映画『呪怨 ザ・ファイナル』呪いは終わらない?

呪怨の雰囲気がでる壁

呪怨シリーズではラスト作となるのが『呪怨 ザ・ファイナル』です。いよいよ、おぞましい呪いが終わろうとしますが、またもや犠牲者が続出してしまいます。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、ネタをあまりバラさないように、キャスト・ストーリー・主題歌・見所などを紹介しましょう。

『呪怨 ザ・ファイナル』のキャスト

f:id:akira2013web:20171023194726j:plain

呪怨のラスト作となる映画に出演している一部のキャストを紹介します。

生野麻衣(演:平愛梨さん)

麻衣を演じるのは、外国で活躍しているサッカー選手長友佑都さんと結婚された平愛梨さんです。この映画では、妹である結衣の行方を追っていくなかで呪いに近づいてしまいます。

生野結衣(演:佐々木希さん)

俊雄を担当する事によって、呪いに巻き込まれた結衣は姉に何も連絡できないうちに、行方不明になってしまうのです。

北村奏太(演:桐山漣さん)

麻衣と一緒に住んでいた奏太は、妹を心配する彼女を勇気付けようとしますが、次第に呪いに巻き込まれていきます。

竹田京介(演:袴田吉彦さん)

京介は呪いを断ち切るために、呪いの家をなくして更地にしました。しかし、その更地に麻依が訪ねてきます。

玲央(演:おのののかさん)

俊雄の家で不幸な出来事が起きてしまって、玲央は俊雄を預かる事になりました。しかし、その日から玲央や友達が次々に不幸に見舞われてしまうのです。

碧(演:柳ゆり菜さん)

玲央の友達である碧には、姉がいました。その姉に会う事を願っていましたが、悲劇的な結末が待ち構えていました。

まどか(演:松浦雅さん)

まどかは俊雄に興味を持って、俊雄の家で起きた事件を調べようとします。しかし、その興味本位な所が、呪いに迫られる事になります。

佐伯俊雄(演:小林颯さん)

俊雄は、玲央の家に住む事になりますが、玲央は俊雄のおかしな様子に疑問を持つようになります。

佐伯伽椰子(演:最所美咲さん)

夫と口論する事によって、凄惨な事件に発展してしまい呪怨がある家にできてしまいます。その呪怨は多くの方たちを不幸のどん底に突き落としてしまうのです。

『呪怨 ザ・ファイナル』のストーリー

何か出てきそうな部屋

京介は呪いを断ち切るために、遂に呪いの家を更地にして満悦感にひたります。所が、その呪いの家に住んでいた俊雄は、身内の叔母に家まで連れていかれてしまったのです。そこで叔母と叔母の娘である玲央と一緒に住む事になってしまいました。

その頃、結衣の姉である麻依は、行方が分からなくなってしまった妹が気になっていました。 そして麻依が寝ている時に、夢の中で結衣が現れて「この子、俊雄君って言うの」と言ってきたのです。その夢を見てから、麻依や、麻依と一緒に住んでいた奏太は、得体の知れない者につきまとわれていく事になるのです。

玲央は俊雄に話しかけても全く答えてくれないので、母親に詳しく聴いてみたら、最近になって母親を失ってしまった事を教えられるのです。玲央も父親をなくしていたので、その辛さがよく分かったので俊雄に優しく接していこうとするのです。そして学校の友達に、俊雄という男の子と一緒に住む事を教えたら、いつか会わせてと頼まれてしまいます。 そして玲央の友達である碧やまどかを家に連れていく時に、弟を部屋に連れてきたら、まどかには可愛い男の子に見えました。しかし、碧には少し気味が悪く見えてしまったのです。

翌日になって、玲央たち3人は再び学校から帰宅する中で、俊雄の話になります。そこで玲央が、俊雄には母親が亡くなってしまった事を教えたら、まどかは亡くなった原因を調べようとします。それを、碧は止めて、一人だけでカラオケに行ってしまうのです。まどかはカラオケで、いなくなってしまった姉の写真を見て、会いたいと願っていたら、そこに碧の姉が突然現れます。それに驚きますが、その姉は妹の顔を掴んで持ち上げてしまうのです。それにもがき苦しんでしまって、ついにカラオケルームで碧が悲劇的な最後を遂げてしまいます。

その頃、まどかはカフェで俊雄の事を調べていたら、父親が猟奇的な事件を起こした事が分かったので、それを玲央に伝えるのです。サイトのアドレスも送信されたので、玲央がそのサイトを見たら、そこに掲載されていた画像は、まぎれもない俊雄の顔だったのです。そこで玲央は俊雄に会おうとしたら、その俊雄の体から、白い肌をした俊雄の幽霊が出てきました。それに驚いて逃げていく玲央ですが、幽霊は容赦無く迫ってきたので、母親と一緒に部屋へ逃げ込みます。しかし逃げ場は無くなってしまったのです。

玲央たちがピンチに陥っていた時に、玲央と一緒に住んでいた奏太は、麻依が気にしていた俊雄に会おうとします。所が、俊雄に会ってしまった事で、奏太も悲劇的な最後を遂げてしまうのです。麻依は自宅へ帰宅した時に、変わり果てた奏太を見て愕然とします。

そこで麻依は、呪いの原因となっている俊雄に会おうとして、玲央たちが住んでいる家へ入る事にしました。そこには玲央と母親たちが現れますが、もはや生きている人間ではありませんでした。その圧倒的な恐怖から逃れようとしますが、伽倻子が迫ってきて、麻依は足をつかまれてしまうのです。そして背後を振り返ったら、それは伽倻子ではなく、いなくなっていた結衣だったのです。そこで結衣は「終わりはないの」と言いながら不敵な笑みを浮かべます。はたして、本当に呪怨に終わりはないのでしょうか?そして麻依はどうなってしまうのでしょうか?

『呪怨 ザ・ファイナル』の主題歌

www.akira-blog.com

呪怨のラスト作となるザ・ファイナルの主題歌は、Doubleさんの『Circle of Life』 になります。歌声は透き通った美しい声ですが「誰かさんが消えた、後ろの正面だあれ。誰かさんと消えた」というフレーズは、呪怨のストーリーによく合っている曲だなと感じますね。「呪怨 -終わりの始まり-」の主題歌に比べたら、それほど怖くない主題歌ですが、Doubleさんの歌は呪怨のストーリーによく合う主題歌でした。

『呪怨 ザ・ファイナル』の見所

呪怨の恐怖

呪怨のラスト作を見た感想としては、こういう終わり方かという感じでした。もう少しストーリーが完全に終わる感じでも良かったような気もしました。そのようなラスト作でしたが、佐々木希さんと平愛梨さんという二大美女が共演したのは、豪華な感じがして好きでしたね。そしてストーリーが進むにつれて、姉だと思っていた者が襲いかかってくるシーンなど意外な展開が、大きな見所と言えます。

保存

保存