読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1996年のヒットソングを10曲紹介!若きアーティスト達が躍動

ブレイクアウトな画像

1996年は、相川七瀬さん・ジュディマリ・globeなど若いアーティストやグループが躍動する年でした。それでは、その1996年にはどのような歌がヒットしたのか知らない方のために数多いヒットソングの中から厳選して、名曲と思える歌を10曲まで紹介しましょう。

No.1:相川七瀬「BREAK OUT!」

BREAK OUT!

BREAK OUT!

  • 相川七瀬
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

相川七瀬さんの代表曲として知られているのが『BREAK OUT!』です。この曲が演奏されると相川七瀬さんとファン達がモンキーダンスをするのは、相川七瀬ファンの中では常識とされています。

そして、この歌はガムシャラに夢へ向かって努力しようとする者の勢いを強く感じる事が出来る曲になります。

No.2:X JAPAN「DAHLIA」

DAHLIA

DAHLIA

  • X JAPAN
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

実は私が、X JAPANの歌の中で最も好きなのが『DAHLIA』です。この歌で好きなのが、巨大なる宇宙と自分の運命を重ね合わせるところや、 生きる事の意味を問いかける所ですね。

ファン達が一斉にジャンプする『X』も良いのですが、このDAHLIAの世界観は圧倒的なインパクトがあるので何度聴いても飽きません。

No.3:大黒摩季「熱くなれ」

熱くなれ

熱くなれ

  • 大黒摩季
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

JPOPでは、相川七瀬さんと同じぐらい女性ロックシンガーとして有名なのが『大黒摩季』さんです。その大黒摩季さんの代表曲とも言えるのが『熱くなれ』です。

この熱くなれでは、好きな人に抱いている思いをストレートに伝えようとする曲で、聴いてるだけで心が熱くなるような曲ですね。

No.4:久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」

LA・LA・LA LOVE SONG(with NAOMI CAMPBELL)

LA・LA・LA LOVE SONG(with NAOMI CAMPBELL)

  • 久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

久保田利伸さんの代表曲にして、大ヒットしたのが『LA・LA・LA LOVE SONG』です。この歌は、TVドラマ『ロングバケーション』の主題歌になった曲で、多くの方たちから愛された名曲になりました。

私はドラマのほうは見ていなかったのですが、この歌も大好きでよく聴いていました。

No.5:JUDY AND MARY「クラシック」

クラシック

クラシック

  • JUDY AND MARY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

JUDY AND MARYのヒット曲は、本当は『そばかす』ですが、私はそばかすより『クラシック』のほうが好きなので、こちらのほうを先に紹介させていただきます。この歌はボーカルYUKIさんの甘く優しい歌声で聴く者を癒してくれるので、昔は車をドライブする時によく聴いていましたね。

1996年と言えば、ついこの前のように感じてしまいますが、もう21年も前なので、時の流れの速さに絶句してしまいます。

No.6:hide「Beauty & Stupid」

Beauty & Stupid

Beauty & Stupid

  • hide
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

hideさんの『Beauty & Stupid』は、大人の恋愛をセクシーに歌った曲になります。過激な歌ですが、明るい曲調になっていて多くの方が聴きやすい曲と言えるのではないでしょうか?私は、hideさんの歌の中では『DOUBT』の次に好きな曲ですね。

No.7:globe「DEPARTURES」

DEPARTURES

DEPARTURES

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

私が、学生の頃に唯一購入した冬の歌が、globeの『DEPARTURES』です。このDEPARTURESは、降り積もる雪と好きな人への思いを強く訴える曲で、この歌を聴いてから雪もそれほど悪いものじゃないなと思えるようになりました。

私は雪国新潟県に生まれ育ったもので、毎年降り積もる雪がそれほど好きではなかったのですが、globeの『DEPARTURES』と華原朋美さんの『I BELIEVE』の歌に登場する雪への想いは好きで仕方ないです。

No.8:相川七瀬「恋心」

恋心

恋心

  • 相川七瀬
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

相川七瀬さんをプロデュースしていた織田哲郎さんが長い期間に渡って温めて作曲したのが『恋心』でした。この恋心は相川七瀬さんのシングルの中では最大のヒット曲になりました。

愛する人と一緒にいた頃の時間が嘘じゃない事を願っている女性の想いを歌った曲で、このPVはドラマ仕立てさながらの映像で話題を呼びました。

No.9:FIELD OF VIEW「DAN DAN心魅かれてく」

DAN DAN 心魅かれてく

DAN DAN 心魅かれてく

  • The FIELD OF VIEW
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

FIELD OF VIEWの『DAN DAN心魅かれてく』は、アニメ『ドラゴンボールGT』の主題歌です。FIELD OF VIEWはよく知らなかったのですが、このアニメで一気に好きになりましたね。サビの部分の「DAN DAN!」や「ぜんぜん!」という所が特に好きでした。

No.10:JUDY AND MARY「そばかす」

そばかす

そばかす

  • JUDY AND MARY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 JUDY AND MARYの『そばかす』は、TVアニメ『るろうに剣心』の主題歌として大ヒットした曲です。実は、この当時神話になっていた事があって、それがるろうに剣心の主題歌は全てヒットするというものでした。

その主題歌になったものは、川本真琴さん(1/2)・TMレボリューション(HEART OF SWORD〜夜明け前〜)・SIAM SHADE(1/3の純情な感情)などがありました。おそらくCDをよく購入する世代が、るろうに剣心を見ている世代とマッチしたのでヒットしやすかったというのがあったのでしょう。

1996年のヒットソングのまとめ

雪の結晶の美しさ

1996年は、若きアーティスト達が躍動した年で、この他にもパフィーも活躍していました。ただし10位までしか発表出来ないので、このような順位となりました。しかし、この時のJPOPは若いアーティストたちが特に輝いてしましたね。

最近はアイドルグループがJPOPを席巻していますが、もう少しバンドやシンガー達も活躍出来るようになると良いですね。

保存

保存

保存