映画『ちはやふる-上の句-』のキャスト・ストーリー・感想

千早は、瑞沢高校へ入学して念願のカルタ部を立ち上げようとします。何とか苦労した末に5名の部員が集まった所で、東京都大会優勝を目指しますが、そこには強敵が立ちはだかります。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、あまりネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所を紹介します。

『ちはやふる-上の句-』のキャスト

ちはやふる-上の句-のキャスト画像

引用:http://www.chihayafuru-movie.com/2016/news/first.html

2016年3月19日に日本で上映された『ちはやふる-上の句-』は、日本で高い人気を集めた少女漫画を実写化した映画になります(DVDの収録時間は111分)。

  • 監督:小泉徳宏
  • 脚本:小泉徳宏
  • 原作:末次由紀

映画『ちはやふる-上の句-』に出演している一部のキャストを紹介します。

  • 綾瀬千早/カルタ一筋の女子高生(演:広瀬すず)
  • 綾瀬千歳/千早の姉(演:広瀬アリス)
  • 真島太一/千早に恋する幼馴染(演:野村周平)
  • 大江奏/歌に恋する女子高生(演:上白石萌音)
  • 綿谷新/千早や太一の幼馴染(演:真剣佑)
  • 西田優征/肉まんで覚えられる男性生徒(演:矢本悠馬)
  • 駒野勉/ガリ勉で机くんというニックネーム(演:森永悠希)
  • 宮内妙子/カルタ部の顧問(演:松田美由紀)
  • 原田秀雄/千早や太一の元師匠(演:國村隼)
  • 須藤暁人/北央高校のエース(演:清水尋也)

『ちはやふる-上の句-』のストーリー

千早と太一の画像

引用:http://www.chihayafuru-movie.com/2016/story/index.html

瑞沢高校では、どこかの部活には絶対に入らなければいけないという校則がありました。そのような校則もあって、太一はクラスメートから「高校もサッカーをするのか」と聞かれている中で、校内の男子生徒の間でカルタ部へ入部しようとする生徒がいて、太一は「カルタ部、嘘でしょ?」と唖然とします。その理由を聞いたら、少年誌にまで掲載されているモデル綾瀬千歳の妹である千早が、カルタ部を作るという事で、男子生徒が入部に殺到している事を教えられます。

モデルの妹だけあって、千早も美少女だったので、男子生徒は目を輝かせてカルタ部に入部しましたが、千早は高速でカルタを取ろうとするので、多くのカルタは男子生徒に命中しそうになります。これには男性とは恐ろしくなって、カルタ部から逃げていくのです。太一は、そんな幼馴染の千早に呆れて「まだカルタやってんの」と言います。千早は太一も子供の時と同じようにカルタをしてくれるものと思っていましたが、太一はサッカーをすると言って、千早の事を「カルタ馬鹿」と言ってきたので、千早も「サッカーカバ」と言い返してしまいます。

しかし、カルタ部の部員が集まらない中で、千早が一人で頑張ってカルタ部を作ろうとするので、太一は考えを改めて畳を運んできて、カルタ部に入部する事を決めたのです。所が、宮内先生にカルタ部を作る事を言っても、却下されます。なぜなら、この高校にはカルタ部を作るためには、部員を5名まで揃える必要があったからです。所が、宮内先生は「あと二人集めてきて下さい。まだ、どこにも入部していない人は一人しかいませんけど」と言ってきたのです。その言葉に驚いた二人の後ろには、西田がカルタ部に入部しようとしていたのです。

西田は、実は二人とは知り合いだったのですが、二人は西田のことをすっかり忘れていたのです。必死に思い出させようとする西田でしたが、肉まんというニックネームでしか思い出してもらえませんでした。その後に西田と太一は話し合って、ガリ勉で頭が良い駒野をカルタ部に誘う事にしました。その頃、千早はカルタ部を紹介するポスターをまじまじと見ていた奏をカルタ部に誘います。

何とか部員が集まって、カルタ部を認めてもらえますが、宮内先生はあまり乗り気ではなくテニス部を優先にするという条件で、カルタ部の顧問になりました。所が、宮内先生はカルタ部の部長を千早ではなく、太一を指名したのです。そんな事がありましたが、千早は新の自宅に電話をかけて、カルタ部を作った事を知らせたのです。所が隣にいた太一は複雑そうな顔をしてしまいます。新は電話でカルタ部ができて、太一が一緒にいる事を知って「凄いなぁ」と感心します。

カルタ部は練習を続けますが、机くんは塾を優先しようとするので、他の部員たちは「他を探すしかないんじゃないか」と言います。所が、千早は「私たちには机君しかいない。合宿に来て、絶対に来て」と声をかけますが、机くんはそのまま帰っていきます。所が、合宿が始まったら、意外にも机くんは 来たのです。それに驚いた太一は「来ないかと思った」と言ったら、机くんは部員の振りをするだけと言いながら「初めて言われたから、僕だけしかいないって言われたのは」と打ち明けて、思わず太一は微笑んでしまいます。

合宿では千早の師匠である原田先生がカルタを指導していく中で、秦が、部屋の写真に千早や太一と一緒に写っているメガネをかけた新に注目します。そこで千早は、太一がメガネをかけていない新にも勝てなかったんだよと教えます。その時はメガネがなくなってしまったのですが、その事について西田が「真島(太一)が隠したんじぇねぇの?」と言いますが、千早は「そんな事しないよ」とかばいますが、太一は暗い表情になって「あぁ」と返事をするのみでした。

合宿では太一は手の動きが悪くないのに、運が悪くて勝てない事に思い悩むようになりました。そして東京都大会の前日の夜に、太一は原田先生がいる神社を眺めていました。そこへ原田先生がやってきたので、太一は「青春全部かけたって、あいつ(新)には勝てないって」と言います。そして太一は瑞沢高校に入学した事や、カルタ部に入った事は全て千早のすぐそばにいたかっただけと打ち明けます。太一はさらに盗んだり隠したりした事も言って、俺みたいな奴にカルタの神様は振り向いてくれないと嘆くのです。

原田先生は、そんな太一を慰めながら「神様だの運だの語って良いのは、やれる事を全部やった人間の特権なんじゃないかな?青春すべてかけてやったって勝てない?かけてから言いなさい」と諭されます。そして東京大会が始まりますが、机くんだけが勝てなくて、西田は勝てない机くんを相手のエース級にぶつける作戦を提案します。

その作戦は見事に成功しますが、机くんは帰ろうとして「誰でも良かったんだろう。調子のいい事ばかり言って」と怒って、しまいには「僕には才能がない」と落ち込みますす。しかし、太一も「俺だって才能がないよ。でも苦しいけどやってんだ。それでもいつか超えられる気がするから」と言うのです。

千早たちは、遂に東京都大会の決勝戦で北央高校と当たります。しかし、勉くんは全く腕を動かそうとしません。しかし千早がはじいたカルタが顔に当たった時に、今までカルタ部で頑張ってきた事を思い出すのです。そして部員たちに暖かく肩を叩かれて、机くんは思わず泣いてしまいます。その姿を見ていた顧問の宮内先生も考え方を変えて、思わず微笑んでしまうのです。

防戦一方だった瑞沢高校は一気に逆襲して、カルタを次々に取っていきます。しかし最後に残ったのは運が悪かった太一でした。はたしてカルタの神様は、太一に振り向いてくれるのでしょうか?

『ちはやふる-上の句-』の感想

百人一首の画像

カルタを題材にした映画は珍しかったのですが、DVDのケースに写っていた広瀬すずさんを見て、これは面白そうだと思って見てみました。そこで、私が『ちはやはる-上の句-』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ちはやふる-上の句-の残念な所

この映画では、千早の迫力に逃げていく男子生徒や、千早に喰ってかかる北央高校のエースがいましたが、さすがに広瀬すずさんのような可愛らしい女子高生にそんな態度は取らないだろうと思ってしまいました。まぁ、そこは映画だから……と言ってしまえば、それで終わりなんですが、そこは少し残念な所と言うよりは、少し違和感を覚える所でしたね。

ちはやふる-上の句-の見所

私は基本的に感動モノの映画はあまり好きではありません。しかし、そんな性根の曲がった自分でも、この映画の感動的なストーリーは見ていて、心が少し和みましたね。カルタの才能がない机くんや、下心があってカルタ部に入部してしまう太一などを見ていると、完璧な人間なんていないんだよなぁと納得してしまいます。

そんな完璧ではない人間たちが努力をするから、ありがちな感動的なストーリーでも、心を動かされてしまいますね。そして広瀬すずさんや野村周平たちの綺麗な目で、カルタをキッと睨むアングルを映し出す演出も大きな見所です。