映画『SING/シング』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

SING/シングは、動物たちが光と音による美しい歌のコンテストを行おうとする3Dアニメ映画です。しかし問題を起こす動物たちが多く参加する事によって、劇場は崩壊の危機に瀕しますが、動物たちが団結して歌のコンテストを実現させようとするのです。

『SING/シング』のキャスト

SING/シングの声優

引用:http://sing-movie.jp/news/

2016年12月21日にアメリカ合衆国で公開されたアメリカの3Dアニメ映画『SING/シング』は、コアラのバスタームーンが子供の時に見た感動によって、劇場を運営しようとするストーリーです(DVDの収録時間は108分)。

  • 監督:ガース・ジェニングス
  • 脚本:ガース・ジェニングス

映画『SING/シング』に出演している一部の声優を紹介します。

  • バスター・ムーン-コアラ(声:内村光良-ウッチャンナンチャン)
  • ミーナ-像(声:MISIA)
  • アッシュ-ヤマアラシ(声:長澤まさみ)
  • ジョニー-ゴリラ(声:大橋卓弥-スキマスイッチ)
  • グンター-豚(声:斎藤司-トレンディエンジェル)
  • ロジータ-豚(声:坂本真綾)
  • マイク-ネズミ(声:山寺宏一)
  • ミス・クローリー-イグアナ(声:田中真弓)
  • エディ-羊(声:宮野真守)
  • ナナ・ヌードルマン-羊(声:大地真央)

『SING/シング』のストーリー

SING/シングのコアラ

引用:http://sing-movie.jp/news/

コアラのバスター・ムーンは、子供の時に見た劇場の素晴らしさが忘れられなくて、宇宙飛行士になる夢を諦めて、劇場の支配人になります。しかし劇場の台所事情は火の車で、銀行に融資していたお金を返金するように催促される毎日でした。そこでバスター・ムーンは歌によるコンテストを行おうとします。そこで事務員のミス・クローリーが作ったビラが、風に乗って街中に舞っていきました。

バスター・ムーンはビラが皆の元へ届けば良いと呑気に構えましたが、これが後になって、とんでもない騒動に発展するのです。ビラを見た動物たちは、賞金10万ドルという破格の金額に仰天して、大勢の動物たちがコンテストに出場しようとします。バスタームーンは、まずは大勢の動物たちの歌を審査して、その中から優れた動物たちを選出していきます。

動物たちは様々な事情を抱えていましたが、レッスンに励もうとします。そこで賞金が欲しくて仕方ないマイクは、賞金を1度で良いから拝んでみたいという話になって、そこで賞金10万ドルという言葉を聞いて、バスタームーンは仰天します。なぜならバスタームーンは、賞金を10万ドルまであげるつもりはなくて、ミス・クローリーが賞金を間違えてビラを作成してしまったのです。

バスタームーンは皆には黙って、友達のエディに頼んでみて、エディの祖母ナナ・ヌードルマンにお金を融資してもらおうと思ったのです。なぜならナナ・ヌードルは裕福だったからです。所が、ナナ・ヌードルはお金を融資するつもりはありませんでした。そこで、バスタームーンは、とりあえずショーだけは見てもらう約束だけは取り付けました。

そしてショーは行われますが、マイクがイカサマをしてお金を巻き上げられたクマたちに襲撃されてしまいます。その事がキッカケになって、舞台の水槽が崩壊して、町中が水浸しになってしまいました。さらに賞金が実はなかった事まで知らされてしまって、マスコミからバスター・ムーンは叩かれてしまったのです。

劇団のメンバーたちは、バスタームーンにもう1回歌のコンテストを開こうと励まそうとしますが、バスター・ムーンはもう立ち直る気力がなくなってしまいました。所が、今まで引っ込み思案のメンバーだったミーナが一匹で心をときめかせるような美声で歌っているのを見て、バスター・ムーンはもう1回歌のコンテストを開こうと立ち直ったのです。

バスタームーンが歌のコンテストを再開する事を聞いたメンバーたちは、再び結集して歌のコンテストが行われる事になりました。しかしマスコミは、バスター・ムーンが懲りもせずコンテストを行う事をひやかすために実況中継し始めます。この劇場では、彼氏と破局したアッシュや、父親から勘当されたジョニーなども自分たちの苦しい環境を乗り越えて素晴らしい歌を披露していくのです。

マスコミは、その見事なショーに目を見張ります。最初こそは客席にいたのはメンバーの家族ばかりでしたが、次々に客が入っていきます。そしてラストを飾るのが、あのミーナでした。ミーナは、人前では緊張して歌えない性格だったので、なかなか歌う事ができません。そこでバスタームーンが「SING(歌って)」と励ますのです。はたしてミーナは観客たちをうならせる歌声を届ける事ができるのでしょうか?

『SING/シング』の感想

SING/シングに登場する動物たち

引用:http://sing-movie.jp/news/

SING/シングは、動物たちがバカな事をしたり、問題を起こしたりしますが、それでも歌のコンテストを実現しようとします。そこで、この3Dアニメ映画を見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

SING/シングの残念な所

SING/シングに登場するキャラクターは個性が強いので、その辺りは、この映画の大きな特徴になっています。しかし登場する動物は性格が悪い者が多かったり、クセのある動物が多かったりしたので、あまり感情移入できない所がありました。そのため、あまり登場する動物たちを応援するような気になれない所はSING/シングの残念な所ですね。

SING/シングの見所

SING/シングの最大の見所は、可愛らしい動物たちが有名な曲を歌いながら、華麗なダンスを踊る所です。特にMISIAが歌っているとは、驚きました。そのため、アニメ好きの方だけではなく、ダンスシーンが登場する映画が好きな方もSING/シングを見ておく価値はあるでしょう。  

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/