映画『呪怨 黒い少女』生まれてこれなかった者の恨み?

黒い少女が見る光景

『呪怨 黒い少女』は、生まれてこれなかった者が、親娘に激しい復讐をしようとするホラー映画です。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所などを紹介しましょう。

『呪怨 黒い少女』のキャスト

黒い少女が伸ばす手

日本で恐れられている水子の霊。その霊によって激しい復讐が行われていく映画に出演していた一部のキャストを紹介します。

季和子(演:高樹マリアさん)

季和子は娘の芙季絵の精神が不安定なので、病院へ連れていく事になりますが、その原因は夫と喧嘩をする事だと思い込んでいました。

横田(演:勝村政信さん)

横田は希和子の夫でしたが、あまり真面目な男ではありませんでした。そのような事もあってか、妻と仲が悪くて、娘に心配をかけさせてしまう事になります。

芙季絵(演:松本花奈さん)

芙季絵は情緒不安定で病院へ入院していましたが、その病院から少しずつ呪いが広がっていく事になるのです。

裕子(演:加護亜依さん)

病院で看護師として働いていた裕子は、芙季絵を担当していましたが、ただならぬ気配を感じるようになって不安を抱くようになります。ちなみに加護亜依さんは元モーニング娘で、色々と苦労をされてきた方でしたが、女優として活躍しています。ちなみに私は、なっち・ヨッスィー派でしたけど。

徹也(演:瀬戸康史さん)

裕子に惹かれていた徹也でしたが、それが大きな呪いに巻き込まれていく事になります。

真理子(演:中村ゆりさん)

真理子は姉の頼みで、姪っ子である芙季絵を見る事になって、病院で除霊を行おうとするのです。

『呪怨 黒い少女』のストーリー

病院で精神状態を診察

アパートに住んでいる徹夜は、隣の部屋に住んでいる裕子が好きで、気になっていました。所が、裕子は以前まで愛想が良かったのに、最近になって全く相手にしてくれなくなったのです。その様子が気になっていた徹也に追い打ちをかけるように、深夜の時間帯に隣の部屋から大きな物音が出るようになって、その衝撃は徹也の部屋を揺らすほどでした。

徹夜は心配になって、仲間を呼びますが、何もなかったので徹夜は仕方なく外出しようとします。そこへ裕子が部屋に入っていくのを見たので部屋へ入っていきます。そして部屋の中で、裕子の身体がふらついていたので、心配になって近づこうとしたら徹也は得体の知れないものに引きずり込まれてしまったのです。

裕子がおかしくなったのは、彼女の職場でる病院が関係していました。裕子は看護師で芙季絵という女の子を担当していました。その芙季絵は情緒不安定に陥っていました。芙季絵の母親である季和子は夫である横田と喧嘩をする事が娘に悪い影響を与えてしまったと考えていました。所が、その原因は産んであげられなかった違う娘の霊が災いしている事に気付きます。

季和子は、心霊に詳しい妹の真理子に助けを求める事にして、芙季絵に取り付いた水子の霊を除霊しようとします。そして真理子の活躍のお陰で、芙季絵に取り憑いていた霊を除霊できたのです。しかし、真理子の家に幽霊が襲いかかって、真理子の家族が次々に犠牲になっていったのです。

確かに除霊は成功したはずなのに、なぜ真理子の家族は犠牲になってしまったのでしょうか?しかし、真理子たちが襲われてしまう原因を真理子は気づいたのです。そして真理子は決着を付けるために、芙季絵を病院の屋上へ連れていく事にしたのです。はたして真理子は何に気付いたのでしょうか?

『呪怨 黒い少女』の見所

黒い少女の恐怖

白い老女に比べたら、黒い少女は分かりやすいストーリーで面白かったですね。怖さはそれほど感じなかったのですが、ラストのシーンで、水子の霊が復讐できた意外性には、少し唸らされるものがありましたね。

そのためホラーの怖さは物足りない映画ですが、ストーリーは面白い映画という感じがする作品でした。