「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のストーリーを紹介

f:id:akira2013web:20170722020903j:plain

野田恵が千秋真一を追いかけていたのに、野田恵の心の中で何かが弾け飛んでしまいます。そこで、のだめカンタービレの心境に変化が訪れる最終楽章 後編をまだ見ていない方のために、ネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所などを紹介します。

「最終楽章 後編」のキャスト

f:id:akira2013web:20170722020923j:plain

のだめカンタービレシリーズ 最終楽章 後編に出演した一部のキャストを紹介しましょう。

のだめ(演:上野 樹里さん)

野田恵は、オクレール先生に厳しく指導されてしまって、その真意が分からずに苦悩します。

千秋 真一(演:玉木 宏さん)

野田恵を信じて距離を取って音楽に没頭しようとする千秋真一でしたが、それが思わぬ結果を招く事になります。

ターニャ(演:ベッキー)

今まで恋愛ばかり考えていたターニャですが、彼女の心境に変化が現れていきます。

フランク・ラントワーヌ(演:ウエンツ瑛士さん)

以前と大きな変化が起きてしまった野田恵を心配するフランクでしたが、その変化を変えられるのは難しいものがありました。

黒木 泰則(演:福士誠治さん)

黒木泰則は、野田恵と千秋真一の関係に悩みますが、彼が最も気にしていたのは、ある女性でした。

峰 龍太郎(演:瑛太さん)

恋人である三木清良の晴れ舞台を見るために、コッソリとヨーロッパへ行く事にします。

奥山 真澄(演:小出 恵介さん)

峰龍太郎と一緒にパリへ来る事になった奥山真澄は、意中の人である千秋真一に会う事が楽しみで仕方ありませんでした。

三木 清良(演:水川 あさみさん)

峰龍太郎に会えない時期でも我慢して、音楽に没頭してきた三木清良が、渾身の演奏を披露していきます。

ソン・ルイ(演:山田優さん)

活動休止中だったソン・ルイが、活動再開する時に共演する相手に千秋真一を選びます。しかし、この行動が野田恵を心配にさせるのです。

「最終楽章 後編」のストーリー

f:id:akira2013web:20170722020938j:plain

千秋真一は、音楽に没頭したくて引っ越しを始めます。野田恵は、その事に大きなショックを受けてしまいます。峰龍太郎や奥山真澄は、コンクールに出場する三木清良を応援するためにパリへ来ていました。野田恵は、千秋真一がいた部屋を借りていたので、この部屋で千秋真一や峰龍太郎たちと合流します。

翌朝になって、千秋真一が野田恵と二人っきりになった所で、ソン・ルイと共演する事を知らせるのです。野田恵はソン・ルイと千秋真一が仲良くする事に強い抵抗があったので、千秋真一は野田恵に知らせなくてはいけないと思っていたのです。野田恵は何事もなかったかのように振る舞いますが、学校へ向かうバスの中で「先輩のバカ、仕方ない事じゃないですか」とつぶやきます。

そして、遂に三木清良がコンクールに出場して一生懸命になって演奏します。その姿を見守る峰竜太やターニャ達。ターニャは、恋人と離れ離れになっても音楽にかけてきた三木清良の演奏を見て「私どうして、もっと時間を大事にしてこなかったのかな」と力なくつぶやきます。黒木泰則は、それを隣で神妙な面持ちで聞きます。

コンクールが終わったら、ターニャはコンクールに出る事を突然言います。それを聞いたフランクや千秋真一は微笑んで聞きます。黒木泰則は、それを聞いて「僕もコンクール出るよ。だから一緒に頑張ろう」と言って、ターニャは照れ臭そうに喜びます。それを聞いていた 奥山真澄達は「そういう事?」とひやかします。コンクールが終わって三木清良は、峰竜太がこっそりと応援に来ていた事に気づいて嬉しくなって峰龍太郎の元へ駆け寄ります。二人は泣きそうになりながらも微笑みながら再会を喜ぶのです。

野田恵は、コンクールで腕を上げて千秋とピアノ・コンチェルトを行う事が最終目標と決めていたので、オクレール先生にコンクールへ出場する事を志願します。しかしオクレール先生は、のだめが最終目標を叶えたら音楽に飽きてしまう事を見透かしたかのようにコンクール出場を許しません。

千秋真一は、遂にソン・ルイと共演しますが、それを見ていた野田恵は、自分が行おうと思っていた以上の事を二人にされた事にショックを受けます。そこへシュトレーゼマンが久しぶりに野田恵へ会いに来たので、その悩みを聞いてもらうのです。そこでシュトレーゼマンは野田恵にピアノを弾いてくれるように頼んだら、以前とは比べものにならないほど上達した野田恵の実力に驚きます。

シュトレーゼマンは、そこで野田恵をデビューさせて共演する事になったのです。無名の新人である野田恵が巨匠であるシュトレーゼマンと共演する事になったので世界中が騒然となりました。そして見事な演奏をした野田恵は、これ以上の演奏は出来ないと思って、音楽に背をそむけます。

その事をシュトレーゼマンから聞いた千秋真一は無理やりピアノを弾く所まで連れていきます。そして二人が最初に弾いた曲であるモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」を一緒に演奏する事にします。はたして千秋真一は、野田恵を音楽の世界へ引き戻す事はできるのでしょうか?

「最終楽章 後編」の見所

最終楽章後編のまとめを紹介する女性

のだめカンタービレ 最終楽章 後編では、野田恵が自分で行った事を超えられる自信がなくなって、それより前へ進めなくなってしまいました。

このような事は、多くの方が経験する事だと思います。のだめカンタービレは例え最高の結果を出しても、それに満足しないで、それ以上の結果を出すために頑張らなくてはいけない事を私たちに教えてくれます。その事がいかに重要であり、難しい事なのか?それを分からせてくれる所が、のだめカンタービレ最終楽章 後編の最大の見所でしょう。

保存

保存