読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に笑ってはいけない大脱獄24時(2)101回目のプロポーズ?

プロポーズのイメージ画像

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!祝 放送1200回突破記念 DVD 初回限定 永久保存版 絶対に笑ってはいけない大脱獄24時」のDisc2では、陣内智則さんが101回目のプロポーズを演出してガキのメンバー達を苦しめていくので、他の罰ゲームと一緒にその演出内容を紹介しましょう。

「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時(2)」の罰ゲーム

社会へ復帰しようとする画像

藤原寛さんに案内されて、ガキのメンバー達は囚人が社会復帰するための講習会を聞く事になります。しかし、この講習会にはガキのメンバー達を苦しめる仕掛けが数多く用意されていたのです(絶対に笑ってはいけない大脱獄24時のDisc1の罰ゲーム・見所については、下のリンク先で紹介してあります)。

www.akira-blog.com

遠藤章造さんのオゴォ?

プテラノドンの画像

講習会場には刑務官『高橋茂雄(サバンナ)』さんが登場して、囚人達の心を浄化するために催眠療法を行う事になりました。そのために、有名催眠術師『ミッチェル』さんが登場して、催眠にかかりそうな人物という事で、遠藤章造さんが呼ばれてしまいます。

これには遠藤章造さんがマジかよという顔つきになってしまいますが、しぶしぶ前に出ていきます。そして催眠療法が始まって『プテラノドン』になるという催眠をかけられたのです。遠藤章造さんはが頑張って指を突き立てて突撃しながら、「オゴッ!オゴッ!オゴォ!!」と叫び出したのです。

後に、このプテラノドンのモノマネはその後も松っちゃんにイジられてしまって、遠藤章造さんを長く苦しめる事になってしまいました。

もみじちゃんのおもしろジャッジ機能

牛乳でジャッジする企画

催眠療法が終わってから、日本エレキテル連合の格好をしたアンドロイド『山村紅葉』さんが登場します。このアンドロイドは面白い話を聞くと『おもしろジャッジ機能』によって、牛乳を吹き出してしまう機能が搭載されているのです。

そして、その機能を試すべくガキのメンバー達がもみじちゃんの前に出る事になります。高橋茂雄さんは最初に田中直樹さんへ「お前の父親の名前は何だ?」と聞きます。これを近くで聞いていた浜ちゃんは、その後の展開を覚悟して舌打ちをしてしまうのです。

そして田中直樹さん・遠藤章造さんが質問を答えた後に、浜ちゃんが呼ばれてしまいます。そして浜ちゃんにも父親の名前を聞かれたので「浜田ケンゴロウです」と答えたら、もみじちゃんから思いっきり牛乳を顔面めがけて吐き出されてしまったのです!

101回目のプロポーズ?

指輪を使ってプロポーズ

講習会が終わった後に再び藤原寛さんから連絡がきて、実験用モルモットになるためにガキのメンバー達は実験会場へ向かう事になります。メンバーたちは今の時代に実験台になるなんてあるのかと愚痴をこぼしてしまいます。そして実験会場へ向かうためにバスが動いていく中で、101回目のプロポーズのヒロイン(矢吹薫さん)そっくりの格好をした『陣内智則』さんが登場します。

その後に、星野達郎さんを演じた本人『武田鉄矢』さんが乗り込んできたので、ガキのメンバーたちは思わず笑ってしまうのです。そして二人は101回目のプロポーズのストーリーに沿って演じていきます。

武田鉄矢さんは陣内智則さんにプロポーズしようとしますが、陣内智則さんは「ねぇ怖いの!」と断ってから、ガキのメンバー達の恥ずかしい話を暴露していくのです。

その暴露話の中で遠藤章造さんが出演した映画『バスジャック』が、AmazonのDVD人気度ランキングで4万805位!DVDの最高買い取り価格が31円という事をバラされてしまったのです。この恥ずかしすぎる結果に、メンバー達全員が爆笑してしまいお仕置きを受けていきました。

捕まってはいけない大脱獄

大きな黒き球体

ガキのメンバー達が、ようやく実験会場へ着いたら、そこには鬼ごっこで使用された黒き台が登場します。今回も鬼から逃走する事になりますが、何と助っ人『田原俊彦』さんが加わってきたのです。

そして松っちゃんが狭い部屋に閉じ込められた後に、残りのメンバー達が鬼から逃走する事になりました。その最中で方正さんが、鬼に大きな黒い玉が付いた足かせを付けられてしまうのです。方正さんは、その足かせに悩まされてしまいますが、途中で足かせの大玉を悪用するようになります。

方正さんは狭い通路で鬼が迫ってきたら大玉を盾にして、メンバー達が逃げられないようにブロックしたのです。これには浜ちゃんや田中直樹さんが何て事をしてくれるんだと騒ぎ始めます。しかし方正さんは大玉をどけようとはしないので、浜ちゃんや田中直樹さん達は鬼に捕まってしまってお仕置きを受けてしまったのです。そのようなハプニングはありましたが、何とか実験は無事に終了します。

「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時(2)」の見所

大脱獄の見所を紹介する囚人女性(2)

笑ってはいけないシリーズで、大きな笑いをさらっていくのは、遠藤章造さんのパターンが多くなってきました。それは大脱獄でも変わらなくて、101回目のプロポーズで、恥ずかしい話を暴露される辺りはすごく面白かったですね。

松っちゃんがあまりのひどいランキングに「逆に見たくなった」と言っていましたが、私も同じように、どのような映画なのだろうかと興味を持ってしまいましたね。今後も遠藤章造さんには多くの日本人を笑わせるためにも、笑ってはいけないシリーズで活躍して欲しいです。

保存

保存