読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「20世紀少年 ぼくらの旗」のキャスト・ストーリー・見所

DVD/SF/邦画

20世紀少年の凄まじいストーリー

人類を滅亡しようと考えている友達に戦いを挑むカンナ。ついに、友達と決着をつける「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」のキャスト・ストーリー・見所などを紹介しましょう。

20世紀少年の「第1章 終わりの始まり」や「第2章 最後の希望」が知りたい方は、下のリンクをクリックして見て下さい。詳しいキャスト・ストーリー・見所などを紹介されています。

www.akira-blog.com

www.akira-blog.com

「20世紀少年 ぼくらの旗」のキャスト

20世紀少年の変わり続けるストーリー

人類を救おうと立ち上がるカンナ達や、人類を滅亡させようとする友達一派を演じたキャストを紹介します。

カンナ(演:平 愛梨さん)

ヒロイン「カンナ」は、味方の犠牲の多さに氷の女王となって、東京都民に一斉蜂起を促そうとします。

ケンヂ(演:唐沢寿明さん)

亡くなったと思われていたケンヂでしたが、ケンヂの歌がラジオで流れて、オッチョはケンヂが生きているのではないかと考え始めます。

ユキジ(演:常盤 貴子さん)

カンナを危険な目にあわせないようにしながら、自分は友達のアジトへ乗り込もうと奮戦します。

オッチョ(演:豊川 悦治さん)

命がけの行動を取る人物ですが、氷の女王になったカンナを考えなおさせようとするなど心優しき一面もあります。

ヨシツネ(演:香川 照之さん)

今までカンナ達を助けてきたヨシツネでしたが、オッチョから友達の正体はヨシツネではないかと疑われてしまいます。

友達(演:?)

最終章で、ついに友達の正体が明らかになります。この記事では最終章という事もあって、ネタバレ防止のために正体を伏せて紹介します。

万丈目 胤舟(演:石橋 蓮司さん)

友達の側近でしたが、僻地に飛ばされた事で友達に恨みを抱く事になります。

地球防衛軍(演:田村 淳さん)

ユキジが、友達のアジトへ乗り込む時に登場した地球防衛軍が何とロンドンブーツの田村淳さんなのです。

「20世紀少年 ぼくらの旗」のストーリー

少年時代の昭和の風景

ケンヂが少年時代に、お面をかぶった同級生が万引き犯と間違われて店員のおばあさんに捕まってしまいます。それを他の同級生に見つかってしまって、いじめられてしまうのです。それをケンヂは黙って見つめていました。

変わり果てた東京(起)

少年時代の教室

友達の手によって、東京周辺には高い壁が建設されていました。それを見たオッチョや漫画家達は壁をよじ登って行き、東京に潜り込みます。所が、オッチョが見た東京は、少年時代の昭和の東京の風景が広がっていました。さらに、周辺では友達の配下である地球防衛軍がパトロールしていたので、オッチョは漫画家を逃してから独りで行動していきます。

そんな時に、オッチョはある兄弟にかくまわれる事になります。兄弟の家に着いたオッチョは、TVでカンナが氷の女王になって東京都民に武装蜂起する事を呼びかける声を聞きます。TVでは、姿こそ見えないもののカンナの声である事を確信しました。そして、ラジオを聴いてみたら、何と亡くなったはずのケンヂの歌声が流れていました。

オッチョはボウリング場で、久しぶりに神父達と会います。神父達はヨシツネにカンナが企む武装蜂起を改めてもらおうと言ってきますが、オッチョはヨシツネこそ友達かもしれないと言うのです。その頃、マルオとケロヨンは、カンナの母親「キリコ」へ会いにいきます。所が、キリコは友達が撒こうとしているウイルスに対抗するワクチンを作っていました。それも自分の体を実験台にするという危険な方法で行った甲斐もあって、ワクチンがついに完成したのです。

ケンヂが生きている可能性(承)

流れるラジオの音楽

オッチョは、氷の女王のアジトへ独りで乗り込みます。そこで氷の女王になったカンナと久しぶりに再開しますが、カンナはあまりにも多くの仲間が亡くなってしまい一斉に蜂起するしかないと考えるようになっていました。そこでオッチョはラジオに流れるケンヂの歌をカンナに聴かせます。その歌声は間違いなく、ケンヂの歌声で、しかも今まで聴いた事がないフレーズまで歌われていたので最近になって歌われた可能性が高かったのです。それを聴いたカンナはケンヂが生きているかもしれないと思い始めます。

その頃、ケンヂはバイクに乗って関東の入り口である関所へ乗り込みます。そこで久しぶりに万丈目と再会します。万丈目はあまりにも友達の悪事を知りすぎたので、このような僻地に飛ばされて友達に恨みを抱いていました。しかし、ケンヂは復讐のためではなく人類を守るためだと言います。そして、偽造パスポートを使って東京へ向かいます。

カンナは武装蜂起を中止しますが、そこへ地球防衛軍が攻めてきます。カンナとオッチョは捕まってしまいますが、カンナは友達の所へ連行されて行きます。その頃、違う通路から連行されていたオッチョはヤン坊マー坊に助けられて、そこへユキジも現れます。

カンナは友達と二人っきりになった所で、友達を密かに連行していきます。その一方で、オッチョ達は友達が作っていた新しいロボットと円盤を見る事になりました。

カンナは友達を連行していある間に、友達から「楽しい所なんだ。あそこだけ(万博会場)は守ろうと思う。」と言われます。カンナは人類をあれだけ苦しい思いをさせて何も思わないのかと頭に血が上ります。カンナは友達を連行しますが、なぜか友達を倒さずに逃走していくのです。

動き出す円盤(転)

動き出した恐怖の円盤

オッチョは、ヤン坊マー坊からロケットランチャーを託されます。このロケットランチャーで、友達が人類を滅亡させようとしている計画を阻止しようと計画します。その頃、東京では友達が、多くの人たちが亡くなっていったのは自分がした事と告白したのです。さらに、あと1週間で人類を滅亡させるための恐ろしい計画を宣言しました。

カンナはユキジと再開して、悪人と言えども父親だから、友達を倒す事が出来なかったと後悔します。ユキジはそんなカンナを優しく慰めます。その頃、ケンヂの歌を流していたラジオのDJは、ある施設で友達の部下13番と出会います。

13番は友達に騙されて戦わされてきた事に後悔をしていたので、DJと一緒になってヘリで東京へ向こう事にしました。カンナは仲間達と一緒になって、東京都民を万博会場へ集結させようとします。なぜなら、友達は万博会場だけ守ると言ったので、その言葉にかけたのです。そして都民を集結させるために、万博会場で噂になっていたケンヂの声を聴くために音楽フェスティバルを開くと宣伝し始めます。

ケロヨンとマルオは、完成されたワクチンを東京へ持って行こうとします。しかし、ケロヨンが作った旗のマークが友達が使っていた物だったので、マルオと口論します。しかし、ケロヨンは元々俺たちのマークだったから、俺たちの元へ取り戻すんだと言うのです。

万博会場では数え切れないほどの東京都民が、ケンヂの歌を口ずさみながら集結してきました。その頃、友達はついにリモコンを使って円盤2機を発進させて人類を苦しめる計画を開始して大勢の人々が亡くなっていきます。マルオ達は懸命になって、大勢の人たちに予防接種していました。

ケンヂの登場(結)

ケンヂが鳴らすギター

ユキジ達は、友達のアジトへ乗り込んで残っていた地球防衛軍を説き伏せます。その頃、友達はまたもやリモコンを使って、友達のアジトの外の芝生で突然大きな穴が開き始めます。そこから何と大きなロボットが出現したのです。

オッチョはロケットランチャーを使って、円盤1機を撃墜します。そこへ13番がヘリで向かってきて、オッチョは身構えます。所が13番は親指を突き立てて「俺は13番じゃない。俺はタムラマサオだー!」と言いながら、何と円盤へ特攻していったのです!

円盤2機は墜落しましたが、そこへ、あの巨大ロボットが歩いて行きました。そのロボットに向かってケンヂが向かって行き、ロボット内部に潜入して、ロボットを何とか転倒させようと操作しようとします。しかしロボットは片足でふんばって、なかなか倒れません。そこへオッチョが車を突入させてロボっトを転倒させる事に成功します。そのロボットから友達らしき人物が出てきたので、オッチョはその仮面をはぎとります。そうしたら、その正体はやはりヨシツネでした。ヨシツネが言うには、友達を止めようとしたら、薬で身動きできないようにされて、こんな格好をされたと言いますが、オッチョは納得できません。

そこへ、ケンヂが現れてヨシツネは友達じゃないと言います。そして、ケンヂ達の所へ、ついに友達が独りで現れます。そして、友達はついに顔を覆っていた布のような仮面を取ります。その素顔をみたケンヂ達はあぜんとするのです。それはありえない人物だったからです。その時、ケンヂはなぜか友達に土下座をします。それを見た友達は激怒してリモコンを使ってロボットを動かそうとした時に、友達は何者かに攻撃されてしまいます。しかし、友達が亡くなった事によって、ロボットはバランスを崩して、友達を攻撃した人物はロケットの下敷きになってしまうのです。

万博会場では、いつまでたってもケンヂが現れないので観客が帰ろうとしていました。カンナはケンヂが現れない事に謝り始めます。所が、その時にバイクの音が万博会場で鳴り響きます。観客はそのバイクを通そうと道を開け始めます。その開いた通路からケンヂがバイクで登場して壇上に登りました。

ケンヂは「俺は皆が思っているような男じゃない。友達は亡くなった。」と高らかに宣言して、あの曲をギターで弾き始めます。そしてラジオで流れていた曲が万博会場で鳴り響き、カンナの頬には一雫の涙が流れます。最後に、ケンヂは仲間やカンナ達と抱き合います。

「20世紀少年 ぼくらの旗」の見所

20世紀少年終わりの始まりの見所を説明する女性

この物語の最後は、実はもう少し続きます。しかし、万博会場で終わったほうが綺麗だと思うので、そこまでは書きません。そこから先はDVDを見る楽しみにしてください。

このDVDでは、流血シーンが出るので、迫力あるシーンを見たい方はある程度満足できるかもしれません。しかし流血シーンが苦手な方はあまりおすすめできない所ですね。ただし、その流血シーンは少し陳腐な感じもして、あまりリアルに感じれないなと個人的には思いました。そこは個人差があるので、難しい所かもしれません。

そして原作とは少し違う所もあるので、原作のイメージを壊されたくないという方は見ないほうが良いかもしれません。しかし、原作とは違う20世紀少年を見たいという方には、1度は見る価値があるかと思います。

保存

保存

保存

保存

保存

保存