映画『呪怨2』伽椰子の恐ろしい呪いが迫ってくる?

ホラーを感じさせる静寂

映画『呪怨2』では、伽椰子の呪いによって、次々に犠牲者が出て行くホラー映画です。しかし、このホラー映画をまだ見ていない方も多いと思うので、ネタをあまりバラさないようにキャスト・ストーリー・見所などを紹介しましょう。

『呪怨2』のキャスト

怖さを増幅させる水

伽椰子の呪いによって、多くの方たちが恐怖に怯えるようになってしまう映画『呪怨2』に出演していたキャストを紹介します。

小林俊介(演:柳ユーレイさん)

教師である小林は、生涯に幕を閉じてしまいますが、その原因は不明のままなので、刑事たちは困惑します。

鈴木響子(演:大家由祐子さん)

不動産を経営していた兄の息子の家へ訪れる事によって、響子は恐ろしい体験をする事になります。

鈴木達也(演:芦川誠さん)

達也は自分の頼みによって、妹を不幸な目に合わせてしまって落ち込んでしまいます。

鈴木信之(演:郭智博さん)

達也の息子である信之は、厄介な物件に住んだ事によって、伽椰子の呪いに怯えるようになります。

北田良美(演:藤井かほりさん) 

いわくつきの物件に住む事になった奥さんが、北田良美でした。所が、この奥さんはどこか様子がおかしくて、後に大きな悲劇を生む事になります。

佐伯俊雄(演:小山僚太さん)

物語の中でたびたび幽霊となって出現をするのが俊雄です。この俊雄は、多くの者たちを恐怖に陥れていきます。

佐伯伽椰子(演:藤貴子さん)

伽椰子の呪いが、次々に他人を襲っていき、呪怨の恐怖は広がっていくのです。 

『呪怨2』のストーリー

学校で迫ってくる幽霊

達也は不動産を経営していましたが、いわくつきの物件が売れなくて困りはてていました。そこで達也は、霊感の強い響子に物件を見てもらう事になりました。この物件こそ前作の呪怨で登場した村上柑菜の家だったのです。この家では多くの方が悲劇的な最後を遂げていました。そして響子が、いわくつきの物件を見たら恐ろしい幽霊を見てしまったのです。そこで響子は、兄へ「日本酒を飲ませてみて、まずそうにしていたら、この家を売らないで欲しいの」と伝えます。なぜなら日本酒は霊に反応しやすいので、この家で日本酒をまずそうに飲んだら、霊感が強い人間という可能性が高いので、悪い事が起きてしまうからでした。

そこで達也は、妹から指定された通りに、この家を買いたいと言ってきた人にお酒を飲ませます。しかし何も問題がなかったので家を売却しました。それを妹に伝えたら、響子は、いわくつきの物件が売れたので様子を見ようとします。売れてしまった家を見にいきます。そうしたら、その家に住んでいる奥さんのただならぬ気配に怯えて立ち去ります。響子はそこで知り合いに、いわくつきの物件で起きた事件について調べてもらうように頼みました。

そうしたら、教師の奥さんが悲劇的な最後を遂げた部屋に、達也の息子が住んでいる事が分かったのです。響子は、その資料を達也の会社に届けますが、達也が不在だったので会社の人間に渡してもらうように頼みます。そして響子は達也の息子の信之に会いにいきますが、そこで恐ろしいものを見てしまって気絶してしまうのです。

その頃、いわくつきの物件に住んでいた奥さんのもとへ 伽椰子から荷物が届けられてしまうのです。それを見た奥さんは性格が豹変してしまい夫を後ろから襲ってしまうのです。響子のほうは、あれから抜け殻のようになってしまって、両親の実家に預けられる事になってしまいました。達也は、こんな事になってしまい落ち込んでしまうのです。

そして達也は、いわくつきの物件に足を運んで様子を伺う事にしました。奥さんは当初こそ以前と変わらぬ様子でしたが、途中から豹変してしまいます。その様子に恐るようになった所で、達也の電話に着信音が鳴ります。そこで電話を取ったら猫の鳴き声が聞こえてきたのです。何と部屋の中には、真っ白な体をした俊雄が出現して、猫の鳴き声をあげていたのです。もはや逃げきれなくなった達也は声を叫ぶ事しかできませんでした。

伽椰子の呪いによって次々に犠牲者が出ていたので、ある刑事たちは、その事件を捜査していました。しかし、あまりにも怪奇事件で恐ろしくなった刑事は手を引こうとしました。しかし、手を引こうとした刑事にも呪いが迫ってきて刑事たちは恐怖のどん底に突き落とされてしまうのです。

家族が次々に不幸に見舞われてしまった信之が学校で掃除をしていたら、そこにも伽椰子の呪いが迫ってきました。信之は必死に学校中を逃げ回っていきますが、伽椰子そっくりの女性たちが大勢になって迫ってきたのです。はたして信之は逃げ切る事ができるのでしょうか?

『呪怨2』の見所

呪怨の恐怖を連想させる画像

呪怨2では、いわくつきの物件に住んでいる奥さんが恐怖感を煽る演技をしてくれたのは見応えがありました。頭を完全に下に向けている状態が恐怖を抱かせる効果を演出していましたね。ただし伽椰子にそっくりな女性が大勢登場する所は、評価の分かれる所でしょう。やはり幽霊をハッキリと演出させたら、興ざめする方もいるので、その辺りが呪怨シリーズで好みの分かれる所になります。

保存

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/