映画『サイコパス』美女の妄想がもたらす恐怖!

モーリンが前世にいた時の街並み

映画『サイコパス』は、精神病院で監視されていた罪人モーリーンによる妄想によって、残虐非道な犯罪が続いていくホラー映画です。そこで、この映画を知らない方たのめに、ネタをバラさないように、キャスト・ストーリー・見所を紹介しましょう。

『サイコパス』のキャスト

精神病院の注射器

精神病を患うモーリーンによって、恐ろしい犯罪が行われて行く映画『サイコパス』に出演したキャストを紹介します。

トレイ・キャンベル(演:パトリック・マルドゥーンさん)

精神病院で勤務するトレイは、あまりにも仕事が忙しくて妻と口論してしまいます。そのような時に病院では最悪の出来事が起きてしまいました。

カーリー・キャンベル(演:エイミー・ロケインさん)

トレイの妻であるキャンベルは、家族より仕事を優先してしまう夫を非難してしまいます。カーリーには夫だけではなく娘もいましたが、カーリーや娘は、恐ろしい体験をしていく事になります。

モーリーン・ハッチャー(演:パッツィ・ケンジット)

トレイの患者であるモーリーンは、前世でトレイと恋人同士だったと思い込んで、恐ろしい儀式によって生まれ変わろうとしていました。

『サイコパス』のストーリー

イギリスの家

精神病院で忙しかったトレイでしたが、初めて休暇を取って家族サービスを行おうとしていました。しかし精神病院にはモーリンという要注意人物の患者がいたのです。トレイは、モーリーンが気になりましたが家族サービスを行うために、リチャードに患者であるモーリーンの事を任して家族と共に旅行に出かけました。

モーリーンは若くて美しい女性で、言葉たくみにリチャードを誘惑します。リチャードは、その誘惑に負けてモーリンの顔に近づいてしまいます。そのわずかな隙にモーリンは、リチャードを始末して精神病院から逃走してしまうのです。

モーリンはトレイに特別な感情を抱いていたので、トレイがどこにいるのか調べ上げて旅行先を突き止めてしまいます。そしてモーリンは次々に人を襲って、その者の臓器をえぐり出していきました。トレイは電話で、モーリンが人を襲って精神病院から逃走した事を伝えられます。

トレイは仕方なく精神病院へ向かおうとしますが、カーリーは家族より仕事を優先するトレイと口論してしまうのです。トレイは精神病院へ到着して、ヴァーボラス刑事に2年間モーリンを治療していた事を伝えると「ムダな2年だったな」と嫌味を言われてしまうのです。トレイはモーリンによって犠牲になった人たちの変わり果てた姿に絶句します。

トレイは責任を感じて精神科医を辞めて、妻に電話をして、これから家族のことを優先する事を約束します。それに喜ぶカーリーでしたが、カーリーと娘の元へモーリンが向かっていたのです!カーリーは、近所に住むジャッキーと偽って、カーリーたちを油断させます。そしてトレイが来たのでカーリーだけ迎えに行きますが、その間にモーリンはトレイの娘に襲いかかろうとします。

そしてトレイとカーリの元へ、ジャッキーが現れますが、すぐに逃げていきます。トレイは娘が危ないと思って、すぐにカーリーと共に娘を探し出そうとします。娘は運よく逃げ切れていたので、親子は再開できます。実は、モーリンは前世で切り裂き魔ジャックと恋人同士で、ある儀式を行えば生まれ変われると信じていたのです。しかも、その恋人同士だった男ジャックがトレイだったと思い込んでいました。

トレイは警察に協力してモーリンを探し出すために、妻子だけ船に乗せて避難させます。しかし、その船にはモーリンがひそんでいて、トレイの妻子を人質にします。モーリーンはトレイに電話をして妻子を助けたかったら、自分一人で指定した場所へ来るように良います。はたして、トレイは、妻子を助け出す事ができるのでしょうか?

『サイコパス』の見所

前世で行なった過ち

サイコパスは、ストーリーはスリルを感じさせるもので面白かったのですが、犠牲になった人の傷を見せる演出が少し陳腐(ちんぷ)な感じがして興ざめする所がありました。そのためストーリーは面白くても演出に物足りなさを感じる映画ではありました。

そして女優であるパッツィ・ケンジットさんは数多くの男を虜(とりこ)にするほど美しいので、パッツィさんの美貌と緊迫感をもたらすストーリーが、この映画の見所と言えるでしょう。

保存

保存

保存