日記の記事を投稿する場合は投稿数が重要!その理由を詳しく紹介

ブログの投稿に悩む女性

ブログに記事を投稿している方で、日記のような記事は投稿しないほうが良いと思っていませんか?その考えは半分正解で、半分間違いです。実は日記のような記事は投稿しても問題はありませんが、投稿数が重要になるので、その理由を詳しく紹介します。

日記のような記事を毎日投稿する場合

日記の記事を毎日投稿

ブログの種類によりますが、日記のような記事を毎日投稿して問題になるのが特化型ブログのコンセプトを惑わせる場合です。例えば、あなたが音楽を紹介しているブログなのに、音楽とは全く関係のない日記のような記事を投稿していたら、訪問者や読者の方は「ここは、ブログ名と全く関係のない記事ばかりじゃないか?」と思ってしまうのです。

特化型ブログで日記のような記事を毎日投稿しても、問題がないのは、そのブログのコンセプトに合った記事も毎日投稿する方法です。仮に日記のような記事を毎日投稿しても、ブログ名に関係する記事であれば、問題はないのです。

私が普段から遊びに行くブログで、日記と関係性のあるブログ名になっている所が2つあるのが、下の2つのブログです。もし興味のある方は、ご覧になってみて下さい。

www.simple-home.net

購入した服や日用品などを紹介しているブログなので、ブログ名と日記のような記事が大きく関係しています。さらに服や日用品の画像や感想などを掲載しています。そのような事もあって、多くの方にとって為になる記事が投稿されているので、多くの方が読者登録しています。

www.hanatooyatsu.com

百円ショップで購入した商品を利用して、様々な事にチャレンジしている事を紹介しているブログです。こちらのブログも日記のような記事に見えますが、ブログ名と大きく関係しているのが、よく分かるでしょう。

日記のような記事を少なめに投稿

日記の多さを測る画像

ブログ名と関係のある記事よりも、日記のような記事を少なく投稿する方法が最も適度な方法と言えます。なぜならブログのコセンプトは崩していないですし、ブログ運営者の性格がよく分かるからです。

多くの方は全く分からないような方が記事を投稿しているブログよりも、多少は記事を投稿している方の性格が分かるブログのほうを好む傾向があります。

そのため、ブログに関係のある記事のほうが、日記のような記事より多い場合には心配する必要はないでしょう。

日記のような記事を全く投稿しない場合

日記のような画像を全く投稿しないケース

ブログ名に関係する記事ばかり書いていて、日記のような記事を全く書かない場合は、一長一短あります。まず、訪問者や読者が知りたい情報ばかり投稿しているので、その情報を知りたがっている方にとっては貴重なブログとなるので、リピーターも多いでしょう。

しかしブログに記事を投稿している方の性格が少しは分かるほうが良いと思っている訪問者や読者にとっては、少し物足りなく感じる場合もあります。ただし日記のような記事を全く掲載しなくても、ブログと関係のある記事の中身で、性格が分かるような書き方や情報を盛り込めば問題はないでしょう。

日記の投稿数のまとめ

日記のような記事について紹介する女性

ブログに日記のような記事を投稿する回数について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?私は以前まで日記のような記事は掲載するべきではないと思っていましたが、ブログを投稿している方の性格はある程度までオープンにする重要性に気づいたので、日記のような記事は、ブログに関係する記事より少なめに投稿する方法を採用しています。

実際に、AKIRAブログの今後の更新予定はこのように考えています。

  • 小説:1ヶ月に1〜15記事

  • DVD:1週間に2〜7記事

  • 音楽-曲:不定期

  • 音楽-記事:1週間に1記事以上

  • 暮らし:不定期

  • お知らせ:不定期

音楽の曲が、ある程度まで投稿できたので、今後はDVDの投稿ラッシュになりそうです。それがひと段落したら、音楽-記事の数が多くなるかもしれません。上のスケジュールを見て分かる通りで、AKIRAブログは、今後も小説・DVD・音楽を多めに投稿して、日記のような記事である暮らしやお知らせは不定期で少なめに投稿していこうと考えています。

もしもブログで記事を投稿している方で、日記のような記事を投稿するべきか悩んでいる方は、投稿する数に注意すれば問題はないでしょう。

保存

保存