映画『着信アリ Final』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

着信アリ Finalでは、ある学校の生徒たちが韓国へ修学旅行をする事になります。所が、その旅行中に呪いの着信が届く事になって、その呪いを転送しなければ命を落としてしまうのです。そこで、この映画を見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・感想を紹介しましょう。

『着信アリ Final』のキャスト

韓国へ向かう豪華客船

2006年6月24日に日本国内で公開された日本映画『着信アリ Final』は、日本から離れた所でも、容赦なく呪いの着信が届いていき、犠牲者が続出します(DVDの収録時間は105分)。

  • 監督:麻生学
  • 脚本:大良美波子・真二郎

映画『着信アリ Final』に出演している一部のキャストを紹介します。

  • 松田明日香(演:堀北真希)
  • 草間えみり(演:黒木メイサ)
  • 楠木あずさ(演:天川美穂)
  • 木部 義孝(演:板尾創路)
  • アン・ジヌ(演:チャン・グンソク)
  • 水沼美々子(演:大島かれん・吉永毎莉奈)

『着信アリ Final』のストーリー

首を吊るロープ

えみりは、クラスメートたちと一緒に韓国へ修学旅行する事になりました。その旅行は楽しいはずでした。所が、その影で明日香という女子生徒がパソコンの前で復讐に燃えていたのです。なぜなら明日香は、イジメでパムという女子生徒を首吊りにまで追い込んでおきながら何も反省しようとしないクラスメートたちに、嫌悪感を抱いていたからです。

そして大型客船の中では、修学旅行を楽しんでいたクラスメートたちのもとへ、遂に呪いの着信が届きます。その着信は、あすかの携帯でしたが、聞いた事もない着メロだったので動揺します。所が、その着信は、あずさ本人から、かけられたものでした。しかも携帯の画面にはあずさが首を吊っている画像まで表示されていたのですが、それはパムが首を吊った画像と酷似していたのです。

クラスメートたちはパムの呪いじゃないのかとささやきあいますが、パムは首を吊りはしたものの一命だけはとりとめて昏睡状態に陥っていたのです。そのため、えみりの呪いの訳がないと思いました。しかし、あずさはその後に市場で首を吊る事になってしまったのです。

その後も呪いの着信は届くようになっていって、他の人間に転送しなければ助かるような事が携帯に表示されていました。生徒たちは自分だけは助かろうとして疑心暗鬼に陥ってしまって醜い争いを続けるようになったのです。そんな混乱を苦々しく思った木部先生は、生徒たちから携帯を没収する事にします。その手法は強引なもので、他の教師から抗議されますが、意に介しません。

所が、エレベーターに入った所で木部先生は自らの手で心臓をえぐり出して、生き絶えたのです。生徒たちは、その光景を見てしまって、恐怖におののきます。えみりは、韓国にいる彼氏であるジヌに相談する事になって、2人は協力して呪いの着信を止めようとします。えみりは電話で何回も明日香に電話をしますが、明日香は呪いを止めようとはしないで、パソコンの画面に映し出されているクラスメートの集合写真の顔に、マウスカーソルを当てていきます。

マウスカーソルで、次の標的を決めていき、明日香は次々に命を落としていく生徒たちの苦しみをパソコンで見て高い笑するのです。しかし、その明日香の姿は、今まで呪いの着信を送っていた美々子の姿と重なって現れていたのです。

ジヌやえみりたちは呪いを食い止めるために、多くの人たちの協力を求めて、呪いを止めようとします。その方法は、呪いのアドレスにメールを大量送信して、明日香が操作しているパソコンをフリーズさせるものでした。その協力の呼びかけをインターネットで見ていた人たちが一斉にメールを作成して送信していきます。はたして、えみりたちは明日香の暴走を食い止める事ができるのでしょうか?

『着信アリ Final』の感想

学校で行われたイジメ

着信アリシリーズのラストを飾る作品『着信アリ Final』では、堀北真希さんと黒木メイサさんという豪華なW主演が実現したホラー映画でした。そのような豪華なキャストで作られた映画はどのようなものか?私が見た感想を紹介します。

着信アリ Finalの残念な所

着信アリ Finalが始まる所で、パムがいじめられるシーンが出てきますが、ああいうシーンはもう少し自制したほうが良いのではないかと思ってしまいますね。実際に日本では、イジメが未だに深刻な問題になっていますから。そのため、イジメのようなシーンを見たくない方が、この映画を見る時には注意したほうが良いでしょう。

着信アリ Finalの見所

呪いの着信が受信されても、他の人間に転送したら助かる事から、人間たちが醜い争いをしていきます。その醜い姿を楽しみ明日香が、パソコンを使って、次々に標的を決めていくあたりが、人間の怖さと醜さをよく表していて、この映画の最大の見所になっています。

この映画では霊が出現する怖さはそれほどのものではありませんが、霊によって命を落とす人間の無残な姿のほうが、怖く感じましたね。