『ジーサンズ はじめての強盗』のキャスト・ストーリー・感想

映画『ジーサンズ はじめての強盗』は、納得できない理由で年金を払ってもらえなくなったジーサンたち3人が銀行から金を奪おうと計画するコメディー映画です。悪い事をしようとしているのに、何か憎めない3人組が、強盗するために綿密に準備をしていきます。そこで、この映画を見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・感想を紹介します。

『ジーサンズ はじめての強盗』のキャスト

ジーサンのキャストの画像

引用:https://warnerbros.co.jp/movie/g3z/intro.html

2017年4月17日にアメリカ合衆国で上映された『ジーサンズ はじめての強盗』は、アメリカ合衆国のコメディー映画です(DVDの収録時間は96分)。

  • 監督:ザック・ブラフ
  • 脚本:セオドア・メルフィ

映画『ジーサンズ はじめての強盗』に出演している一部のキャストを紹介します。

  • ジョー・ハーディング(演:マイケル・ケイン)
  • ウィリー・デイビス(演:モーガン・フリーマン)
  • アルバート・ガーナー(演:アラン・アーキン)
  • ブルックリン・ハーディング(演:ジョーイ・キング)
  • アーレン・ヘイマー(演:マット・ディロン)
  • キース・ショーンフェルド店長(演:キーナン・トンプソン)
  • アニー・サントーリ(演:アン=マーグレット)
  • マーフィー(演:ピーター・セラフィノウィッツ)

『ジーサンズ はじめての強盗』のストーリー

ジョーとウィリーがカートで逃走

引用:https://warnerbros.co.jp/movie/g3z/story.html

年老いたジョーは、自宅を差し押さえる通知書が来たので、WSB銀行へ足を運びます。ジョーは金利が跳ね上がって、ローンは払えなくなったと抗議しますが、銀行側は最初の時期だけ金利が優遇されていただけと言い張ります。その事については、契約をする際に説明済みと言いますが、ジョーには納得できません。

その時です!WSB銀行にマスクをかぶって、銀行強盗が突入してきたのです。ジョーは差し押さえの通知書や財布を渡そうとするが「貰えないよ、あんたからはな。お年寄りを敬うのは社会の義務だからな」と言います。そして強盗たちは、お金を取ったら「90秒まで警察には通報するな!」と言って、手際よく去っていきました。

ジョーは、今まで働いていた工場で、上層部の人間から「工場はベトナムに移転となります。国内の事業はあと30日で終了です。そして年金基金は消滅します」と衝撃的な事を説明しました。それにジョーは今まで30年も働いていたのにと憤ります。ジョーは、店の中で、ウィリーやアルバートたちと寂しい老後について話し合います。そしてパイぐらいは食べても良いだろうと言って、食事して気分を間際すしかなかったのです。

それから、ジョーとアルバートは、友達のウィリーに誕生日プレゼントを渡します。それはウィリーの孫娘の顔が描かれている腕時計でした。そしてジョーは「一緒に銀行を襲わないか」と誘います。それに驚く二人ですが、ジョーは家を差し押さえられる事と、銀行強盗の姿を見た事で、恨みのある銀行からお金を奪いたくなっていたのです。ウィリーは、もっと孫に会いたかったしパイを多く食べたいと思って、銀行を襲う案に賛成します。そこで二人は奪うのは年金の分だけにしようと話し合います。しかしアルバートは、強盗に参加しようとしません。

ジョーとウィリーは、スーパーで銀行強盗する予行演習しようとします。そこで、アルバートには車の中で待つように言います。そして二人は店の中へ入っていきますが、車の中は暑くて嫌だから、アルバートもスーパーへ入っていきます。そこで店員のアニーがお供しておすすめの食材を説明していくのです。その間に二人は万引きしていって、駐車場に戻りますがアルバートがいなかったので、カートで逃げようとします。それを見た女性店員がしつこく追いかけてきます。そこでウィリーは食材の粉を女性店員の顔にかけて大笑いしながらカートで逃げていくのです。しかし信号が赤になってしまい、捕まってしまうのです。

スーパーのキース店長は「あんたらは年寄りだ。俺も4〜50年でそうなる。だから、大目に見るよ。盗みはよせよ、どうしても盗むなら、他の店で盗めよ」と無茶苦茶な説教をして、3人を釈放します。ジョーは俺たちだけではお金を取る事は無理だと思って、義理の息子のマーフィーに悪い奴を紹介してもらおうとします。

その頃、アルバートだけ同じスーパーへ行って、監視カメラの前で、何も盗んでいないよというポーズを取って、その映像を見たキース店長は「あいつ、ふざけやがって。電気ショックかませたいね」と不敵な笑みを浮かべます。そしてアニーは、再びアルバートに声をかけて積極的にアピールしてきて、食事を誘ってきます。

そしてジョーは再び、ウィリーやアルバートと店内で再会した所で新聞の記事に目を通します。そこで、WSB銀行がジョーたちの年金を横取りして、ジョーたちが働いていた会社の負債を清算しようとしたので、3人は一緒になって銀行を襲う事を決意します。3人はマーフィーから紹介してもらえたワルから、強盗するための特訓をしていく事になります。3人はチャリティーイベントに参加してアリバイを作って、密かに抜け出して、いよいよ強盗する事にします。はたして3人のジーサンたちは、年金を横取りしようとした銀行からお金を奪う事ができるのでしょうか?

『ジーサンズ はじめての強盗』の感想

ジーサンたちが相談

引用:https://warnerbros.co.jp/movie/g3z/story.html

少子高齢化が進んでいる日本に住んでいる私たち日本人にとって、身近な問題が突き立ててくる映画のようです。しかし、そんな映画でも笑いとスリルのあるストーリーになっています。そこで、この映画を見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ジーサンズ はじめての強盗の残念な所

ジーサンたちが主役だったとは言え、若くて美しい女性があまり出てこなかったのは、男性目線で言えば、少し物足りなかったかなという感じがしました。ジーサンたちがTVを見て談笑するシーンだけ、少し出てきましたが、もう少し男性にサービスする精神が欲しかったですね。

ジーサンズ はじめての強盗の見所

ジョーやウィリーの万引き被害にあったキース店長の嫌味があり笑えるようなコメントが、この映画で最も面白い所でしたね。コメディー映画の中でしか許されないような「盗むなら、他の店で盗め」という言葉には、よくそんな事が言えるなぁと思ってしまいました。そして、体力がないジーサンたちの強盗という奇抜なストーリーも、この映画の大きな見所でした。