映画『ケージ・ダイブ』のストーリー・キャスト・感想を紹介

ケージ・ダイブというアクション映画では、三人の男女がケージダイブしますが、三角関係が原因になってサメを引き寄せる事になってしまいます。そこで、この映画をまだ見ていない方のために、あまりネタをバラなさいように、ストーリー・キャスト・見所を紹介します。

『ケージ・ダイブ』のストーリー

サメの恐怖

2015年に海へダイビングしていたら、あるビデオカメラが発見されました。そのビデオカメラにはSDカードが入っていて、故障していなかったのです。そこでSDカードをパソコンにセットしてみたら、恐ろしい映像が記録されていました。

SDカードには、ジェフ・ジョシュ・メーガンという三人がアメリカから、オーストラリアへ旅立つ所が記録されていたのです。ジェフとジョシュは二人とも兄弟でしたが、実は三角関係に陥っていたのです。ジェフとメーガンは愛し合っていましたが、ジェフに隠れて、メーガンはジェフの兄であるジョシュとも深い関係でした。

メーガンとジョシュは、深い関係にある事をジェフに内緒にしながら、ある計画を立てます。それは賞金を手にいれるために、サメが多く泳いでいる海にケージでダイブをした所を撮影するという危険な計画でした。ケージで守られているとは言え、サメが近寄ってくるので危険はありますが、その映像が認められたら10万ドルの賞金が手に入ります。日本では円安が進んでいて、1ドル110円以上になっているので、日本円にしたら1,100万円にもなる大金です(2017年11月時点)。

三人は事前に、ケージ・ダイブをする際の注意事項を勉強します。注意すべきポイントは3つありました。1つ目は水音を立てない・2つ目は夜には泳がない・3つ目は一人で泳がないという事でした。水音を立てたらサメに気づかれますし、夜はサメが狩りに出かける時間帯で、一人で泳いでいたら恐れやすいのです。そして、三人はビデオカメラで撮影をしながら、クルーザーへ乗り込みます。そしてローブで結んだ肉のかたまりを海に落として、サメを引き寄せました。三人は意を決してケージに入って、海に潜っていきます。

ケージの中から至近距離で見るサメは迫力満点でした。所が、その時です。クルーザーが高波にのまれてしまって、三人はケージから飛び出してしまいました。三人は急いで逃げようとしますが、船に乗っていた者は次々に襲われます。

所が船が通りかかったので、ジョシュは助けを求めるために向かおうとしますが、メーガンは人数が減ると危ないと思って反対します。ジョシュはせっかくのチャンスだったのにと残念がりますが、その後にクルーザーにあったと思われるイカダが流れてきたのです。そのイカダには救難信号を知らせる道具から食料までありました。これで三人は助かると思ったのですが、メーガンはすぐに助けを呼びたくて、夜中なのに照明弾を発射しようとします。それを周りの男たちは止めようとしますが、メーガンは聞こうとしないでイカダを燃やしてしまったのです。

メーガンとジョシュは口論するうちに、二人が深い関係になっている事が、ジェフにバレてしまいます。それにジェフは激怒して仲間割れを始めるのです。その時にゆっくりとサメが近づいて三人に襲いかかってきました。はたして、三人は無事に陸へ戻る事ができるのでしょうか?

『ケージ・ダイブ』のキャスト

高波にのまれた船

2017年8月13日に日本で上映されたオーストラリア映画『ケージ・ダイブ』は、人間関係の難しさや、サメの恐怖を伝えています(DVDの収録時間は80分)。

  • 監督:ジェラルド・ラシオナート
  • 脚本:ジェラルド・ラシオナート

ケージ・ダイブに出演している一部のキャストの名前・役名などを紹介します。

  • ジョエル・ホーガン
  • ミーガン・ペータ・ヒル
  • ジョシュ・ポソフ
  • ピート・バレー
  • マーク・フェル

『ケージ・ダイブ』の感想

サメの恐怖に絶望する女性

ケージ・ダイブという無謀に近い挑戦をする人間たちが、サメに襲われる映画の残念な所や、見所を紹介します。

ケージ・ダイブの残念な所

サメに襲われるアクション映画は数多くありますが、この映画はサメに襲われるシーンが短くなっています。どちらかと言えば、三人の人間関係に焦点を当てているアクション映画です。そのため、サメに襲われるシーンを多く見たい方には、少し物足りなく感じるかもしれません。

ケージ・ダイブの見所

高波が原因で、三人がサメに襲われていくのは、無謀な挑戦をした事が原因でも痛ましい事故です。それでも助かるチャンスは最低でも2回はありました。1つ目は近くに船が通りかかった時と、2つ目はイカダを手にいれた時です。所が、その2つのチャンスを台無しにしたのがメーガンで、三角関係に陥る原因を作ったのもメーガンです。

サメに襲われるアクション映画では、誰かが大きな原因を作ってサメに襲われる事になりますが、このメーガンの身勝手なふるまいには少し同情できない所があります。そのため、感情移入しやすい映画なので、サメに襲われても多くの方が見やすい映画になっているのがケージ・ダイブの大きな見所です。