『風の谷のナウシカ』王蟲が暴走したら世界が滅ぶ?

世界の人々を感動させるアニメ作品を次々に生み出したのが『ジブリ』です。そのジブリの初の映画作品が『風の谷のナウシカ』です。この作品では、巨大産業革命が崩壊してから1000年後の汚染されていく世界が描かれています。そこで、この映画を見た事がない方のために、ネタをバラさないように、声優・ストーリー・感想を紹介します。

『風の谷のナウシカ』の声優

人類のすさんだ世界

1984年3月11日に日本で公開された日本のジブリの映画『風の谷のナウシカ』は、壮大なSFアニメで、その高い人気から世界中で公開される事になりました(DVDの収録時間は116分)。

  • 監督:宮崎駿
  • 脚本:宮崎駿
  • 原作:宮崎駿 

映画『風の谷のナウシカ』に出演している一部の声優を紹介します。

  • ナウシカ(声:島本須美)
  • ラステル(声:冨永みーな)
  • アスベル(声:松田洋治)
  • クシャナ(声:榊原良子)
  • ユパ(声:納谷悟朗)
  • 大ババ(声:京田尚子)
  • クロトワ(声:家弓家正)
  • ジル(声:辻村真人)
  • ミト(声:永井一郎)

『風の谷のナウシカ』のストーリー

産業革命後の世界

人類は『巨神兵』と呼ばれる恐ろしい者によって、巨大産業革命が崩壊する事になってしまいます。世界では腐った海『腐海』が広がっていき、多くの国が滅んでいきました。そのような時でも、風の谷と呼ばれる所は、海から吹いてくる風によって、腐海による毒が届かないので、谷の者たちは幸せな毎日を送っていたのです。

風の谷の姫であるナウシカは、王蟲(オウム)と呼ばれるダンゴムシのような形をした巨大な虫の抜け殻を発見します。そして王蟲の目を取り出した時に、外で異変を感じます。ナウシカは急いでメーヴェを使って空を飛んでいきます。そうしたら虫に襲われていた旅人を発見して、救い出してみたら、それは何と父親の知り合いの『ユパ』でした。

ナウシカとの再会を喜んだユパは、久しぶりに風の谷へ戻る事にします。そこでナウシカの父『ジル』から、この谷で落ち着いてみないかと誘われます。それを近くで聞いていた大ババは、ユパは探し続けるものがあるから無駄じゃよと言うのです。それを聞いたナウシカは、何を探しているのか聞いてみたら、大ババは「その者、青き衣をまといて、金色の野に降りたつべし。失われし大地との絆を結び」と昔から語り継がれていた話を始めるのです。しかし、ユパは、人類が腐海にのまれてしまう宿命なのか見極めたいだけとつぶやきます。

その後に、外で大きな異変が起きた事にナウシカは気づいて、空へ飛び立ったら、トルメキアの大型船が多くの虫に襲撃されてしまって、風の谷に墜落してしまったのです。その中からペジテのラステルが重体に陥りながら、中にある物を全て燃やしてと頼んできたので、ナウシカは「全て燃えたわ」と言ったら、ラステルは安心して息をひきとります。しかし、その中に燃え切っていないものがあって、ユパはそれを巨神兵の生き残りではないかと危惧します。

ユパの不安は的中して、トルメキアの軍が巨神兵を取り戻すために風の谷を攻撃します。ジルはトルメキアによって始末されてしまって、ナウシカは激怒して、トルメキアの兵士たちを次々に倒します。しかし風の谷の者たちが次々に捕虜として連行されたので、ユパは間に入って争いを辞めさせます。ナウシカは怒りを押し殺して、トルメキアに従う事になってしまいました。

そしてトルメキアのクシャナはナウシカたちを引き連れて、ペジテへ行く事にしました。しかしペジテのアスベルが襲撃してきて、トルメキアの船は次々に墜落していきます。ナウシカは戦いを辞めさせようとしたら、アスベルがそれに気を取られてしまって、トルメキアによって墜落します。そこでナウシカは決死の思いで、腐海の中まで飛んでいって、アスベルを助けようとします。そこでアスベルは、ナウシカが自分の妹『ラステル』を助けようとしてくれた事に感謝をして、翌日にペジテの人間たちと会う事になったのです。

所が、ペジテを占領しているトルメキア軍は、王蟲たちによって壊滅させられていたのです。アスベルは、変わり果てたペジテの光景に絶句してしまいますが、多くのペジテの者たちと再会します。しかしペジテの者たちはペジテは再建できるから大丈夫だと言って、今度は風の谷のトルメキア軍を全滅させると豪語してきました。ナウシカはその真意を問いただそうとしたら、アスベルが「虫に襲わせるんだ」と言うのです。ナウシカは「何て酷い事を」とさげすみます。

しかしナウシカは捕まえられてしまって、風の谷の者たちを救えなくなりました。しかしアスベルの母が身代わりの子を引き連れてきて、密かにナウシカを助け出します。所がトルメキアの軍が襲いかかってきたので、アスベルはナウシカだけに外へ跳び立つようにすすめます。しかしナウシカはアスベルの母たちを置いてはいけないと言いますが、アスベルは「頼む行ってくれ!僕たちのために行ってくれ」と言って、無理やりにでもナウシカを外へ跳び立たせます。ナウシカは襲われているペジテの者たちを振り切って跳び立つ頃になりますが、途中でユパやミトと空中で再会して、ペジテの人たちを助けるように懇願します。

そしてナウシカは急いで風の谷に向かいますが、そこには王蟲の子供をオトリにして、王蟲の大群を風の谷におびきよせようとするペジテの者たちを発見します。ナウシカは何とか王蟲の子供を救出しますが、風の谷にいるトルメキア軍が王蟲に砲撃してきたのです。王蟲たちは怒りに燃えて風の谷に殺到していって、トルメキア軍はそのあまりの王蟲の大群に歯が立ちません。そうしたら、何とナウシカが王蟲の子供と一緒になって、王蟲の大群の前に立ちはだかったのです。はたして、ナウシカは王蟲の怒りをしずめる事ができるのでしょうか?

『風の谷のナウシカ』の感想

風の谷の画像

私が、風の谷のナウシカを初めて見たのは、中学生の頃にTVで見た映像でした。それまでは、アニメとは子供が見るものという感覚があったのですが、この映画は壮大な物語で迫力のあるもので圧倒されました。そこで、この映画を観た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

風の谷のナウシカの残念な所

私がジブリで好きな映画の順位は、耳をすませば・魔女の宅急便・風の谷のナウシカ・となりのトトロ・千と千尋の神隠しなので、この映画はかなりお気に入りの映画です。そのため、残念な所はほとんどないのですが、それでも強いて言えば、終わりの所でトルメキアと風の谷の関係を観たかったなという所でしたね。まさ、そこまで観たら終わり方が難しくなるので仕方がない所です。

風の谷のナウシカの見所

この映画の見所は大きく分けて2つあって、それは壮大な物語を感じさせる音楽と、迫力のある映像です。静かに流れるような音楽は、荒廃してしまった世界をよく表していますし、重低音のあるテンポの速い音楽は危機感が伝わってきて、好きな所ですね。私が特に好きなのは、アスベルがナウシカをペジテの船から無理やりでも出した所ですね。

あのシーンはナウシカがペジテの者たちを振り切って、跳び立たなくてはいけない悲壮感と激しい音楽が上手く融合して、臨場感が伝わってきて最高のシーンです。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/