宇多田ヒカルの歌ベスト10を紹介!その魅力は圧倒的な歌唱力

宇多田ヒカルの輝く歌を表す画像

宇多田ヒカルさんは、1998年にデビューをして、その圧倒的な歌唱力で一躍注目を集めます。そしてファーストアルバム『First Love』は700万枚以上の大ヒットを記録!これほど人気のある宇多田ヒカルさんの数多くある歌から厳選して、特に魅力のある10曲を紹介しましょう。

No.1:「This Is Love」

This Is Love

This Is Love

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

宇多田ヒカルさんの歌は素晴らしい曲が多いので、1位は悩みどころですが、私の好みで言えば『This Is Love』がダントツで1位ですね!この歌は日清カップヌードルのCMに使用された曲で、予想していなかった愛に自由を奪われたいと歌う曲で、これから新しい恋を見つけたい方にはピッタリな曲です。

No.2:「Automatic」

Automatic

Automatic

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

宇多田ヒカルさんの代表曲が『Automatic』です。ファーストアルバム『First Love』にはAutomaticの曲が2つあって、私が好きなのは『Automatic (Johnny Vicious Remix)』です。ただし、iTunesには無かったので、原曲を紹介させていただきます。Remixのほうがアップテンポの曲で好きなんですよね。

もちろん原曲も素晴らしい曲で、好きな人と一緒にいれば嫌な事も吹き飛んでしまう事を歌った曲で、恋人がいる方はカラオケで一緒に歌うのも良いかもしれませんね。

No.3:「Wait & See 〜リスク〜」

Wait & See ~リスク~

Wait & See ~リスク~

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

宇多田ヒカルさんがPVで格好良いバイクを滑走させる曲で、その映像通りで疾走感のあるリズムの曲調になっています。さらに、乗り物を滑走させながら、リスクがあるから面白いと歌う曲なので車のドライブにピッタリな曲と言えるでしょう。

No.4:「蹴っとばせ!」

蹴っ飛ばせ!

蹴っ飛ばせ!

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

やられっぱなしで、不満だらけの毎日を蹴っとばせと叱咤激励する曲で、自分自身に喝を入れたい時に聴きたい曲ですね。この歌は今でもよく聴いている曲で、この曲を聴くたびに「自分はまだまだ頑張らなくては」と思わせてくれます。

No.5:「traveling」

traveling

traveling

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

リズム感がよくて、タクシーの運転手と会話を始める所から始まるユニークな歌ですが、そのユニークな所は歌詞だけでなく映像でも現れていました。PVの映像は当時結婚されていた紀里谷和明さんが手がけた事でも話題になって、その凝った映像を見た時は「お似合いの夫婦だなぁ」と感慨深くなったものです。

No.6:「SAKURAドロップス」

SAKURAドロップス

SAKURAドロップス

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

桜を歌う曲で、ここまで哀愁ただようのは「SAKURAドロップス」だけだと思います。他の桜の曲は、どこか楽しげな感じがして、これから楽しい事が始まるような曲が多いので、しんみりと桜の歌を聴きたい方におすすめしたい曲ですね。

No.7:「Flavor Of Life」

Flavor Of Life

Flavor Of Life

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

テレビドラマ「ラスト・フレンズ」の主題歌になったのが『Flavor Of Life』です。この歌で特に印象に乗っているのが、大切な人に感謝されるとせつなくなるという歌詞ですね。

なぜ、感謝されるのに辛いと感じるのだろうか?そう思う訳ですが、これは女性にしかわからない所なんでしょうか?私が男だから分からないのか…それが今でも謎のままですが、分からないほうがミステリアスな感じがして良いかもしれないと思って、未だにネットで調べもせずに聴いています。

No.8:「For You」

For You

For You

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

スローテンポで、ゆっくりと重低音が響く『For You』は、誰かのためではなく自分のために優しくなればいいと歌う曲です。この歌を聴いてしまうと自分のために生きても良いよな!と自身がわいていきます。

やはり日本の社会って、会社のため!お客のため!という風潮がまんえんして、少し息がつまる時があるので、こういう歌があるのは凄く嬉しいですね。

No.9:「Devil Inside」

Devil Inside

Devil Inside

  • Utada
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

宇多田ヒカルさんの英語バージョンで海外向けの曲で、そのタイトルは『Devil Inside』です。歌詞はさっぱり分からないのですが、聴く者を圧倒させる迫力があって、テンポが遅くなったり早くなったりして躍動感がある所が好きですね。

No.10:「日曜の朝」

日曜の朝

日曜の朝

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

大切な人とゆっくりと日曜の朝を過ごそうとする曲が『日曜の朝』です。私が特に気に入ってるのは、仕事を辞めて大切な人と平日の午後に水族館へ行こうとする所ですね。何で、そんな所が気にいるかと言えば、サラリーマン時代にいつか好きな事を仕事にして恋人とこの曲を聴きながら平日の午後に水族館へ行ってみたいと思ったからです。

今は脱サラしていますが、収入はまだ少なくて恋人もいないので、それが叶うのはまだ先のようです。

宇多田ヒカルの歌ベスト10のまとめ

宇多田ヒカルの澄み渡る歌声を表す画像

宇多田ヒカルさんの歌から厳選して10曲を紹介しましたが、まだまだ紹介したい歌もありましたが、そこは我慢して10曲にとどめました。最初に宇多田ヒカルさんの歌声を聞いた時はあまりの凄さに鳥肌がたちましたね。

この方の曲は絶対にヒットするだろうなと思ったら、誰も超える事が出来ないほどヒットしましたからね。思えば、宇多田ヒカルさんがヒットしていた時がJPOPの絶頂期だったかもしれません。

あれから、音楽データをダウンロード出来るような時代になって、今では何か特典を付けなければCDが売れるのが難しい時代になりましたから。ただし、長い間に渡って休止していた宇多田ヒカルさんが最近になって活動を再開しましたら、今後の宇多田ヒカルさんの活躍に期待大ですね!

保存