「猿の惑星:新世紀」のキャスト・ストーリー・見所を紹介

猿たちのいる森の画像

映画『猿の惑星:新世紀』では、ミュアウッズの森で繁栄を謳歌していた猿たちの世界に人間が侵入した事から、人間と猿達の全面的な戦いへ突入しようとします。そこで、この映画を見た事のない方のために、ネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所などを紹介します。

「猿の惑星:新世紀」のキャスト

猿の表情

シーザーが何とか人類と共存しようと奮闘する映画『猿の惑星:新世紀』のキャストを紹介しましょう。

シーザー(演:アンディ・サーキスさん)

シーザーは猿たちのボスで、人間との戦いを進言するコバと次第に対立するようになっていきます。

モーリス(演:カリン・コノヴァルさん)

シーザーの良き友であるオランウーターンであるモーリスは、人類にあまり敵意を示さない数少ない猿です。

ブルーアイズ(演:ニック・サーストンさん)

シーザーの息子であるブルーアイズは、コバと共に人間の街へ襲撃しようとします。

コバ(演:トビー・ケベルさん)

人間の動物実験に使われた事もあって、人間を深く憎んで、シーザーの目指す猿と人間の共存に強く反対します。

マルコム(演:ジェイソン・クラークさん)

街に電力を供給するために発電所を稼働させようとしますが、その発電所はシーザー達がいる森の中でした。

エリー(演:ケリー・ラッセルさん)

マルコムの妻であるエリーは、マルコムを何とか支えようとして共に発電所を稼働させようとします。

アレキサンダー(演:コディ・スミット=マクフィーさん)

マルコムの息子であるアレキサンダーは、モーリスと仲が良くなって、束の間の平和を楽しみます。

ドレイファス(演:ゲイリー・オールドマンさん)

街の指導者であるドレイファスは猿を危険と判断して、攻撃を考えますがマルコムに説得されて、3日間の猶予を与えようとします。

「猿の惑星:新世紀」のストーリー

電気を供給するダム

猿を使った実験中に猿インフルエンザに感染してしまった職員によって、その猿インフルエンザは、瞬く間に世界中へ拡大。人口は半減して世界中はパニックを起こして動乱が起きて、人類の文明は、ほぼ崩壊していきました。

それに引き換え、ミュアウッズの森へ逃げ込んだシーザー達は、猿の文明を発展させていました。そこへ人間が侵入をしてきて、シーザーの息子であるブルーアイズと遭遇します。驚いた人間は思わず自分の身を守ろうして、ブルーアイズの仲間であるアッシュは亡くなってしまいます。

猿たちは異変に気付いて、一気に人間たちを包囲しますが、猿を攻撃してしまった仲間の失敗を素直に詫びるマルコム。それにシーザーは「行けー!」と怒鳴ります。マルコム達は街へ戻りますが、実は人間たちの燃料は尽きかけてしました。そこでミュアウッズの森にある発電所を稼働させる必要があるという話になりましたが、街の指導者であるドレイファスは猿を危険な存在と判断して攻撃も視野に考えていました。しかしマルコムが説得して、3日間の猶予だけもらえたので、シーザーへ発電所を稼働する事を許可して貰おうとします。

マルコムは妻であるエリーに命がけで、シーザーを説得する事を伝えて、再びミュアウッズの森へ出かけます。シーザーはマルコムの誠意ある説得に応じて、発電所の稼働を認めませます。しかし動物実験に使われた事があるコバはそれに激しく反対するのです。それでもシーザーと親交のあるモーリスは、マルコムの息子アレキサンダーと親身に接してくれます。

そして発電所が稼働して街に明かりが灯った時に、シーザーが何者かに襲われてしまいます。コバはそれを人間の仕業だと主張して、人間の街を襲うように叫びます。モーリスは、この異変に素早く反応して、マルコムたちに早く逃げるように勧めます。

猿たちは街まで襲撃して、人間たちと激しく戦い合います。そこにはコバの勧めに応じて、共に出撃したブルーアイズもいました。しかし人間との戦いに応じなかった一部のモーリスたちの猿はバスに閉じ込めれます。マルコムたちは逃げて行く途中にシーザーを発見して、まだ生きていたので街にある医療器具を持ってこようとします。そこで遭遇したブルーアイズと一緒に、マルコム達はシーザーの所へ向かいますが、シーザーは攻撃をしてきた犯人の名前を言います。

それに愕然とするブルーアイズ。シーザーは回復をした所で、コバを止めようと街へ向かいます。そして人間を許そうとしないコバと、それを止めようとするシーザーは対峙をします。固唾(かたず)を飲む猿たちに見守られる中で、シーザーとコバは激しく戦い合います。果たして、シーザーはコバを止める事ができるのでしょうか?

 

猿の惑星:新世紀のDVDは、下のテキストリンクから注文できます。

猿の惑星:新世紀(ライジング) [DVD]

「猿の惑星:新世紀」の見所

人間たちの未来を示す画像

シーザーとは決定的に違う考えを持つコバが、人間に攻撃をしようとしますが、それをシーザーが必死に止めようとします。この猿達の激しい派閥争いが、映画『猿の惑星:新世紀』の見所です。

そして人間に愛情を注がれた事があるシーザーと、動物実験ばかりを受けたコバの人間に対する考えには大きな違いがあります。その違いは、身勝手な理由で犬や猫を保健所に預けてしまう者が多い日本人たちにも訴えかけるものがあるでしょう。

保存

保存

保存