映画『ドント・ブリーズ』を紹介!強盗が戦慄の恐怖を味わう?

盲目の老人に目を付ける若者

アメリカで、若者3人が強盗を繰り返すうちに、ある家へ忍び込もうと計画します。その家には盲目の老人が一人しかいなかったので、楽勝だと考えていたのです。しかし、その家は足を踏み入れてはいけない恐ろしい所だったのです。

「ドント・ブリーズ」のキャスト

老人が住む館への道

ドント・ブリーズで出演しているキャストを紹介します(一部の方を紹介しているので、この他にも出演した方はいます)。

ロッキー(演:ジェーン・レヴィ)

美しい少女ロッキーは、恵まれた家庭環境ではない所で育ちました。ロッキーは環境のせいで仕方なく強盗を繰り返すなかで、妹と一緒に新天地へ移るために、ある館へ忍び込もうとします。

アレックス(演:ディラン・ミネット)

判事の息子であるアレックスは、強盗の手伝いをする必要はありませんが、ロッキーに特別の感情を抱いているので、乗り気ではなかった館へ一緒に忍び込む事になるのです。

マネー(演:ダニエル・ゾヴァット)

ロッキーの恋人であるマネーは、情報を仕入れて強盗を繰り返していました。そして、ある館へ忍び込む前は盲目の老人一人だから楽勝だと思っていたのですが、館へ忍び込んだら恐ろしい恐怖が迫ってくるのです。

盲目の老人(演:ステファン・ラング)

退役軍人である盲目の老人には娘がいましたが、交通事故によって亡くなってしまいました。そのため、周囲の方から、館の中で一人寂しく過ごしているように思われていました。

「ドント・ブリーズ」のストーリー

若者たちが使うカギ

ロッキーは、恋人『マネー』や友人『アレックス』と一緒に強盗を繰り返していくなかで、盲目の退役軍人が一人暮らしをしている家に目を付けます。この老人には、娘がいましたが交通事故で亡くしてしまい、高額な示談金を貰っていたのです。

侵入する家としては、これほど好都合な所はないと思ったのでマネーはここへ狙いをつけますが、アレックスは判事の息子という事もあって乗り気ではありませんでした。しかし、ロッキーがどうしてもお金が欲しくて困っている姿を見たら嫌とは言えなくなって3人で、盲目の老人が一人で住んでいる館へ忍び込みます。

所が、マネーが部屋をこじ開けるために大きな音を立てたら、盲目の老人が起きてしまったのです。マネーは老人を大人しくさせようとしますが、返り討ちにあってしまい亡くなってしまうのです。

ロッキーやアレックスは、老人の恐ろしさをまざまざと思い知って館から逃げようとしますが、家の外には老人が飼っている犬がいて簡単には引き上げられません。ここからロッキーとアレックスは手探りで迫ってくる盲目の老人と戦いながら、命がけで逃げる事になります。はたしてロッキーとアレックスは無事に逃げ切る事が出来るのでしょうか?

「ドント・ブリーズ」の見所

恐怖を感じさせる大木

盲目の老人は、目が見えないので、強盗に入られたら怖く感じるはずと思いがちです。しかし目が見えるロッキーやアレックスのほうが、相手が見えるので、かえって怖く感じてしまうギャップが、この映画最大の見所と言えます。

日本のホラー映画のように得体の知れない幽霊が出てくる訳ではありませんが、実在する人間が見せる狂気や恐怖がありありと出てくる所は斬新な怖さを感じました。

保存