映画『貞子3D』さぁ始めよう貞子の復活を!

貞子の恐怖を伝える画像

この映画では鮎川とうい女性教師が呪いの動画によって生徒が犠牲になった事で、少しずつ呪いの動画へ深入りしていきます。そこで貞子3Dを見た事がない方のために、この映画のネタをバラさないように貞子3Dを紹介しましょう。

「貞子3D」のキャスト

スマホの動画

リングシリーズに登場していた貞子が、3Dになって復活する映画に出演していたキャストを紹介します。

鮎川茜(演:石原さとみさん)

教師である鮎川は、自分の教え子が二度と帰らぬ人になった事で、大きなショックを受けます。しかし、その原因が呪いの動画である事が分かって、次第に、呪いの動画へ近づいていく事になります。

安藤孝則(演出:瀬戸康史さん)

安藤は、鮎川にとってかけがえないの理解者で、大事な恋人でした。しかし安藤は呪いの動画によって未知の世界へ引きずり込まれていくのです。

小磯勇吾(演:田山涼成さん)

小磯刑事は犠牲者が増え続ける中で、部下が呪いの動画を口にしても、全く呪いを信じていませんでした。しかし捜査を続けていく中で、もはや呪いの動画を無視できない所まできていたのです。

柏田清司(演:山本裕典さん)

呪いの動画に登場する人物が、柏田という男でした。この男がおぞましい動画をインターネットで発信する事によって、次々に犠牲者が増えていきます。

貞子(演:橋本愛さん)

柏田が復活させようとしていたのが、リングシリーズでも絶大な恐怖を与えていた貞子でした。しかし貞子3Dでは、美しい女性として登場します。

「貞子3D」のストーリー

パソコンの動画

バス停でノートパソコンを捜査していたサラリーマンが恐ろしいものを見ていたら「お前じゃない」という声が聞こえた後にトラックに跳ねられてしまいます。小磯刑事はその事故を調べていたら、部下は「呪いの動画」が関係しているのではないかと言いますが、小磯刑事はそんな部下を呆れてしまいます。

ある学校では、鮎川という女性教師が授業を行なっていましたが、そのクラスの女子生徒が呪いの動画を検索していました。それを授業中に見た鮎川が軽く注意をしましたが、生徒は反省しないで、その後も呪いの動画を見つけようとしていたのです。そして自宅にいた時に、遂に呪いの動画がスマホに登場して、その生徒は自宅の2階の窓から転落してしまいます。そして二度と帰らぬ人となったのです。

その頃、小磯刑事の部下が呪いの動画について調べていたら、呪いの動画を見た5人が全て自ら人生の幕を閉じた事が分かったのです。それを聞いた小磯刑事は驚きます。その頃、鮎川は恋人である安藤や男友達と3人で呪いの動画について話し合っていました。

小磯刑事は動画を流している人物が柏田である事が分かって、柏田の部屋へ行きますが、何も手がかりを見つけられませんでした。所が小磯刑事の部下の捜査によって、柏田はインターネットで非難されるようになってから、呪いの動画を配信するようになった事が分かりました。

安藤は落ち込んでいる鮎川を励ました後にパソコンが置いてある部屋へ戻るとモニターで呪いの動画が再生されて、柏田が「さぁ始めよう。はーはっはっはっは」と笑い初めてモニターから長い黒髪の女が出てきたので、鮎川と安藤たちは慌てて逃げて行きますが、安藤は異世界へ連れ去られてしまいました。

鮎川は、その後に小磯刑事から「柏田は貞子を復活させようとしていた」と教えられます。そして二人は貞子のいる井戸へ向かいますが、はたして鮎川は恋人を連れ戻す事ができるのでしょうか?

「貞子3D」の見所

貞子の手

リングシリーズに比べれば、貞子3Dは、ジャパニーズホラーというよりは洋画に近い演出でした。そのためジャパニーズホラーが好きな方が見れば「この演出は無いんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかしリングシリーズの続編を何が何でも見てみたいと思う方であれば、貞子が登場する貞子3Dは見ておく価値はあるでしょう。私が最も気にい入ったシーンは柏田の「さぁ始めよう」と言うシーンですね。このつぶやきが、恐怖をあおるようなシーンで、貞子3Dの中で最もジャパニーズホラーっぽい所だなと思いました。

保存

保存