいと書いてありました。

そんなある日マスコミによって、NANAとレンが付き合っている事が報道されてしまったのです。ハチの女友達「早乙女淳子(淳子)演:能世あんな」やブラストの「岡崎真 一(シン)本郷秦多」は、テレビのニュースでNANAが報道される事に驚きます。そんな中ブラストのプロデューサーの「川野高文(川野)演:田辺誠一」 が、シンやノブがマスコミに取り囲まれないように迎えに来ました。一方で、NANAの部屋までやってきたマスコミの記者を、ブラストの「高木泰士(ヤス) 円山知己」が殴り飛ばしてしまいます。マスコミの報道が加熱していく中で、NANAはマスコミの前でマイクを奪い取り、ハチに向かってあんたの望みは絶対 に叶えてやると言い切ったのです。その映像を、テレビで見ていたハチは笑って喜ぶのです。報道によって、ブラストが注目されるようになって、メジャーデ ビューする事になります。

その頃、トラネスは「芹澤レイラ(レイラ)演:伊藤由奈」や「藤枝直樹(ナオキ)演:水谷百輔」がタクミやレンと 一緒になってPV撮影をしていました。ブラストは、そんなトラネスに負けないように音楽活動を着々と進めて、大都会「新宿」で野外ライブを行えるようになっ ていました。そのライブを観客と一緒にハチが見守っていたのです。そしてブラストとトラネスの2大バンドの売上記録は、その後どのバンドにも破られる事は なかったのです。

ハチは、遠い存在になったNANA達に会いたいと思って、シンへ一緒に花火が見れないかメールで送信しました。シンはその メールをNANAに送信して、NANAはハチにメールを返信をして、一緒に花火を見る事になったのです。NANAとハチは一緒に花火を見ながら、部屋で出 来合って物語は終わりを告げます。

「NANA2 Special Edition」の名言

NANA2の名言に見る光の光明

NANA2でハチが名言を残したので紹介します。

夢の難しさ

ハチが、夢について語った言葉です。

夢が叶う事と幸せになる事はどうして別物なんだろう

夢が叶ったから、幸せになる訳でもないですし、夢を叶えなかったら不幸という訳でもないですね。この言葉には、色々と考えさせられます。でも、やはり夢は叶えたほうが幸せなのだろうなと考えてしまうのです。

「NANA2 Special Edition」の感想

NANA2の役者は爽やかな青空のような輝き

NANAからNANA2になったら、大幅なキャスト変更がありましたので、その事について私の感想を紹介します。

宮崎あおいさんの不在は大きい

前作のNANAは、多くの役者達が似ていないと非難ごうごうでした。その中でもあの役者は似ていたと好評版だったのが、NANA役の中島美嘉さんとハチ役の宮﨑あおいさんでした。所が、NANA2になると、ハチ役が宮崎あおいさんから市川由衣さんに変更されたのです。

市川由衣さんは奇麗な方だとは思いますが、ハマリ役であり演技力など申し分なかった宮崎あおいさんが不在で、ネットでも非難ごうごうになりました。私も宮崎あ おいさんの不在は残念で仕方なかったですね。宮崎あおいさんが出演しなかった理由として、ぬれ場を断ったとかスケジュールの問題など取りざたされています が、真相は謎のままです。

レン役の姜暢雄は顔は申し分なし

レンの役もNANA2になったら、松田龍平さんから姜暢雄さんに変わっていました。前作NANAのキャストで特に非難されたのがレンとシンだったので、この変更は正解と言えるでしょう。顔だけであれば、今回のレン役 は姜暢雄さんでハマリ役でしたね。ただし、顔は問題なかったのですが、出来れば腹筋は割れた状態で出演して欲しかったです。上半身が裸のシーンがあったの ですが、少しだけお腹が出ていたのは残念でした。それでも、凄くカッコいい顔で、私もあんなイケメンに生まれたかったと思いましたね。

シン役の本郷秦多さんはハマリ役

シンの役も変更されて、松山ケンイチさんから本郷秦多さんに変更されましたが、こちらも本郷秦多さんの顔はハマリ役でしたね。恐らく、このキャストで宮崎あおいさんが引き続きハチを演じたら、NANA2は相当評価の高い映画だったでしょう。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存