映画『LEGO ジュラシック・ワールド:インドミナス大脱走!』を紹介

LEGO ジュラシック・ワールド:インドミナス大脱走!は、レゴによって、恐竜を飼育する物語を描いたCGアニメです。このCGアニメでは、人間の油断によって、インドミナスという凶暴な恐竜が脱走してしまいます。そのため、多くの恐竜や人員を動員して、インドミナスを捕獲する事になりました。そこで、このCGアニメを見た事がない方のために、キャスト・ストーリー・感想などを紹介します(ネタバレなし)

『インドミナス大脱走』のキャスト

空飛ぶ恐竜

2016年にアメリカ合衆国で製作された『LEGO ジュラシック・ワールド/インドミナス大脱走!』は、コミカルなCGアニメになります(DVDの収録時間は24分)。

  • 監督:マイケル・D・ブラック

CGアニメ『LEGO ジュラシック・ワールド/インドミナス大脱走!』に出演している声優を紹介します。

  • A・J・ロカシオ
  • B・D・ウォン
  • センディル・ラママーシー
  • デヴィッド・ガニング
  • ザカリー・リーヴァイ
  • ジェイク・ジョンソン
  • ブライス・ダラス・ハワード

『インドミナス大脱走』のストーリー

レゴの車両

ボスがヘリコプターを操縦している時に、隣に座っていた女性のクレアは「空が苦手」と言い始めたのに、何を思ったのかボスは無茶な運転をして、クレアは気持ち悪くなってしまいました。そんな大変な思いをしましたが、クレアは地上に降ろしてもらって、ボスは再びヘリコプターを動かそうとします。

所が、ボスは自分の腕前を過信してしまい、恐竜を飼育していた建物の屋根にヘリコプターが接触してしまって、恐竜が何羽も逃げてしまったのです。ボスは怪我をしてしまい、クレアに後の事を任せて病院へ運ばれます。

クレアはパークの屋根が吹っ飛んでしまったので、今までよりも巨大で凶暴な恐竜を作ろうとする事を提案します。しかし、オーウェンは「ロゴのようにはいかないんだぞ」と反対します。しかし科学者は「遺伝子工学の進歩によって可能」と主張するのです。

科学者はDNAを操作して、様々な恐竜のDNAを利用してハイブリット恐竜を誕生させる事に成功していました。そして白くて巨大な恐竜『インドミナス』に好物のホットドックを与えて飼育する事になったのです。しかしオーウェンは偏った栄養管理に反対しますが、クレアは耳を傾けません。

所が成長しすぎたインドミナスは飼育されていた場所から脱走してしまい、多くの職員たちが総出で確保しようとします。しかし知的水準も高いインドミナスは他の恐竜ラプトルに話しかけて、飼育されていたはずのラプトルがインドミナスに寝返ってしまったのです。しかし職員たちの一斉攻撃の前に、インドミナスは逃げていったのです。

オーウェンは人間が怖くなったと思っていましたが、何とインドミナスが向かう方向は、最悪の事態を招きかねないものが待っていたのです。クレアたちはその事に気づいてインドミナスを捕まえようとしますが、はたしてインドミナスを無事に確保する事はできるのでしょうか?

『インドミナス大脱走』の感想

恐ろしい恐竜

ロゴによって出来た恐竜や人間たちが登場するのが、LEGO ジュラシック・ワールド:インドミナス大脱走!です。そのようなCGアニメはどのようなものか?私が、このCGアニメを見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

インドミナス大脱走の感想

恐竜を飼育する職員たちの苦闘を描いたストーリーになっていて、面白みはありますが、DVDの時間がわずか24分になっています。そのため、あっという間にアニメが終わってしまうので、少し物足りなく感じたのが残念な所ですね。

インドミナス大脱走の見所

DVDの時間は少なくなっていますが、全てがロゴによって出来ているので、ロゴのオモチャで遊んでいた方は、見てみる価値があります。そんなロゴによって出来ているCGアニメですが、恐竜を飼育してお金を稼ごうとする人間の愚かしさが少しかいまみえるので、そのあたりを少し考えさせる所も、このCGアニメの大きな見所です。