映画『コロニア』のキャスト・ストーリー・感想を紹介

コロニアでは、正義感に燃えるダニエルが、チリの軍のクーデターを写真に撮ろうとします。しかし、その行為が自分や恋人を地獄に突き落とす事になるのです。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、あまりネタをバラさないように、キャスト・ストーリー・見所を紹介します。

『コロニア』のキャスト

カルト教団の怪しさ

ドイツ・ルクセンブルク・フランスの合作によるサスペンス映画『コロニア』は、2016年2月18日にドイツで上映されました(日本は2016年9月17日に上映)。この映画のストーリーは、二人の愛がカルト教団と対峙していく内容になっています(DVDの収録時間は110分)。 

  • 監督:フローリアン・ガレンベルガー
  • 脚本:トルステン・ヴェンツェル・フローリアン・ガレンベルガー

映画『コロニア』に出演しているキャストを紹介します。

  • レナ/愛に為に命をかけるスチュワーデス(演:エマ・ワトソン)
  • ダニエル/レナの恋人(演:ダニエル・ブリュール)
  • パウル・シェーファー/カルト教団の教皇(演:ミカエル・ニクヴィスト)
  • ウルセル/レナが監視する対象者(演:ヴィッキー・クリープス)
  • ドロ/男の集会に連行される女性(演:ジャンヌ・ヴェルナー)

『コロニア』のストーリー

秘密の隠し通路

1973年のチリは、混乱期にありました。その時にチリの真実をカメラで撮ろうとしているのが、ダニエルでした。ダニエルは当時のチリの大統領のポスターを作成していて、大統領の支持を労働者たちに呼びかけていました。スチュワーデスのレナは、そんなダニエルに恋をしていました。

ダニエルはレナと再会して、彼の部屋へ一緒に行く事にします。そこでレナは浮気をしていないか調べようとしますが、疑わしい事がなくて「家宅捜索は終了。でも身体検査はまだよ」とダニエルを誘惑して、愛を育みます。そこへダニエルの家に電話が鳴って、出て見たら、何とチリの軍がクーデターを起こしたという知らせだったのです。

軍は大統領一派を次々に逮捕していったので、二人は急いで逃げようとします。街中では多くの者たちが逮捕されて、堂々と暴力によって鎮圧されていったのです。ダニエルは軍の横暴をカメラで撮ろうとして、レナは危険だと思って「辞めて」と何度も止めようとしますが、ダニエルは撮ろうとするのです。

チリの軍はダニエルが怪しいと思って、赤十字が描かれた白いバンの車で、連行していきました。レナは、その行方を調べていくうちに『コロニア・ディグニダ』という場所へ連行された事が分かりました。

しかし、ダニエルが連行された場所はカルト教団が信者たちを弾圧するという恐ろしい場所だったのです。それでもレナは愛するダニエルを救うために入所する事を希望して潜り込んだのです。その間にダニエルは仲間の名前を言うように強制されて、拷問を受けていました。しかし口を割らないダニエルは教皇と呼ばれるパウルに連れて行かれます。

レナは、施設の中で信仰を持ったドロという女性が、ディーダと結婚できる事を教えてもらいます。所が、ディーダは教皇の元へ連れていかれて、男の集会の生贄にされてしまうのです。レナは、カルト教団へ来た事を辛く感じていましたが、ようやくダニエルと再会する事ができます。

そして隠し地下通路を発見する事ができたので、二人で逃げようとしますが、レナは新たに知り合ったウルセルという女性も一緒に脱獄に誘って、3人で脱獄する事になります。ダニエルたちは地下通路へ足を踏み入れて行きますが、はたして逃げ延びる事ができるのでしょうか?

『コロニア』の感想

チリの国旗

コロニアのストーリーは、チリで行われたクーデーターを参考にして作られたものです。そのような実話を基にして作られた映画はどのようなものか?私がコロニアを見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

コロニアの残念な所

チリのクーデターを基にして作られたサスペンス映画なのに、少し迫力の欠けた映画になっていました。もう少し戦車とか、大規模な軍隊が登場してくれば、迫力があっただけに、そこは残念でしたね。

コロニアの見所

コロニアでは、エマ・ワトソンが体当たりの演技をしていて、セクシーなシーンを見れたり、ビンタをされたりするシーンがあります。私はエマ・ワトソンが好きなだけに、その体当たりの演技を観れるだけでも、見応えがありました。

そして当時のチリで、どれほど凄まじい事が行われていたのか?そしてカルト教団の凶暴さや残酷さがリアルに描かれているのも、この映画の大きな見所です。この映画を見たら、カルト教団にはまる事の愚かしさがよく分かるはずです。