読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LUNA SEAの歌ベスト10を発表!狂いそうになる世界観

音楽/アーティスト

LUNA SEAの歌に出てくるような青い月

1990年代のJPOPは、ビジュアル系ロックバンドが席巻している時代でした。その時代のなかでも圧倒的な世界観を音楽で表現していたのがLUNA SEA(ルナシー)です。そのLUNA SEAの歌の中から厳選して、心に響く10曲を紹介しましょう。

No.1「BELIEVE」

Believe

Believe

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

私が、LUNA SEAの曲で最も好きな曲ですね。好きな人を信じたい。そして好きな人と一緒に思い描く夢と共に生きようとする曲で、好きな恋人のためだけでなく、夢を追い求める方にもエネルギーを与えてくれる曲です。

歌詞がカッコいいだけでなく、アップテンポで全てがカッコいい曲ですね。今でも時々聴いてしまいますね。

No.2「Dejavu」

Dejavu

Dejavu

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

BELIEVEの次に聴いていた曲が、この「Dejavu」です。LUNA SEAのボーカルはRYUICHIさんという方ですが、シンガーとして歌っていた時もあったので知っている方は多いと思いますが、この当時はここまで叫ぶように歌っていた曲があったんですよ。

この心の底から叫ぶような歌は好きでしたね。この逃げきれないで苦しむ世界観!たまらなく好きでした。この現代社会で生きる私たちの苦悩を歌っているようですね。

No.3「BLUE TRANSPARENCY 」

BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー

BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

題名が長いので、見出しでは少し省略させていだきます。この歌が好きな理由は、私が青色が好きだったからという簡単な話ですが、歌詞や曲調も凄く好きですね。

やはりRYUICHIさんは、このように魂に響くような叫び声の歌が良いです!この曲はライブで最高に盛り上がる曲なので、この歌を知らないLUNA SEAファンは恐らくいないでしょう(多分)。

No.4「IN FUTURE」

In Future

In Future

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

続けてアップテンポの曲ばかりですが、こういった曲が好きなので仕方ありません。この曲は生きる事の難しさを歌っているような歌詞で、若い頃はよく聴いていたものです。

まさか、これから20年後のJPOPで大人数の女性アイドルグループが席巻するとは夢にも思いませんでした。やはり契機はモーニング娘の登場だったんでしょうね。これから10年後のJPOPはどうなっているのか想像がつかないです。

No.5「gravity」

gravity

gravity

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらの歌は、映画「アナザヘヴン」の主題歌になったもので、せつせつと悲しい世界観を歌った曲になります。いやぁ、聴いているだけでせつなくなってしまいまね。 どうも映画やドラマの主題歌は、いつまでも心の中に残ってしまいます。

No.6「IN MIND」

IN MIND

IN MIND

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この歌を聴いて、毎日同じ事の繰り返しをしている自分自身がバカらしく思えてしまう時がありましたね。今のように好きな事をしているのなら、同じ事の繰り返しでも良いのですが、やりたくもない仕事を繰り返してやる事にどうも納得できない時期がありました。

仕事があるだけでもありがたいというのは分かっているのですが、若気の至りというやつですね。

No.7「TRUE BLUE」

トゥルー・ブルー

トゥルー・ブルー

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

LUNA SEAが歌う世界観では、主人公が狂ったり苦しんだりする事が多いですね。恐らく、こういった歌が好きな理由は、私自身が狂いそうになったり、苦しんだりしていたからでしょう。

いったい何を目指せばいいのか?何のために生きているのか?そういった苦しい気持ちを抱きながら生きていたから、LUNA SEAの歌を好んで聴いていたのでしょう。

No.8「FATE」

FATE

FATE

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

LUNA SEAの本領発揮と言うべき歌ですね。狂いながら痛みを感じて、どうすれば良いのかという歌で、若い頃はよく聴きました。今でも、この曲を聴くと車のドライヴをして聴きたくなりますね。

No.9「SLAVE」

Slave

Slave

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

曲調は、はかなく狂いそうになる感じですが、意外とバラードのように歌い上げていく曲です。若い頃はカッコいいから何となく聴いていたという事があったのですが、今こうして聴き直してみるとSLAVEで出てくる「黒焦げの日々」とは何だろうと真剣に考え込んでしまいますね。

そのように、深く考え込んでしまうのも歌の魅力かもしれません。

No.10「TIME IS DEAD」

TIME IS DEAD(L.A.live ver.)

TIME IS DEAD(L.A.live ver.)

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この歌を聴いていると辛い時に思う事があります。人間は亡くなって土に帰った時に幸せが訪れるのかと。この現実世界では、人々は憎しみあい、騙しあう事があります。それなら、亡くなった後のほうが幸せなのではないかと。まぁ、そのように考えてしまうのも若さだったのかもしれません。

LUNA SEAの歌ベスト10のまとめ

LUNA SEAの歌のまとめを暗示する影

20代の頃に好んで聴いていた歌ですが、現在聴いてみても、やはりカッコよく感じますね。やはり歌は色あせませんね。最近はアイドルが席巻している時代ですが、ロックバンドでも盛り上がっていってほしいですね。現在のロックバンドで好きなのは「凛として時雨」や「BLUE ENCOUNT」ですね。

いつか時間やお金に余裕が出来たら、ライブ会場へ足を運びたいものです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存