映画『追憶』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

再開を暗示するような画像

『追憶』では、刑事『四方篤』が、少年時代に親友だった『川端悟』と25年ぶりに再会した後に、その親友が誰かの手によって命を落とす事になります。しかも、親友に手をかけた人物は、もう一人の親友だった疑いがありました。この三人は共に忘れたい暗い過去があったのです。そこで、この映画をまただ見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・感想を紹介します。

『追憶』のキャスト

警察を示す画像

2017年5月6日に日本で上映された『追憶』は、日本のミステリー映画です(DVDの収録時間は99分)。

  • 監督:降旗康男
  • 脚本:青島武・瀧本智行

映画『追憶』に出演している豪華なキャストを紹介します。

  • 四方篤/富山県警の刑事(演:岡田准一)
  • 田所啓太/土建業の社長で事件の容疑者(演:小栗旬)
  • 川端悟/ガラス会社の社長で事件の被害者(演:長柄本佑)
  • 四方美那子/四方篤の妻(演:長澤まさみ)
  • 田所真理/田所啓太の妻(演:木村文乃)
  • 川端小夜子/川端智の妻(演:西田尚美)
  • 仁科涼子/篤たちの育ての親(演:安藤サクラ)
  • 山形光男/仁科涼子のお店の常連客(演:吉岡秀隆)

『追憶』のストーリー

親子の縁を切られた息子

四方篤は、身勝手な母親によって、雨が降るなかで捨てられてしまいました。それを見ていた仁科涼子は血が繋がっていなかったのに、仕方篤を我が子のように育ててくれます。そこには、同じ境遇の男の子の田所啓太や川端悟もいました。仁科涼子はお店を経営していましたが、その常連客である山形光男は、仁科涼子に片思いをしていましたが、3人はそのような大人の事情があっても幸せに暮らしていました。

所が、仁科涼子が昔、付き合っていたチンピラがやってきて状況は一変します。チンピラは篤たちがクリスマスケーキを祝っていたのを見て、ケーキを蹴飛ばして「いつになったらガキたちを施設にいれるんだ」と怒鳴ってしまうような男だったのです。さらに仁科涼子には、体で稼ぐ事を強要させようとする男で、篤たちはもはや我慢できなくなって、バットや握りしめてチンピラを不意打ちで襲いかかったのです。しかしチンピラはすぐに反撃しようとしたので、勇気をふりしぼって、ある物を握りしめて、腹部にめがけて突きさしたのです。

仁科涼子は大きな物音に気付いて、二階から降りていって、すぐに辞めさせようとしましたが、全てが終わっている後でした。仁科涼子は子供達に「今起きた事は忘れないさい。あとは自分が何とかするから。これから赤の他人よ」と言って、子供達は仁科涼子と別れる事になってしまいました。

篤は、それから大人に成長して刑事になっていました。そんなある日に、ラーメン屋で一緒に育てられていた川端悟と再会します。川端悟は、自分が経営しているガラス会社の経営が苦しくて、一緒に育てられていた親友の田所啓太にお金を借りに行く所と告白します。四方篤はやりきれない顔をしてしまいますが、二人はその後に別れます。所が、ある人物が襲われてしまって亡くなったという通報を受けて、仕方篤は現場へ急行します。そこで見たのは、変わり果てた川端悟でした。

仕方篤は、他の刑事と一緒に聞き込み調査をして、川端悟の奥さんや娘から聞き取り調査をします。しかし分かった事は、富山の友人へ会いに行く事ぐらいで、その友達の名前は聞けなかったのですが、四方篤は田所啓太の名前を上司に報告しようとしませんでした。事件が長期化する中で、ガラス会社の従業員が、責任者が奥さんしかいなくなった事もあって、奥さんの帰りを聞きにきました。ガラス会社の従業員は「社長は人から恨まれるような人ではなかった」と言うので、四方篤は、ますます田所啓太が怪しいと睨んだのです。

四方篤は、久しぶりに田所啓太と再会して、事件の事を聞き出そうとしますが、全く本当の事を話そうとしません。そんな時に四方篤の母親が早まった事に、薬を大量に飲んでしまって、妻に母親を診てくれるように頼みます。そんな事をしている間に、他の刑事たちの聞き込み調査によって、四方篤と田所啓太がラーメン屋で一緒になっていた事が分かってしまいます。それでも四方篤は、田所啓太が過去の事で金を無心されていたのではないかと疑いを深めて、激しく問い詰めようとします。はたして、田所啓太はお金を無心された事によって、親友に手をかけてしまったのでしょうか?

『追憶』の感想

暗いストーリーに悩まされる女性

映画『追憶』では、他の映画やドラマで数多くの主演を務めた方が多く出演していました。そのような豪華なキャストが参加していたミステリー映画はどのようなものか?私が見た感想を紹介します。

追憶の残念な所

追憶は全体的に見たら凄く暗いストーリーになっていて、もう少し明るい所が多くても良かったのではないかなと思ってしまって、そこが残念な所でしたね。もちろん、そのような悲しい過去に苦しむから、ストーリーが盛り上がる事は分かるのですが、見ていて凄く辛い気分にさせられるミステリー映画になっています。

追憶の見所

豪華なキャスト陣に目がいきがちですが、ストーリーの後半から思わぬ方向へ急展開されていくので「え、そんな結末?」と思わされてしまいました。さすがにそれは予想できなかったなと思ってしまったので、予想外のストーリー展開が、追憶の大きな見所ですね。

そして激しく怒りを見せる岡田准一さんと、そっけなく親友を突き放そうとする小栗旬さんの演技力によって、思わず感情移入してしまう映画ですね。