読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のストーリー・見所

DVD/SF/洋画

エイリアンがいる宇宙

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」は、エイリアンを撃退してから20年経った地球に、再びエイリアンが襲来する所から始まります。この映画に出演したキャストや、ストーリー・見所などを紹介します。(蜂や、蜂の巣の画像を1個ずつ掲載しているので、苦手な方は注意して下さい。)

前作の「インデペンデンス・デイ」が知りたい方は、下のリンクをクリックして見て下さい。詳しいキャスト・ストーリー・見所などを紹介しています。

www.akira-blog.com

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のキャスト

宇宙とつながる空

20年ぶりに、エイリアンへ立ち向かう役を演じるキャストを紹介します。

トーマス・J・ホイットモア元大統領(演:ビル・プルマン)

大統領を退いた後になっても、地球の平和に心を砕くトーマス元大統領。しかし、そんなトーマス元大統領をあざ笑うかのように再びエイリアン達が来襲してくるのです。

デイヴィッド・レヴィンソン(演:ジェフ・ゴールドブラム)

エイリアンを撃退した後も、エイリアンへの研究に余念がないデイヴィッド。未確認不明の宇宙船を発見した時に、アメリカ政府が先制攻撃しようとするのを止めようとして、口論になってしまうほど意思の強い持ち主。

ジェイク・モリソン(演:リアム・ヘムズワース)

ディランと共に、エイリアンへ立ち向かおうとしますが、何やらディランとは因縁のある間柄のようです。

ディラン・ヒラー(演:ランディ・クエイド)

前作に登場していたスティーブン・ヒラーの息子で、ジェイクと共にエイリアンに立ち向かいます。

パトリシア・ホイットモア(演:マイカ・モンロー)

トーマス元大統領の娘であるパトリシアは、ジェイクの恋人でもあります。彼女はジェイクとディランが仲違いしている事に胸を痛めるのです。

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のストーリー

地球と月の画像

エイリアンを撃退してから20年経った西暦2016年の地球は平和そのものでした。そして、その平和は月でも同じでしたが、ジェイクは刺激がない毎日にウンザリしていました。

いがみ合う2人(起)

ジェイクとディランの衝突

任務中に、ジェイクの同僚の不注意が原因で大事故を起こしそうになりますが、ジェイクの機転により何とか事故を防ぎます。しかし、上官『ジャン』が激怒してきたので、ジェイクは同僚をかばって謹慎処分を受けます。

エイリアンを撃退させるのに一役買ったデイヴィッドは、部族が多くいる所へ訪れて、エイリアンに関係する物を調べていました。

ジェイクは恋人『パトリシア』から電話で、ディランと仲直りしたらと言われますが納得しません。そんな中、ディランが月へ訪れて、ジェイクを殴ります。すぐにジャンがやってきますが、ディランは喧嘩した事をすっとぼけるのです。この2人には因縁があって、ジェイクのせいで事故が起きた時に、その事故からディランが逃げ出した事があったのです。

エリア51の病院では、オブライアンが、20年間眠り続けているオーキン博士を診ていました。所が、オーキン博士が20年ぶりに突如目覚めたのです!それは何かに呼ばれるかのように。その頃、土星にあった地球の防衛基地がなくなり、アメリカでは警報を発令する事になりました。

デイヴィッドは研究者と一緒に不思議なマークについて、議論していました。部族はそのマークを恐怖と言い、エイリアンと関係するようでした。

ジェイクがいる宇宙船の近くに、正体不明の宇宙船が現れて、攻撃をするかアメリカの大統領や各国の指導者が攻撃すべきか悩みます。デイヴィッドは敵と決まった訳ではないから攻撃に反対します。しかし、軍人は土星の衛星が消えたのはあいつらの仕業だと主張して、各国の指導者も先制攻撃に賛成した事により、大統領は攻撃を許可します。その結果、正体不明の宇宙船は撃墜されました。

しかし、デイヴィッドは月に行き正体不明の物体を見に行こうとしますが、明日の式典に出るように言われてしまいます。そのやりとりを見ていたジェイクは何やら悪戯っぽい笑顔をするのです。そんなデイヴィッドの元へ、ジェイクが無許可で宇宙船を使って迎えに行きます。デイヴィッドは研究者や部族と一緒に月へ向う事になりました。

波乱含みの式典(承)

アメリカ合衆国の独立記念日の式典

アメリカでは独立を祝う式典を行っていましたが、そこへ出席をしていたトーマス元大統領が「警告をしに来たのだ」と言った後に、頭が痛みだします。同じ頃、オーキン博士も同じように頭が痛み出したのです!

月に到着していたデイヴィッドたちの近くには、信じられないほどの巨大な宇宙船が接近していました。それに気づいたデイビッド達は驚愕します。

地球でも巨大な宇宙船に気づいて、その大きさが直径4800キロもある事に気づいて、防衛体制を取る事になり独立記念の式典は即時中止。デイヴィッド達は撃墜した物を機械でつかみ取り、月から緊急離陸!ジャンは宇宙船に向かって攻撃を開始。しかし、巨大な宇宙船はビクともしません。そして敵の宇宙船からビームのようなミサイルが発射してジャンは消息不明に。ディランは戦闘機に乗っていた為に、何とか命だけは助かり撤退します。敵は地球に迫り、地球の大部分は、早くも赤き炎と黒い煙に包まれました。

ディランは地球に帰還したら、すぐに母親を助けようとしますが、無情にもディランの目の前で母親はビルの崩落に巻き込まれてしまい助けられませんでした。

トーマス元大統領はエリア51へ行き、久しぶりにオーキン博士と再会。それから元大統領は1人でエイリアンへ会いに行きます。そしてエイリアンに自ら捕まえられて、エイリアンは静かに語り始めます。エイリアンは「彼女がやって来た。全てを司っている」と言います。所が研究者がマークを見せた事により、エイリアンが興奮したので、仕方なくエイリアンを仕留めます。

レーダーには数え切れないほどの赤い点があり、その点は敵を意味していました。つまり信じられないほどの大軍で攻めてきている事を意味します。その赤い点の真ん中には大きな点があり、デイヴィッドはその大きな点こそ『全てを司る彼女』である事を確信。さらに敵が地球のコアを取ろうとしている映像を見て、デイヴィッドは敵が欲しがっているのは地球のコアだと予想します。

蜂の巣を機能不全に!(転)

デイヴィッドが狙う蜂の巣

アメリカでは、反撃するために敵の女王がいる中心地点を狙う事にします。デイヴィッドは「女王さえ仕留めれば、女王蜂を失った鉢の巣のように、機能不全になる」と考えたからです。

ジェイクは、何も出来なかったディランを慰めて共に空で会う事を誓います。地球側の戦闘機の多くが、敵の宇宙船へ攻撃をしかけますが、数多くの戦闘機が撃墜されます。そこで、ジェイク達は宇宙船の内部へ侵入しますが、その時になって大統領が目覚めて「女王の罠だ」とパトリシアに伝えるのです。

パトリシアは急いで「これは罠」と伝えに行きますが、ジェイク達の戦闘機はエンジンが不調になり操作不能になります。このまま無駄にする訳にはいかないと考えて、ミサイルで攻撃しようとしますが敵のシールドに阻まれてしまい、交信は途絶えました。その直後、地球の衛星が攻撃を受けて、デイヴィッドは罠である事に愕然とします。そこへ敵の宇宙船が、エリザベス大統領のいる所へ総攻撃をしかけてきました。

オーキン博士は特殊な道具を使って、デイヴィッドが月面から持って来た残骸を分解しようとします。

戦況を確認しようとしていた米軍首脳部は、敵に攻撃をしかけた味方の戦闘機で、帰還出来たのはわずか7%の報告を受けます。さらに参謀シェルターが壊滅した事により、ジョシュア将軍が大統領に就任する事になります。

デイビッドは久しぶりにトーマス大統領に再会しますが、デイビッドは20年もあったのに惨敗した結果に落胆します。しかし、トーマス元大統領は決して無駄な20年ではなく守る価値があると語りはじめます。その言葉をデイヴィッドだけでなく多くの軍人が聞き入ったのです。まだ地球の希望は消えていませんでした。

誘き出す女王蜂(結)

おびき出した女王蜂を狙うデイヴィッド達

 

オーキン博士は、ついに残骸部分から球体を取り出す事に成功します。そして、球体は、地球にいる人類に危機が迫っている事を伝えようとしたら攻撃されてしまったと訴え始めます。この球体の星も、敵に星のコアを取られて、宇宙船の燃料やテクノロシーに利用されたのです。その敵は他の星々でも同じ事をしたので、この球体は敵と千年間戦い続けたましたが、勝利を得られる事は出来ませんでした。

しかし、この球体は敵の女王を仕留める準備をしている上に、高度なテクノロジーもあるので、敵はこの球体を狙っていたのです。部族が恐怖と訴えていたマークは、この球体を意味していたのです。そこで、ディビットは偽の球体を囮(おとり)にして、女王を仕留める作戦を提案します。

その頃、ジェイク達は敵の戦闘機を発見。ジェイクは1人で敵を挑発して、敵の視線をそらしている間に、ジェイクの仲間達が敵の戦闘機をハイジャック!ジェイクも一緒に乗って、命からがら地球へ帰還して行きます。

デイヴィッドは囮の球体を使って女王船をおびき寄せます。そして、ある作戦を実行して成功します。これで女王は亡くなったと思われました。しかし、女王はまだ亡くなっていなくて、デイヴィッドの所へ迫ってきます。戦闘機に乗ったパトリシアがそれを発見して、女王に攻撃をしかけます。その甲斐あって、女王のシールドは破られましたが、パトリシアの戦闘機は攻撃されます。パトリシアは間一髪の所でパラシュートで脱出しますが、女王はパトリシアに猛然と突進して行きます。はたしてパトリシアは助かるのでしょうか?そして地球の運命は!?

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」の見所

インデペンデンス・デイ:リサージェンスの見所を説明する女性

ストーリーは前作同様に、エイリアンが地球に襲来して、人類が団結をして地球を守るという設定に変わりはありませんでした。

ただし前作のインデペンデンス・デイに比べて、ストーリーは最初ゆっくりと展開していきます。そのため、前作に比べると少し退屈な展開かなと感じてしまうかもしれません。CGを多く使用しているので迫力は感じるのですが、少しCGを多用しているかなというのが本音ですね。

あまりにもCGが多いので、TVゲームを見ているかのように感じてしまいますが、それは今の映画の多くはそうなっているので仕方ない事かもしれません。この迫力あるCGは好き嫌いが別れる所なので、そのあたりも、この映画の見所でしょう。

そして前作に登場していたキャラクターが成長して登場するので、前作を見た方達が楽しめる映画になっていましたね。私としてはトーマス元大統領が白いヒゲを生やしているのが、ちょっとカッコいいなと思いました。あれを見たら、ヒゲを生やしたくなりましたが、私は似合わないので止めておきます。

保存

保存

保存

保存

保存