『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』を紹介

黒百合の怪しさ

クロユリ団地に住んでいた瑞穂は少しずつ様子がおかしくなっていきます。そのような娘を見かねた瑞穂の母親は、娘の親友に助けを求める事にします。そこで、このDVDを見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・あらすじ・見所を紹介しましょう。

『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』のキャスト

図書室の画像

言動がおかしくなっていった瑞穂が、みのる君という誰にも見えない人物に話しかけていく『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』に出演している一部のキャストを紹介します。

宗形 瑞穂(演:三浦由衣さん)

瑞穂は、ある人物を助けようとする正義感の強い少女でした。しかし瑞穂はいじめられるようになってしまって、遂に不思議な言動をとるようになっていくのです。

新堂 真美(演:相楽樹さん)

瑞穂の友達である真美は、瑞穂の母親に頼まれて、瑞穂の家に泊まる事になります。所が、その夜に、変わり果てた瑞穂が恐ろしく感じてしまいます。

安達 恵理子(演:坂野真理さん)

瑞穂をいじめているうちの一人が恵理子でした。恵理子たちは真美に瑞穂の様子を確認してきます。

栗本 彩乃(演:内海亜純さん)

彩乃も恵理子と同じで、瑞穂をイジメている女子生徒でした。しかし彩乃たちは、後になって恐ろしい目にあってしまうのです。

『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』のあらすじ

瑞穂がブランコで遊ぶ

クロユリ団地に住んでいた瑞穂は、少しずつ様子がおかしくなってきたので、母親は心配するようになりました。そこで瑞穂の母親は、娘の友達である真美に、瑞穂に会いに来てくれるように頼みます。そして真美は瑞穂の家に泊まる事になりますが、瑞穂は話しかけられても何も答えません。所が深夜の時間帯になって、真美が寝ようとした所で、瑞穂が上から見下ろして「本当は何をしにきたの?」と笑い出します。

そして瑞穂は外へ歩き出してブランコに座り込みます。真美は隣のブランコに座ろうとしたら、瑞穂は大きな悲鳴を上げて「そこはみのる君の所だから」と答えるのです。

翌日になって、学校では恵理子や彩乃たちは、真美から瑞穂の様子を教えてもらいます。そして今度は3人で瑞穂の家を訪れる事にしますが、恵理子や彩乃たちはここでも瑞穂にからみだします。それを見た真美はたしなめようとしますが、二人は反省するそぶりを見せません。そこで二人は瑞穂の部屋に落ちていたおもちゃを拾おうとしたら、瑞穂が大きな奇声を上げます。

二人は精神がおかしくなったものと断定して、あれなら先生に言われる事もないだろうと安心して帰ります。そして学校では二人が瑞穂の事を笑い話にしていた所で、再び真美がたしなめようとして3人の間で不穏な空気が流れます。所が、学校にまで、瑞穂が裸足で近づいてきたのです。

そして瑞穂は、おもいっきり突き飛ばしてきて、3人は恐ろしくなって逃げていきます。しかし二人たちは瑞穂に追いつかれてしまいます。そして瑞穂は、みのるという知らない者に話しかけて、二人は次々に異空間に引きずり込まれてしまうのです。

図書館にひそんでいた真美は、少女時代にいじめられていた時に瑞穂が助けようとしていた事や、瑞穂を助けられなかった事を思い出していました。そこへ瑞穂が迫ってきて「真美ちゃんは悪くない。しょうがなかったんだよね」と笑いかけます。瑞穂は、座り込んでいた真美に対して、優しく微笑みかけて手を差し伸べます。はたして瑞穂は、真美だけは逃すのでしょうか?そして、みのる君はなぜ多くの者たちを異空間へ引きずり込んでいくのでしょうか。

『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』の見所

ホラーに悩む女性

『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』では、瑞穂が学校でいじめっ子たちに迫っていき、手を叩きながら追い込んでいく所は最も怖く感じる所です。ただし異空間に引きずり込まれる所は、もう少し怖さを感じさせる演出が欲しかったというのが本音ですね。

そして『クロユリ団地〜序章〜 第3-4話 親友』は、幽霊の怖さというよりは、友情が壊れていく悲しさを感じさせるストーリーになっています。そのため少し切ないホラー映画という感じがしますね。