映画『あずみ』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

山の中で稽古

あずみは、上戸彩さんが主演を務めたアクション映画で、刺客となって徳川家康と敵対する大名たちを仕留めて行くストーリーです。そこで、この映画『あずみ』を見ていない方のために、あまりネタをバラさないように、キャスト・ストーリー・感想を紹介しましょう。

『あずみ』のキャスト

敵の陣地

2003年5月10日に上映された日本映画『あずみ』は、あずみを演じる上戸彩さんが、信じられないほどの素早い動きで、敵を切り倒していきます(DVDの収録時間は142分)。

  • 監督:北村龍平
  • 脚本:水島力也、桐山勲

映画『あずみ』に出演している一部のキャストを紹介します。

  • あずみ(演:上戸彩)
  • ひゅうが(演:小橋賢児)
  • うきは(演:成宮寛貴)
  • なち(演:小栗旬)
  • やえ(演:岡本綾)
  • あまぎ(演:金子貴俊)
  • 長戸(演:榊英雄)
  • 爺(演:原田芳雄)
  • 南光坊天海(演:佐藤慶)
  • 浅野長政(演:伊武雅刀)
  • 飛猿(演:松本実)
  • 最上美女丸(演:オダギリジョー)
  • 井上勘兵衛(演:北村一輝)
  • 加藤清正(演:竹中直人)

『あずみ』のストーリー

徳川家康の像

あずみは、ひとりぼっちになっている所を爺たちに手を差し伸べられます。その爺の元には、あずみだけではなく多くの少年たちもいて、剣の稽古をつけられていき、たくましく成長していきました。あずみたちが、厳しい稽古をつけていたのは、

あずみたちは立派な刺客に成長して、いよいよ外界に出て使命を果たす時が来ます。所が、爺はまず仲良しの2人と組むように命じたのです。あずみたちは喜びながら、仲良しの組みが5つできました。所が、そこで爺は、仲良しになった者を斬るように命じたのです。友を斬れない者には刺客が務まらないと考えたからです。あずみは少女時代の頃から仲の良かった、なちを斬ることになり、10人いた仲間たちは5人に減ってしまいました。

村へ下りていった爺たちは、野党が村人を襲う所に遭遇します。しかし爺は、使命とは関係のない所で剣をふるう事を許しません。それにあずみたちは納得できませんが、その間に村人は全滅します。そこへ長戸が、天海からの命令を伝えにきました。それは、主君『徳川家康』に敵対する浅野長政・加藤清正・真田昌幸を仕留める事を知らせるものでした。

あずみたちは、まず浅野長政を仕留めるために向かいますが、そこで釣りを楽しむ武士がいました。釣りをした事がないあずみが不思議そうにしていると、長政は笑いながら釣りの楽しみを教えるのです。そこで2人は共に名前を名乗る事にしましたが、この人物こそ浅野長政だったのです。あずみは想像していたような悪人ではなくショックを受けますが、使命を果たすために浅野長政を仕留めるのです。

あずみたちは、次に加藤清正一行を狙いますが、そこには清正の部下である官兵衛や飛猿たちがいて、激しい斬り合いになります。そこで、あまぎは忍者の飛び道具を腕に刺されてしまいますが、すぐに抜き取って応戦して、ついに清正を討ちます。あずみたちは、爺に清正の部下たちはたいした事がなかったと笑いながら報告します。

しかし報告の中で、忍者がいた事に爺は驚いて「怪我をした者はおらんだろうな?忍者は飛び道具に毒を塗っているからな」と言いますが、あまぎは怪我をした事を隠してしまいます。所が清正は、実は生きていて、あずみたちが仕留めたのは影武者でした。爺たちは再び出立しようとしますが、日向は途中で知り合った旅芸人のやえが忘れられなくて、爺に許しを得て八重に会いに行きます。その間に長戸がやってきて、仕留めたのは影武者である事を伝えて、清正側が襲撃を企んでいる事を伝えます。

爺たちは急いで出立しようとしますが、そこで、あまぎの様子がおかしい事に気づいて調べてみたら毒が回っていた事に驚いて、爺は「なぜ黙っていた」と怒ります。あずみたちは、やえに会いに行こうとしたら、清正が差し向けた野党が、旅芸人たちを襲いかかっていたのです。あずみたちは、やえだけを何とか助け出します。あずみたちは小屋へ戻ったら、あまぎが助からないので、置いていく爺たちと口論して離れ離れになってしまいます。

清正側では、刺客たちは強敵と判断して、美女丸を牢から出して協力するように言います。そして、ひゅうがはやえと一緒に歩いている所で、飛猿は「俺の鼻は犬並みなんだよ」と笑いながら現れて、その隣には長髪で赤い花を持った美女丸の姿もありました。美女丸とひゅうがは斬り合う事になりますが、美女丸のあまりの早い太刀捌きはひゅうがには見えませんでした。しかし美女丸はすぐにはひゅうがをしとめようとしないで、急所をはずしながら楽しみながら切り刻んでいったのです。

ひゅうがは血まみれになりながら、やえのほうを見ましたが、それを美女丸は楽しみながら笑みを浮かべて見つめます。美女丸は「痛いよねぇ?」と言いながら、さらにひゅうがをわざと仕留めないで苦しめようとするので、飛猿は「お前の悪趣味には虫酸が走る」と言って、ひゅうがにとどめをさします。やえは、あずみと再会して、一緒に私の故郷の丹後に来てみないと誘いますが、あずみには使命があったので旅立っていきます。

その頃、爺たちは清正の屋敷を襲撃しますが、襲撃は予期されていて、返りうちにあってしまうのです。官兵衛は、わざと爺を生け捕りにして、あずみを誘い込む事にしました。そして、あずみは清正が集めた武士や野党たちを急襲します。

あずみのあまりの身体能力の前に、武士や野党たちは次々に切り捨てられていき、その太刀さばきはやぐらを倒壊させるほどでした。これに美女丸は「すごいよ、あの娘、すごい、飛猿」と興奮します。そして、あずみと美女丸がついに一騎打ちをする事にします。はたして、あずみは美女丸や清正を討つ事ができるのでしょうか?

『あずみ』の感想

関ヶ原の古戦場

映画『あずみ』では、豪華なキャスト陣に目を奪われがちですが、どのようなアクション映画なのか?私が見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

あずみの残念な所

小栗旬さんが演じる、なちが早い段階で討たれてしまう所は残念でしたね。小栗旬さんの存在感を考えたら、もう少し登場シーンを見たかったなというのが率直な感想ですね。そして天海が関ヶ原の戦いが終わった後に、爺に語りかけるシーンがありましたが、できれば関ヶ原の戦いも見たかったというのもありました。そこは刺客が主役となるアクション映画なので、仕方ないのかなという感じがありましたが、残念な所でした。

あずみの見所

私は、あずみの映画では美女丸のあまりのクレイジーすぎる性格が好きで、この映画で初めてオダギリジョーさんを知りました。その後に大河ドラマ『新撰組』を見た時にオダギリジョーさんを見たら「どこかで見た事があるなぁ?」と思っていたら、同一人物である事に気づいた時は、驚かされましたね。それだけオダギリジョーさんが、役柄によって、見事に演じ分けていたという事なんですよね。

そして、映画『あずみ』の見所は二つあって、強い個々のキャラクターとあずみの素早い動きです。実際に、美女丸のナルシストでクレイジーな性格や、飛猿の面白みのある性格は見ていて面白かったですね。