「らせん」のキャスト・ストーリー・見所を紹介

らせん階段の画像

映画『らせん』は、貞子の呪いで犠牲者になった高山竜司が、なぜ亡くなったのか?その原因を医師たちが迫っていくなかで、犠牲者が増え続けていきます。そこで、この映画を知らない方のために、ネタをバラさないように、キャスト・ストーリー・見所などを紹介しましょう。

「らせん」のキャスト

呪われたビデオテープが存在

貞子の呪いが終わらなくて、多くの人間が犠牲になっていく『らせん』に出演したキャストを紹介します。

安藤満男(演:佐藤浩市さん)

高山竜司の友人である安藤満男は、友人が亡くなった理由が呪われたビデオに関係していると言われても、全く信じようとしませんでした。

高野舞(演:中谷美紀さん)

淡い恋心を抱いていた高山先生が亡くなった事にショックを受ける高野舞は、安藤満男に先生が亡くなった理由が、呪われたビデオに関係している事を伝えます。

高山竜司(演:真田広之さん)

貞子の呪いによって亡くなってしまった高山竜司ですが、胃の中から不思議な紙が出てきます。

宮下(演:鶴見辰吾さん)

安藤満男と同じ医師である宮下は、次々に亡くなってしまう原因は呪いではなくて、ウイルスに問題があると決めつけます。

吉野賢三(演:松重豊さん)

浅川玲子と同じ新聞記者である吉野賢三は、呪いのテープを調べて欲しくて、安藤満男に協力を頼みます。

前川警部補(演:小木茂光さん)

前川警部補は、高山竜司は病気で亡くなったのではなくて、事件性があるのではないかと疑っていました。

「らせん」のストーリー

手帳に書かれた内容

安藤満男は、事故によって亡くしてしまった息子を思い返して、絶望の毎日を送っていました。そのような時に友達だった高山竜司が亡くなってしまって、安藤満男が高山竜司を解剖するようになりました。安藤満男はメスで解剖をして臓器のほとんどを摘出しましたが、何と亡くなっていたはずの高山竜司が目を開き起き上がったのです。

これに愕然とする安藤満男ですが、よく見たら高山竜司はやはり横たわって亡くなっている状態でした。所が手術をした後に、高山竜司の胃の中から紙切れが出てきたのです。その紙切れには『474174262918』という数字が書かれていたました。

前川警部補は、高山竜司の元奥さんである浅川玲子と息子が行方不明になっているので、事件性がある事を疑っていました。しかし高山竜司は心筋梗塞だったので事件性の疑いはありませんでした。そんな時に安藤満男は、高山竜司の教え子である高野舞と知り合います。そして高野舞から、呪われたビデオテープの話を聞かされるのです。

そのビデオテープを見て4人が亡くなった事を知らされますが、安藤満男は信じようとしませんでした。そして浅川玲子と息子が交通事故で亡くなってしまったので、現場へ安藤満男が駆けつけました。そこには浅川玲子の上司である吉野賢三が、事故で大破した車の中にあるビデオデッキを調べようとしていました。そして吉野賢三は安藤満男の職場までやってきて、浅川玲子が呪われたビデオテープについて書かれた手帳と呪われたテープをダビングしたビデオテープを渡されます。

安藤満男は、高山竜司の胃の中にあった紙切れの暗号を解いたら、呪われたビデオテープを見る気になりました。高山竜司が呪われたビデオテープを再生したら欠けた井戸に貞子が落ちるシーンが見えてきました。そして服を着てなくて、生気のない貞子が実際に登場してきて、安藤満男に迫ってきたのです。 安藤満男は、これは本当に呪われたテープである事を確信します。そして安藤満男は同じ医師である宮司に、亡くなっていった人間は呪いが関係していると教えても、全く相手にされません。

そして、もうじき亡くなってしまいそうになると思って絶望していた安藤満男を高野舞は慰めようとします。安藤満男と高野舞は大人の関係になって、高野舞は妊娠をしてしまうのです。しかし、その高野舞は後になって、井戸によく似た所で亡くなってしまいます。そして高野舞の娘として貞子が、この世に復活したのです。貞子の呪いは安藤満男をむしばんで、その男と大人の関係になった高野舞の子宮に到達していたのです。

そして貞子は井戸の中へ安藤満男を引きずり込みます。さらに貞子は高山竜司の細胞を私の子宮で復活させるように要求します。しかし安藤満男はそれを固辞しますが、貞子は安藤満男の息子の髪の毛を見せて、協力すれば子供を復活させられる事も示します。はたして、安藤満男は子供の復活を諦めて、呪いのらせんを断ち切る事ができるのでしょうか?

「らせん」の見所

らせんの恐怖を紹介する女性

らせんの最大の見所は少なくとも2つあります。1つ目は、解剖されて臓器が全くない状態になっている状態の高山竜司が起き上がるシーンです。メスによって完全にお腹がポッカリと空いている身体が起き上がるのは、まさしくホラーでした。

2つ目の見所は、中谷美紀さんの体当たりの演技と少女から大人へ変わっていく女性を見事に演じきっている所でした。そのため、映画『らせん』は、ホラーが好きな方だけではなくて、中谷美紀さんが好きな方が見ても満足できる作品と言えるでしょう。

保存

保存

保存