映画『特捜部Q Pからのメッセージ』のストーリーを紹介

デンマークの警察の特捜部Qに、解読する事が難しい紙切れが届く所からストーリーが展開されていきます。特捜部Qは、何か事件性があるのかもしれないので、紙切れを調べていくうちに、凶悪な連続事件と関係する事が分かっていくのです。

『特捜部Q Pからのメッセージ』のキャスト

ビンの中にあった紙切れ

2016年に上映された『特捜部Q Pからのメッセージ』は、デンマーク・ドイツ・スウェーデン・ノルウェーの合作映画です(DVDの収録時間は112分)。 

  • 監督:ハンス・ペテル・モランド
  • 脚本:ニコライ・アーセル

映画『特捜部Q Pからのメッセージ』に出演している一部のキャストを紹介します。

  • カール・マーク(演:ニコライ・リー・コス)
  • アサド(演:ファレス・ファレス)
  • ヨハネス(演:ポール・スヴェーレ・ハーゲン)
  • イーリアス(演:ヤコブ・ウルリク・ローマン)

『特捜部Q Pからのメッセージ』のストーリー

音による調査

特捜部Qの元に訪れた刑事たちは「特捜部向けの事件だぞ。ビンの中に入れられたメッセージ。うってつけだろう?」と言い残して資料を投げ込まれます。その資料とは、ビンの中に入っている紙切れに解読する事が難しいメッセーが、書かれていた物でした。特捜部のアサドやカールたちは紙切れに書かれたメッセージを解読していくうちに、その手紙を書いたものは、誘拐された子供である事が分かってきました。

アサドは、子供が犯人から助けて欲しいと思って、海辺の近くからビンに紙切れを入れて、祈るような気持ちで流したものと決めて捜査を開始します。まずは紙切れに書かれていた子供らしき人物が『P』から始まる名前である事や『エホバの証人』という言葉を手掛かりに聞き込み調査をしていきました。そうしたら『ポール』という人物が浮上して、その子供に捜査協力を求めたら、何と犯人に捕まっていた事があって、目の前で兄にとどめをさす所を見させられたというのです。

ポールは監禁されていた時に、聞いていた音が、どのようなものだったのか?警察の元で、捜査協力していく事になります。その頃、カールたちは捜査を続けていくうちに、その犯人は連続事件を起こしていって、信心深い家族を狙って、子供を誘拐して身代金を要求してきた事が分かりました。しかし子供は助けられなかったのに、親はなぜか警察に捜索届けを出さなかったのです。

捜査を続けていくうちに、ある場所で2人の子供が車に連れ込まれて誘拐されるという情報が入ってきました。カールたちはすぐに現場へ急行して聞き込み調査をする事になります。そこでイリーアスの子供たちが家にいない事を知ったカールたちは、子供たちがどこにいるのか聞き出そうとしますが、イリーアスは子供は身内に預けていると嘘をつきます。しかし、その嘘はすぐにバレてしまい、資産を集めている事を掴みとります。カールはしつこく聞き出したら、イリーアスの妻の必死の説得もあって、ようやく子供たちが誘拐された事を白状するのです。

そこでカールたちが知ったのは、犯人が卑劣な方法で、警察に通報させないような手段を取っていた事でした。警察は、イリーアスがお金を渡す列車に私服警官25人を待機させて、ヘリまで飛ばす事にします。しかし犯人の巧妙な手段で、お金だけは取られてしまう上に、警察まで動いていた事が筒抜けになってしまったのです。

警察はポールの捜査協力によって、犯人がいそうな場所を特定できました。所が、カールは犯人に捕まってしまいます。そこで犯人は、子供の頃に信心深い母親が姉や自分を虐待した事を話し始めて、ハサミを持ち出して母親に手をかけてしまった事を誇らしげに語り出すのです。しかし信心深い母親から虐待された犯人が、なぜ同じような境遇の子供たちを連れ去るのか?カールには理解できませんでした。そこへアサドがカークや子供たちを救出するために急行しようとします。はたして犯人の望みとは何なのか?そしてカールや子供たちを助け出す事ができるのでしょうか?

『特捜部Q Pからのメッセージ』の感想

教会に勤める人々

この映画の原作は、累計1000万部以上もヒットしたミステリー小説『特捜部Q』になります。このシリーズの第3部作になる映画『特捜部Q Pからのメッセージ』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

特捜部Q Pからのメッセージの残念な所

犯人は早い段階から分かってしまうので、犯人が誰なのか?その辺りを楽しみたい方には少し残念な映画になっています。さらに過激なシーンがいくつか登場するので、そういったシーンをあまり見たくない方は注意したほうが良いです。

特捜部Q Pからのメッセージの見所

犯人は早い段階で分かってしまうのですが、犯人がなぜ常軌を逸した犯行を重ねるのか?その辺りが分かっていくのはミステリー映画が好きな方は満足できる所でしょう。さらに、手紙に書かれたメッセージをたどって、捜査が進んでいくので、パズルを埋めていくように謎解きしていくストーリーが好きな方には、おすすめの映画です。