「リング」のキャスト・ストーリー・見所を紹介

呪いのビデオ

呪いのビデオテープを見た者が、1週間で亡くなってしまうという貞子の呪いによって、多くの者達を恐怖に陥れるのが映画『リング』です。それでは、この映画を見た事がない方のために、ネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所を紹介します。

「リング」のキャスト

恐怖を感じさせる井戸

呪いのビデオテープの恐怖を演出するキャストを紹介します。

浅川 玲子(演:松嶋菜々子さん)

テレビ局に勤める浅川玲子は、仕事のために呪われたビデオテープを調べようとしました。しかし、それは近づいてはいけない世界だったのです。

高山 竜司(演:真田広之さん)

高山 竜司は、浅川玲子の元夫で、呪いのビデオテープに苦しんでしまう浅川玲子のために、呪いの連鎖を断ち切ろうと奮闘します。

浅川 陽一(演:大高力也さん)

浅川玲子と高山竜司の間で生まれた子供が、浅川 陽一でした。浅川 陽一は、夜中に亡くなってしまった従兄弟の幽霊に誘われて、呪いのビデオテープに手を伸ばそうとします。

高野 舞(演:中谷美紀さん)

高山竜司の教え子である高野舞は、呪いのビデオテープに躍起になっている教師に少しウンザリした顔をしてしまいます。

大石 智子(演:竹内結子さん)

浅川陽一の従兄弟である大石智子は呪いのビデオテープを見て、恐ろしい形相のまま亡くなってしまいます。その事に周りの者は事件性を疑ってしまいます。

「リング」のストーリー

何かを伝えようとさせる瞳

大石智子が女友達から、呪いのビデオテープ(映像を見る事ができるビデオテープ)を見た者が1週間後に亡くなってしまう事を笑いながら話しかけられました。しかし大石智子は青ざめた顔でそれを聞いていました。なぜなら大石智子はすでに呪われたテープを見ていたからです。そして大石智子は、その後に恐ろしい形相の姿になって亡くなってしまったのです。

浅川玲子は、TV局に勤めていて、呪いのビデオテープについて調べていました。そしてインタビューをした学生から、呪いのビデオテープを見た人が亡くなった事を知ります。そのような時に身内である大石智子が亡くなってしまったので、息子の陽一と一緒に葬儀へ参列します。

所が、調べていくうちに身内の大石智子が亡くなったのは、呪いのビデオテープと関係している事が分かったのです。そこで大石智子が呪いのビデオテープを見てしまったペンションへ向かう事にします。そこには何も題名が書かれていないビデオテープがあったので、そのビデオテープを借りる事にしました。

浅川玲子は、呪いのビデオテープか確かめるためにビデオテープを再生します。TVの画面には長い黒髪をした女性が、クシで髪をとかす映像が流れて、人々が次々に倒れていったのです。そして人間の瞳がアップで映って、瞳には「貞」という文字が見えました。それから井戸が写った所で映像は終わったのです。ビデオテープが見終わった後に電話の着信音が聞こえたので出たら、呪いのビデオテープと同じように甲高い音が聞こえてきたのです。

不気味なビデオテープの映像を見た浅川玲子は呪いのビデオテープである事を確信して、元夫である高山竜司に相談して、ビデオテープを見てもらいます。二人は呪いの連鎖を断ち切ろうとしますが、高山竜司の教え子である高野舞は、学校以外の事に忙しくしている教師に少しウンザリとした顔をします。

呪いの原因を究明するために、忙しくなった浅川玲子は、父親に息子を預かってもらうために泊まる頃になりました。所が、その夜に寝ていた時に浅川玲子は、大石智子にそっくりな声で「おばさん……」と呼ばれて起きてみたら、何と息子が呪いのビデオテープを見ていたのです。なぜ、このようなビデオテープを見たのか問い詰めたら「智ちゃんが見ろって」と答えたのです。

浅川玲子と高山竜司は、呪いのビデオテープに写っていた山村志津子がマスコミに責められている時に、その娘の山村貞子という少女が念じるだけでマスコミの人間の命を奪った事を知るのです。高山竜司は、呪いのビデオテープは、貞子が関係しているものと睨みます。しかし貞子はすでに亡くなっていました。そこで浅川玲子と高山竜司は、呪いの連鎖を断ち切るために、貞子が亡くなってしまった場所である井戸へ向かいます。あと数時間で、浅川玲子がビデオテープを見てから、1週間が経つので一刻の猶予もありませんでした。はたしてビデオテープを見てしまった浅川親子や高山竜司達は呪いから助かる事ができるのでしょうか?

「リング」の見所

リングの見所を伝えようとする女性

リング0より早く映画として登場したのが、リングです。リング0では貞子が生きている時代が描かれていたので、一応リングは、ストーリー上ではリング0の後と言う事になります。しかしリング0より早く完成した映画リングなのに、リング0より圧倒的に怖い内容となっています。それは映像を見た者が1週間後に亡くなってしまうという設定が、少し他人事ではないから怖く感じるのでしょう。

今の時代ではビデオテープからDVDやBlu-rayが利用されるようになったので、時代を感じさせる映画となっていますが、その怖さは今でも色褪せません。そのため古い映画ではありますが、怖い映画を見たい方には、おすすめの作品です。

保存

保存