映画『呪怨 ザ・グラッジ3』呪いに終止符が打たれる?

世界に拡散する呪い

映画『呪怨 ザ・グラッジ3』では、アメリカにまで広がった呪いに終止符を打とうとするホラー映画です。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、ネタをあまりバラさないようにキャスト・ストーリー・見所などを紹介しましょう。

『呪怨 ザ・グラッジ3』のキャスト

シカゴの夜景

呪いが全世界へ広がっていく中で、多くの犠牲者が出ていく映画『呪怨 ザ・グラッジ3』に出演している一部のキャストを紹介します。

リサ(演:ジョアンナ・ブラッディさん) 

アメリカにまで拡がった呪いによって、身内のローズが危機に陥ってしまうので、懸命になってローズを助けようとします。

ローズ(演:ジェイディ・ホブソンさん) 

幼いローズには、小さな男の子が見えていましたが、その姿はリサには見えていませんでした。そして呪いは確実にローズに迫っていきます。

マックス(演:ギル・マッキニーさん) 

マックスは妹のローズを愛する心優しき男性でした。しかし男遊びがひどい妹のリサには、つねづね頭を悩ませていたのです。

ジェイク(演:マシュー・ナイトさん) 

伽倻子の呪いによって、家族の中で唯一助かったジェイクでしたが、その呪いは確実にジェイクを蝕んでいきました。そして病院で大いなる悲劇に見舞われます。

ナオコ(演:池端えみさん) 

日本にいたナオコは、伽倻子の呪いがアメリカにまで拡がった事を心配していました。そして決死の覚悟で訪米する事を決意。

『呪怨 ザ・グラッジ3』のストーリー

監視カメラに映ったもの

伽倻子の呪いがアメリカにまで上陸して、ジェイクの家族は、ジェイク以外の者たちは全て悲劇的な最後を遂げました。そしてジェイクは病院へ入院する事になりますが、伽倻子の呪いを恐れて、医師に助けを懇願します。しかし医師は真剣に取り合わないで、家族を失った反動で、精神状態が不安定なのだろうと思っていました。

そして監視カメラがジェイクを映していましたが、そこには信じられない映像が映し出されていました。医師は驚いてジェイクの元へ走りますが、もはや手遅れでした。そしてジェイクの家族が悲劇的な最後を遂げてしまった共同住宅では、管理者マックスの妹が恋人とイチャついていたのです。そして誤って、惨劇が行われてしまった部屋に入ってしまって、急いで部屋を出ます。そしてリサが部屋に戻ると、そこには妹のローズが男の子が見えるような話をしていたのです。しかしリサが周りを見渡しても、誰もいなかったのです。

伽倻子の呪いが静かにリサ達に迫ろうとしている中で、ナオコが、日本からリサ達が住んでいるアメリカの共同住宅へ引っ越してきました。ナオコは、実は伽倻子の妹で、呪いに終止符を打つために引っ越してきたのです。しかし、リサの周りでは、すでに呪いによって多くの犠牲者が出始めていました。そして心優しきマックスは、呪いによって性格が豹変してしまったのです。

ナオコは、このままではローズの身が危ないと言って、リサにローズを救出させます。そしてナオコは呪いに終止符を打つための儀式を行いますが、それにはローズが伽倻子の血を飲む必要がありました。リサは大事なローズにそのような事はさせられないと思って反対します。しかし、そうしているうちに呪いによって豹変したマックスが迫ってきたのです。はたしてナオコは呪いに終止符を打つ事ができるのでしょうか?

『呪怨 ザ・グラッジ3』の見所

アメリカで起きた恐怖

アメリカの呪怨シリーズのラストとなるのが『呪怨 ザ・グラッジ3』です。それ以降は新作は出ていないので、これから出るかどうか分かりませんが、ラストにふさわしく呪いに終止符を打とうとするストーリーになっていましたね。

この映画では、少しリサや医師たちが、しっかりしていれば被害を最小限に食い止められたのにと思う箇所がありました。そのもどかしさがあるので、感情移入しやすいホラー映画になっています。そして、この映画では幽霊の出現の仕方が、恐怖をあおるようなシーンもあります。そのため、幽霊の出現の仕方に注目する方は、ある程度は満足できる映画と言えるでしょう。

保存