映画『あずみ』シリーズのキャスト・ストーリー・感想を紹介

徳川家の屋敷

あずみは、天海に仕える爺に鍛えられて、戦のない世を作り上げるために刺客となって、戦に身を投じていきます。そして、あずみたちが狙う敵は、浅野長政・加藤清正・真田昌幸で、簡単に倒せない大名ばかりです。そこで、あまりネタをバラさないように、この映画のキャスト・ストーリー・感想を紹介します。

映画『あずみ』

www.akira-blog.comあずみ(演:上戸彩)は、天涯孤独な少女でしたが、爺(演:原田芳雄)に面倒を見てもらう事になって、刺客として鍛えられていきます。所が、刺客として使命を果たす時が来たら、爺は大切な友を斬るように言うのです。友を斬れないようであれば、刺客として務まらないからです。

なち(演:小栗旬)という青年は、あずみに淡い恋心を抱いていましたが、あずみと戦う事になって斬られてしまいます。あずみは、あまりにも厳しい試練に苦悩するようになります。しかし、それは始まりに過ぎず、悪人でもない浅野長政も斬らなくてはならなくて、あずみは本当に使命とは正しい事なのか苦しむようになります。しかし、なちを斬った以上は、あとには戻れないので、次の標的である加藤清正(演:竹中直人)を斬るために戦おうとしますが、天才剣士である最上美女丸(演:オダギリジョー)が、あずみの行く手を阻みます。

映画『あずみ2 Death or Love』

www.akira-blog.com加藤清正を討つ事に成功しますが、加藤清正に仕えていた官兵衛(演:北村一輝)は主君の仇討ちのために、しつこく追撃してきます。あずみは追撃をかわしながら、何と!なちに瓜二つの銀角(演:小栗旬)と巡り会います。2人の間には淡い恋が芽生えようとしますが、その恋を逆手にとって邪魔しようとする者が現れるのです。

その作戦によって、あずみは大事な仲間を失いますが、それでも最後の的である真田昌幸を討とうとします。しかし、真田昌幸には屈強な上野甲賀衆がいたので、あずみは苦戦する事になるのです。はたして、あずみは使命を全うする事ができるのでしょうか?

映画『あずみ』シリーズの感想

赤きバラ

あずみシリーズは、第1部作『あずみ』と第2部作『あずみ2 Death or Love』がありますが、この2つでは大きく内容が異なっています。そこで、私が、あずみシリーズを見た感想を紹介するので参考にしてみて下さい。

あずみシリーズの残念な所

第1部作では、なちが早く命を落としてしまうので、早い段階で小栗旬さんの見せ場がなくなってしまいます。そのため、小栗旬さんほどの俳優さんが出演しているのに、もったいないと思ってしまいました。しかし第2部作では、銀閣が多く出現する事で、小栗旬さんの見せ場が一気に増えます。

しかし、その代わり男女の恋愛に比重が置かれてしまって、戦のシーンが少なくなっている上に非現実的な戦いが繰り広げられたのは残念な所でしたね。

あずみシリーズの見所

あずみシリーズでは合成の部分は出てきますが、美しい女優である上戸彩さんが、あずみ役で素早く動いて、敵を斬っていくシーンは見応えがありましたね。そのため、上戸彩さんが好きな方であれば見ておく価値のある映画です。

しかし私が最も面白いと感じたのは、異様な性格で面妖な人物である最上美女丸の存在感でした。オダギリジョーさんが最上美女丸役で、赤い花を持ち、残酷な表情を浮かべながら、ひゅうがを楽しみながら斬り刻んでいくシーンは大きな見所でしたね。