吉野朝太平記 3(鷲尾雨工)の書評

京都にある和傘

吉野朝太平記 3では、楠木正儀の離間の策によって、足利尊氏と直義兄弟が、骨肉の争いをしていきます。その間隙を縫って、いよいよ南朝が京都を奪還しようと動き出します。そこで、吉野朝太平記 3を読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないように詳しく紹介します。

『吉野朝太平記 3』のストーリー

日本一の富士山

足利直義の館では、高師直を討ち取った知らせに、足利直義の奥方である北の方は狂喜しました。それだけ高師直の傍若無人な振る舞いは目に余るものがあったのです。その北の方には、泰姫という親戚がいました。実は泰姫は、足利尊氏から寵愛を受けていた命鶴丸から、ある事を頼まれていました。それは足利直義と北の方の嫡男『松若』に手をかけるというものだったのです。

松若は呪われた子であるという噂があって、北朝で醜い争いが起きてしまうのは、松若のせいであると命鶴丸は考えたのです。そこで命鶴丸は足利尊氏には何も報告をしないで、密かに泰姫に手をかけさせました。そのやり方は毒を用いたものだったので、泰姫や命鶴丸によるものと分かるものではありませんでした。

しかし足利直義には勘付かれてしまい、足利直義と足利尊氏の間で、抜き差しならぬ対立を生む事になります。南朝の楠木正儀は、北朝へ離間の策を次々にしかけていき、北朝の内部分裂は止まる所を知りませんでした。そして楠木正儀の暗躍によって、何と北朝の大大名である赤松家が南朝に降伏してきたのです。

足利直義の味方である足利直冬は、九州を地盤にしていたので、足利直義一派は畿内から九州まで大勢力を誇っていました。しかし赤松家の寝返りによって、播磨・摂津・因幡・美作・備前の5カ国で寸断されてしまったのです。そして足利尊氏は南朝へ偽りの投降をして、遂に弟である足利直義を討伐しようと出兵します。東国で戦火を交えますが、足利直義は防戦一方になって、捕らえられてしまいます。土牢のような所で閉じ込められた足利直義は、命までは取らないだろうと思っていましたが、足利尊氏は封建制度を守るために非情の決断を下します。足利直義は、その決断に悶絶して、呪いの言葉をわめきながら、ついに力尽きるのです。

その頃、南朝の楠木正儀は時節到来と判断を下して、遂に京都奪還のために出兵します。京都を守るのは、足利義詮でした。京都には十分な兵力がありましたが、未明による奇襲攻撃に北朝は浮き足立ちます。そして北朝は細川の東西両軍八千が、うちのめされてしまうのです。勢いに乗る楠木勢は京都の中心部に迫ります。はたして、楠木正儀は京都を奪還する事ができるのでしょうか?

『吉野朝太平記 3』から伝わる事

京都の禅寺

泰姫が足利直義の身内であるにも関わらず、命鶴丸の頼みを聞いたのは、命鶴丸に惚れ込んでいた事が原因でした。しかし、その行為が一族同士を血みどろの戦いに陥れてしまう事になります。恋は盲目と言われているように、正しい判断を下せなくなってしまいます。そのため、好きな人ができたとしても、恋人の頼みを本当に聞いて良いものかどうか、よく考えてみる事が重要です。

『吉野朝太平記 3』の見所

土牢の過酷さ

足利尊氏と足利直義の対立と言えば、大河ドラマ『太平記』で、真田広之さんと高嶋政伸さんの迫真の演技が今でもよく覚えていますね。吉野朝太平記は、南朝が主役とは言え、この3巻の最大の見所はやはり足利直義が命を落としてしまう所ですね。信じていた兄に不意打ちを受けてしまい、呪いながら苦しむ姿は、小説の文字だけでも十分に伝わってくるものがありました。