映画『モアナと伝説の海』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

命の女神『テ・フィティ』のお陰で、世界は誕生できましたが、風と海の神『マウイ』がテ・フィティの心を盗んだ事によって、世界は闇に包まれていきました。その影響はモアナの住む島にも現れてきたので、モアナは世界を救うためにテ・フィティに心を返そうとするのです。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所を紹介します。

『モアナと伝説の海』のキャスト

モアナの大いなる決意

引用:http://www.disney.co.jp/movie/moana/about.html

アメリカ合衆国のディズニー映画『モアナと伝説の海』は、2016年11月23日にアメリカ合衆国で上映されました(日本は2017年3月10日に上映)。この映画は、海に生きる少女が神々と巡り会う壮大なストーリが展開されていきます(DVDの収録時間は107分)。

  • 監督:ロン・クレメンツ・ジョン・マスカー
  • 脚本:ジャレド・ブッシュ

映画『モアナと伝説の海』に出演している声優を紹介します。 

  • モアナ・ワイアリキ/海に選ばれし少女(声:屋比久知奈)
  • マウイ/風と海の神(声:尾上松也)
  • トゥイ・ワイアリキ/モアナの父親(声:安崎求)
  • シーナ・ワイアリキ/モアナの母親(声:中村千絵)
  • タラ/モアナの祖母(声:夏木マリ)
  • タマトア/釣り針を持つ魔物(声:ROLLY)
  • ヘイヘイ/モアナになつく鶏(声:多田野曜平)

『モアナと伝説の海』のストーリー

モアナのペットであるプア

引用:http://www.disney.co.jp/movie/moana/character/pua.html

ある島の村長の娘として生まれたモアナは、好奇心旺盛な少女でした。そんなモアナが、祖母から昔話を聞かされていました。その昔話では、命の女神テ・フィティによって、この世界が誕生したというのです。所が、 風と海の女神マウイは、テ・フィティの心を盗んでしまって、世界は闇に覆われていったのです。その昔話を聞いて驚いてしまうモアナですが、父親は、これでモアナは遠くの海まで出かけようとは思わないだろうと安心します。所が、そんな昔話を聞かされても、モアナは遠くの海へ出てみたいと思ってしまって、海岸へ歩み寄ります。そんな時に波が自然に下がっていきました。

それは引き潮とは全く違うほど不自然な下がり方だったのです。そこに現れたのが、何とテ・フィティの心でした。しかしモアナの父親がやってきて、すぐにモアナを自宅に戻そうとして、テ・フィティの心を落としてしまいます。

モアナは大人の女性として成長していく中で、島に大きな異変が起きている事に気付きます。ココナッツの中身が空っぽになってしまう上に、魚も獲れなくなってしまったのです。これにモアナはサンゴ礁の外まで出て行けば、魚を獲れるかもしれないと言いますが、父親は「お前がサンゴ礁の外に出たいだけだろう」と叱りとばします。

そんな父親に対して、すっかりスネてしまったモアナに、祖母が声をかけます。そして、モアナが子供の時に海に選ばれていた所を見ていた事を告白して、祖母がモアナが落としてしまったテ・フィティの心を渡すのです。しかし、祖母は危篤状態に陥ってしまって、モアナにサンゴ礁より外に出て、マウイを見つけ出して・テ・フィティに心を返すように諭します。

モアナは祖母を放ってはおけないと言いますが、祖母は行くんだと力強く言います。モアナは独りで船をこぎだしますが、その船には何とモアナのペットであるヘイヘイがついてきたのです。豚のペットであるプアは海を怖がっていたので、島に置いていく事になりましが、こうしてモアナはマウイを探す旅に出かける事になりました。

モアナは必死の思いでマウイを見つけ出します。しかしマウイは自信過剰な男で、モアナの事を自分のファンだと思って、話が合いません。しかし何度も話しかける事によって、どうやらテ・フィティの心を返すつもりなんだと分かりますが、その頼みを拒絶します。なぜならテ・フィティに心を取り戻そうとしても、溶岩の魔物であるテ・カァが行方てを遮ってしまうからです。 そこで、まずはマウイが自由に変身する事ができる釣り針を手にいれるために、タマトアの所に向かいます。

タマトアは強力なヤシガニの魔物だったので、モアナがタマトアの注意を引きつけている間に釣り針を奪って、二人は何とか逃げ切ったのです。二人はいよいよ、テ・カァを振り切りながらテ・フィティに心を取り戻そうとします。マウイはテ・フィティの心を「うずに所にはめろ」と叫びます。しかし、そこにはテ・フィティが見当たりません。モアナは、テ・フィティはどこにいるのだろうかと周りを見渡す時に、うずは意外な所にありました。はたして、モアナたちはテ・フィティの心を戻して、世界の闇を消滅させる事ができるのでしょうか?

『モアナと伝説の海』の感想

モアナとマウイ

引用:http://www.disney.co.jp/movie/moana/about.html

モアナと伝説の海では、偉大な神や凶悪な神が現れていく中で、モアナが必死にテ・フィティに心を戻そうと奮闘するストーリーになっていました。そこで 、私が、この映画を見た感想を紹介するので参考にしてみて下さい。

モアナと伝説の海の残念な所

この映画ではディズニー映画らしく、キャラクターたちが歌って踊っていくシーンが登場します。 そのため、明るくて希望のあるアニメになっていて、親子で楽しく見る事ができる映画になっているのです。ただし、私が少し残念かなと思ったのは、もう少しモアナは可愛らしい顔立ちにしても良かったのではないかな?と思ってしまいました。マウイは猛々しい神として、チリチリの髪になっているのは納得できますが、モアナの顔をもう少し島のプリンセスのような顔立ちにして欲しかったですね。

モアナと伝説の海の見所

ディズニー映画では、最近になって多くのCGを採用するようになりました。そして、モアナと伝説の海でも、CGが使われていたのですが、美しい海をCGとして再現している所は凄かったですね。CGで海や水を再現するのは難しい事もあって、あの美しさは見事でした。そしてモアナのペットであるプアの可愛らしさや、明るく歌うシーンなども、この映画の大きな見所ですね。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/