吉野朝太平記 2(鷲尾雨工)の書評

吉野で花見

吉野朝太平記 2では、高師直の専横が凄まじく、多くの武士や僧たちから反感を買うことになります。そして北朝が仲違いをして、激しい戦が行われていくので、あまりネタをバラさないように、詳しく紹介します。

『吉野朝太平記 2(鷲尾雨工)』のストーリー

高師直の火攻め

南朝の楠正義は、北朝の力をそぐために、離間の策を講じます。この策は見事に的中して、足利直義一派と高師直は激しく対立するようになります。それでも高師直は、北朝の武将として南朝へ進軍を開始します。南朝側は先の大戦で、多くの兵を失っていた事もあって、高師直は簡単に占領できるものと思っていました。

所が、楠正義は敵の裏をかいて、ひそかに遷都していたのです。そのため北朝の高軍が吉野にせまった時はもぬけの空でした。所が、傲慢な高師直は、後醍醐天皇のゆかりの寺を燃やすという暴挙に出ます。これには部下も思いとどまるように進言しますが、聞く耳を持ちません。

吉野が焦土と化して、満悦感にひたった高師直でしたが、楠正義は3千の兵を引き連れて、奇襲攻撃をしかけます。これには大軍だった高軍でも大混乱に陥って敗走していきました。

そのような事があっても、北朝の仲違いは決定的になって、足利直義は、高師直に追われる身となります。そこで足利尊氏は直義をかくまいますが、高師直は北朝の総大将である足利尊氏に厳しい条件を突きつけてきます。 足利尊氏はその条件を呑みますが、足利一門や各大名達の高師直への怒りは頂点に達しました。

足利直義は南朝に降伏して、高師直と対決姿勢を鮮明にします。さらに足利直冬・上杉・畠山・石堂も出兵して、足利尊氏と高師直は防戦一方になるのです。そして高師直めがけて、前方から足利直義、後方から足利直冬、側面から上杉・畠山・石堂が怒涛のごとく押し寄せてきたのです。高師直が率いる兵は2万5千以下ですが、足利直義勢は4万を超える大軍でした。高師直は北朝きっての猛将ですが、はたして足利直義勢に勝つ事はできるのでしょうか?

『吉野朝太平記 2(鷲尾雨工)』から伝わる事

如意輪寺の画像

高師直の横暴によって、多くの敵を作ってしまい、高軍は四面楚歌の状態に陥ってしまいます。 このような事は残念ながら、日本の歴史では何回も起きていて、天下を取った平氏が公家から敵視されて、織田信長の強引なやり方に家臣の裏切りにあう事などがあります。

このような所は現代でも通じるものがあって、他人に嫌な事を言ったら、同じように嫌な事を言われてしまうので気を付けたい所です。しかし人間というのは、思わず図に乗ってしまう事があって、私も若い頃は何回も失敗した事があります。そのため、高師直の横暴ぶりを反面教師として、慎みたい所ですね。

『吉野朝太平記 2(鷲尾雨工)』の見所

勧善懲悪を表す像

吉野町太平記2では、横暴を極めた高師直がいよいよ追い詰められる所が、最大の見所です。実際に日本人は勧善懲悪や仇討ちの物語が大好きな所があります。そのため、横暴で悪辣な高師直が懲らしめられる所は読んでいると爽快な気分になってしまう方もいるかもしれません。

ただし吉野町太平記は、南朝側の小説なので、高師直を史実より悪く書いている可能性があるので、その辺りはその時代に生きている人にしかわからない所はあります(寺を燃やしたのは事実のようです)。

保存