須藤凜々花さんの行動に芸能界は賛否両論!最も正しい意見は?

結婚を発表したアイドル

AKB48の総選挙が2017年にも行われましたが、恋愛を禁止しているはずのAKB48で須藤凜々花さんが総選挙で結婚発表してしまいました。芸能界では彼女の行動に賛否両論ですが、最も正しい意見は誰だったのでしょうか?

結婚宣言の擁護派!カンニング竹山さん

news.livedoor.com

キレる芸で有名なカンニング竹山さんは、結婚発表した須藤凜々花さんに怒るファン達に対して「裏切られたも何も、ファンと結婚する訳じゃないんだから」と言って、須藤凜々花さんを擁護しました。この意見はアイドルと言えども恋愛や結婚は自由のハズだという意見なのでしょう。

この意見はAKB48以外のアイドルであれば、その通りだと思います。しかしAKB48は少し特殊なグループで、ファン達が特定のメンバーを応援するために、何百〜何千枚もCDを購入して投票するシステムを導入しているのです。実際にインターネットでは須藤凜々花さんを応援するために数十万円を投資したファンもいます。そのファンたちのお金によって、須藤凜々花は総選挙で20位になれました。その20位になった須藤凜々花さんが結婚発表した訳です。

さらに、ある報道では須藤凜々花さんのお相手は元ファンだったという事もあって、カンニング竹山さんのファンと結婚する訳じゃないという言葉は空振りに終わってしまった事を指摘する報道もあります。しかし、それよりも問題なのはファンが応援してくれる事について感謝する総選挙という場で、結婚発表というのは、やはり不味かったのではないだろうかと思う訳です。

結婚宣言の反対派?指原莉乃さん

mdpr.jp

2017年6月25日のTV番組『ワイドナショー』で、同じAKB48グループ(HKET48)の指原莉乃さんが「あのステージ上で言ったのは間違いだったのかなって思います。」と発言していました。私は、このTV番組を観ていましたが、指原莉乃さんも同じようなスキャンダルを経験していた事もあって、結婚や恋愛はともかくとして、総選挙で発表するのは間違いという意見でした。

私は芸能界で様々な意見がありましたが、やはり総選挙で発表するのは間違いだったのだろうと言う意見が、この時までは一番シックリと来ていました。そういう意味で指原莉乃さんの意見は正しいと思っています。ただし、その一方でAKB48の恋愛禁止を事実上撤廃する時期に来ているとも思うのです。

プロデューサーの秋元康さんは「恋愛禁止とは一度も言っていない」と発言していますが、暗黙の了承でAKB48の恋愛禁止が続いているような風潮があります。そのため公式に恋愛禁止を撤廃すれば、メディアにどのように報道されても問題はなかったので、須藤凜々花さんも総選挙で発表するような事もなかったのではないでしょうか?

結婚宣言の中立派?春名風花さん

headlines.yahoo.co.jp

はるかぜちゃんこと女優の春名風花さんは、芸能人はファンあってこそ成り立つ者という意見でした。例え容姿や才能が優れていても、応援してくれたり観てくれたりするファンがいなければ成り立たないという意見ですね。そして春名風花さんは「自己都合で仕事を辞めるときはみんなの夢をそこに置き去りにする」とも言っていますが、その通りだと思います。

やはりアイドルでも恋愛や結婚は自由ですが、春名風花さんの発言のとおりでファンの気持ちや夢を大切に思ってあげて欲しいという発言が一番しっくりと来ましたね。それは一般人が情報を発信しているブログも同じで、観てくれている読者をないがしろにするような事をしてはいけないものだと思います。

須藤凜々花さんの結婚発表のまとめ

ファンの気持ち

私は北原里英さん推しではありますが、CDは音楽を聴くためのものという考えから、一枚も購入していません。あくまでもTVを観て、影ながら応援するぐらいのファンです。そのため握手会も行った事もなければ、ライブを観た事もありません。それでも私の地元新潟市で地道に活動をしながら、メンバーたちを優しく指導していた北原里英さんを応援していました。

その北原里英さんが総選挙に出るのは2017年が最後だったので、そのような総選挙で、このような発言があったのはちょっとキツイなぁと思いました。それは3連覇をかけた指原莉乃さんのファンや、長くAKB48を支えて来た渡辺麻友さんのファンも同じでしょう。渡辺麻友さんの卒業発表は須藤凜々花さんの結婚発表の後だったとは言え、渡辺麻友さんが総選挙に出るのが今回が最後というのは前もって知らされていた訳ですから。そのためメディアに報道されるぐらいであれば先に言ってしまえと思ったのかもしれませんが、やはり先輩メンバーやファンの事をもう少し考えてもらえればと思いましたね。

そういう意味でも、賛否両論に分かれている中で最もしっくりときた事を言ったのは、ファンあってこその芸能人という考えを表明した春名風花だったのでしょう。

保存