「のだめカンタービレ 最終楽章」のストーリーを紹介

のだめを連想させるピアノ

大ヒットを記録した『のだめカンタービレシリーズ』のフィナーレを飾ったのが『のだめカンタービレ 最終楽章(前編・後編)』です。多くの笑いと感動を私たちに送ってくれた映画のネタをバラさないように、キャスト・ストーリー・見所を紹介しましょう。

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

www.akira-blog.com

日本では、周囲を圧倒する天才指揮者だった千秋真一が、ジャンという強力なライバルの出現によって、コンクールで苦戦を強いられます。それを何とかフォローしようとする野田恵でしたが、その野田恵の前にも強力なライバルが出現します。

そのライバルとは、ジャンの恋人である並木ゆうこでした。この恋人同士の対決が、笑いと感動を引き起こす原動力となって目が離せなくなるのが『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』です。

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」

www.akira-blog.com

野田恵も千秋真一に負けないようにコンクールへ参加したかったのですが、オクレール先生が認めようとしません。それに理解できない野田恵でしたが、オクレール先生は野田恵が音楽から遠ざからないように、常に音楽と向き合える音楽家になって欲しかったのです。

そんな願いとは裏腹に、シュトレーゼマンが野田恵をデビューさせる事によって物語は急展開を見せるのです。シュトレーゼマンと共演できた野田恵は、自分の演奏に満足して音楽から背をそむけようとします。千秋真一は、そんな野田恵を再び音楽の世界へ連れ戻そうと動き出すのです。はたして千秋真一は野田恵を再び音楽の道へ連れ戻す事ができるのでしょうか?

「のだめカンタービレ 最終楽章」の見所

フィナーレを飾る画像

のだめカンタービレシリーズは、最終楽章でフィナーレを飾って、多くの方達から惜しまれながら終わりを告げました。日本には様々なコメディー映画がありますが、私はダントツで『のだめカンタービレ』が好きですね。その理由は、ストイックに音楽へ打ち込む姿勢と、個性豊かなキャラクターが笑いを巻き起こす所が絶妙にミックスされているからです。

もしも笑いだけでは満足できない方は、のだめカンタービレシリーズを見て、絶妙なバランスで繰り広げられる人間模様を見ておくのも悪くないでしょう。

保存